--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッバイブラジル~!

2011年07月19日 00:30

                                  7/18, 10:54 ボアビスタ、ブラジル

気づけば旅も3ヶ月を過ぎた。

長距離バスにお菓子を買って乗りこむ。
好きな音楽を聴いて流れ行く景色をぼーっとみる。本当に最高だな~。
(昨日たまたま井上陽水の"just fit"って曲がかかった!めっちゃおもろので一度聞いてみてください。
何言っとるかさっぱりわからんw)

さて現在、マナウスからバスに揺られる事15時間。(Eucatur社、110レアル)
ブラジル最北部の街、ボアビスタに到着。ベネズエラ国境の街パコライマへの
バスが12:00発なので(所要4時間、12レアル。そっからサンタエレナまではタクシーで5レアル、
10分)、ちょっと時間つぶしにネットできやんかな~~とおもって入ってみたバスターミナル向かいにあるホテル!WIFIが飛んでる。でも、客以外は1時間3レアル。

しかしブラジル北部は楽しかった!やっぱり、都会も好きだけど自然の方が旅としてはいい!

ブラジリアの後、飛行機で約2時間かけて、ブラジル北部のサンルイスという街に到着。
しかもここは本気で夏!めちゃくちゃ暑い!!

到着後、ローカルバスで市内へ。バス代も1.6レアルに下がった。
こりゃ物価もちょっとは安くなるかなと期待してしまう。
市中心部から歩き方に乗ってるカサデグランジまで徒歩で歩いた。

1時間くらい迷って、ひーひー言いながら歩き続けたところようやく発見。
(シングル1泊35レアル、バストイレ付き(シャワー出ず)朝食付き)
看板も何も無い。。おかげで汗でびたびた。部屋も植民地味。色使いは何とも素敵。

blogDSC_3064.jpg


早速サンルイスの街をぶらぶら。ここはブラジルで唯一フランスの植民地だったようで
その町並みの美しさから旧市街が世界遺産。確かに綺麗。

<夜のサンルイス>

blogDSC_3074.jpg

<昼のサンルイス>

blogDSC_3084.jpg

でも、なんか復旧作業をしてるのか、、、
町並みが復旧しすぎて新品になりつつあるやないか!
これじゃ、古き良き町並みの面影が消えて、、、。ただ、市内バスターミナル向いの広場のホットドッグが
めっちゃうまかった!(5レアル、夜のみ営業)

サンルイスはあんまり見所もなさそうなので1泊に切り上げて、
バスで4時間の街、バへリーニャスへ向かった。
サンルイスの長距離バスターミナルでイタリア人のおっちゃん(フランチェスコ)と青年(ロベルト)と出会い数日ともに行動した。

(左:ロベルト、右:フランチェスコ)

blogDSC_3173.jpg

フランチェスコ。人生を楽しもうと常に言い続けてた。若い頃工場で勤務中に小指を
失い、ヘロインで多くの友人をなくし、何かに気づいてよく旅に出るようになったらしい。旅をしているうちに、自然と彼も薬物に手をださなくなったんだとか。人生を楽しむことが彼にとってどういう事かをよく話してくれた。そういう話を外人は良くしてくれるので、聞いてておもしろい。

さて、バへリーニャスには砂漠の中に無数の湖があるレンソイス・マラニャンセス国立公園がある。ん~~テレビで昔見たけど、、、めっちゃ綺麗そう。

夜は街でおっちゃんとビールを飲んだり飯をくったり。
ポルトガル語がペラペラで、さすがイタリア人。
かわいいこがいるとすぐ話しかける。かわいいね~、から始まり軽くボディータッチ。イタリア人やからかっこよく見えるのかな~ほんと。習いたいもんです。

<バへリーニャスの川沿いにて、おねえちゃんもイタリア人の話術にうっとりw>

blogDSC_3090.jpg


翌日、イタリア人のおっちゃん、フランチェスコともう一人のイタリア人、ロベルトとレンソイスツアーに行ってきた。(ツアーは半日で60レアル、昼食などはついてない)

トラックの後ろに座席をつけたような車にのり森を走る事約40分。
つくとそこは真っ白な砂漠!!

blogDSC_3098.jpg

ちょこちょこと砂漠の丘を登ると、、、。すげーー!!!!

blogDSC_3103.jpg

白い砂と空のコントラスト、たまらん。

blogDSC_3107.jpg

ロベルト嬉しさのあまり華麗にジャンプ。w

blogDSC_3152.jpg

湖ではもちろん泳げた。

blogDSC_3121.jpg

なんで砂漠の中にこんなにも湖があるのかはわからなかったけど、
壮大な景色に感動!綺麗だった。

イタリア人に別れを告げて、サンルイスに戻り飛行機を2回乗りついて、、、
マナウスのホテル京都にチェックイン。歩き方には無線LANあるって書いてあるけど、、、全然ない!

7/17、18:00にボアビスタ行きの夜行バスに乗るので時間がある。
アマゾン川観光基点の街なので、アマゾンクルーズできないかなーと思いフェリー乗り場へ。4時間程度のアマゾンクルーズあるよ!と、おっちゃんが案の定声をかけてきたので、行ってみた!ただし100レアルもした。。。

アマゾン、地球の何割の酸素を作り出してるのか知らないけど、、もしこの自然がなくなったら
人類は滅びるな~とおもわせるほどの緑。ありがたいね~ブラジル。


この写真の、手前がアマゾン。奥がネグロ側。2つの川の合流地点。

blogDSC_3203.jpg

ボートはせっせとアマゾンを進み、途中でアナコンダ見学。気持ち悪かった~~!

blogDSC_3213.jpg

ジャングルっぽいとこにもボートはぐいぐい。

blogDSC_3236.jpg

その後、、、なんと手に持ってるのはナマケモノ!髪の毛ぱっさぱさやった!
そしておっちゃん。肩にワニ!爬虫類は苦手ややっぱり。。。

blogDSC_3224.jpg

街に戻る途中、おっちゃんが"釣りしたいなら、浮き島みたいなのがあるからそこでおりなよ!また2時間後に迎えにきてやるから"というので、、、、迎えにこないきもしたけど、、、せっかく針と糸と重りも買ったので~~。ちょっと釣りもしてきた。

釣りをしてると・・・・・
噂のアマゾンピンクイルカ!!しかも10回以上登場。

釣りを開始して約2時間。おっちゃんが迎えにくる時間だし、そろそろえさ捨てて
帰ろうと思った矢先!!なんか食いついた~~~!!!
そしてほんとにつれた~~!!w

blogDSC_3244.jpg

ブラジルの締めとしては、、、最高でした。おっちゃんもちゃんと迎えにきてくれたしね!!

そして、アマゾンに別れを告げ、検問だらけのベネズエラへ。
次は南米の旅最後の大自然、ロライマ山だ!!
5泊6日のトレッキング。そうとう大自然が綺麗らしいのでめっちゃ楽しみ。
スポンサーサイト

リオ観光とブラジリア建築巡り+貴重なブラジリア安宿情報w

2011年07月13日 10:48

                                7/12 22:00, ブラジリア ブラジル

あっという間に、ブラジルの首都!!ブラジリアに居ます。
"ブラジリアに行くよ!"とブラジル人に言うとほとんどの人が、"何しに?何にも無いよ"といってくる
そんな街です。リオデジャネイロからは飛行機(GOL AIRLINE)で5800円、2時間もしないうちに到着。
(GOL AIRLINEのウェブサイト、こっちの夜になるとプロモーションプライスが出現してくるので買うなら現地時間の夜にチェックした方がよい)

リオで過ごした3日間。
サンパウロと比べて断然暖かくなったし、日差しも最高。
半袖で歩ける喜びを噛み締め、旧市街やら、ビーチやらふらふらした。
でもファベーラツアーは、、、行きそびれた~~。。悔い。。

リオではCHE LAGARTO COPACABANAという所に宿泊。
超欧米人向けのホステル。1泊19ドルとコパカパーナでは破格。
ただ、ほとんどの欧米人宿泊者が、かなりのパーティーピーポーなため、、、、
うるさい!!!夜の11時にクラブに繰り出し、朝帰り。。。本当に参った~~!
日本のパーティーが大好きでないひとにはお勧めしませぬ。安いけど、いびきもすごいし大変大変。

さて、リオデジャネイロ、治安があんま良くないと言われてる。
でも、思ったよりも、、っていうか何にも危険な目には遭わなかったからかもしれないけど
全然雰囲気は悪くなかった!でも実際最近でもこういった事件がファベーラ(スラム街)では起こってる。

1.発生日時
6月25日(土)午後7時頃

2.場所
リオデジャネイロ市カトゥンビ地区モッホ・ダ・コロア・スラム街
  (Morro da coroa,Catumbi)

3.概要
(1)上記日時場所において、UPP隊員が巡回中、麻薬密売組織メンバーと偶然遭遇し、銃撃戦に発展しました。
(2)その際、麻薬密売組織メンバーの一人が手榴弾を投げ、UPP隊員3名が負傷、うち1名は片足を失い、
病院に搬送されましたが重体です

聞くと、、、やっぱりおそろしや。。
まぁでもスラム街限定なので、そんなに気にする事はなさそうです。

さて、リオと言えば!!!
これ!!コルコバードの丘!見えてきた~~~~。結構感動。無性にみたかったからね~。
ちなみに、コパカパーナからバス528番にのると麓まで行ける。
麓まで行くと乗り合いタクシーが待ってるのでそれに乗った。(20レアル、1000円)



途中、リオの町並みが~~。
綺麗。この地形の作りが何とも言えん。自然なのに、妙に人工的で近未来に感じる。

blogDSC_2920.jpg

タクシーなので楽々。あっという間についた。
確かに街を見下ろして、見守ってる。

blogDSC_2933.jpg

といっても、そ~~~んなにする事無い。
ビーチに行ってみるとみんなサッカーやバレーをやってる。
日本もこんな感じにしたらえーのになぁ~~と思った。
せっかく何で、5kmだけジョギングをしてみたところ、、、その後
かかとが死にました。歩くの痛い痛い!!慣れやん事をすると大変だ。

blogDSC_2954.jpg

あとは植民地時代の面影がのこる旧市街を歩いたり、
このセラロンの階段を見に行ったりして時間をつぶした。
アルゼンチンに比べたら、町中のカフェでWIFIが使えるところがあんまりない。
後旧市街では貧しい人も増えてたし、黒人も多かったから100%安全とはやっぱり言えないね~。

blogDSC_2984.jpg

是非カーニバルの時期にいってみたし。
超おもしろいらしい~~!!

そして、ブラジリア。ブラジルの首都。
前はリオが首都だったらしい。1950年代に国の政策でブラジリアという街を建設したそうな。
で、1960年にオスカー・ニーマイヤーという建築家によりデザインされて街ができたんだと。
もともと存在した街じゃなくて新たに作った、そう聞いたらちょっと見てみたくもなる。

取り合えず、空港からバスにのって(2レアル)安宿があると言われる地域に行ってみた。
ネットで調べた安宿の住所に行ってみるものの、、、、誰も応答しない。
応答するとこもあったけど、、、もう宿は閉めたとかがほとんど!こりゃヤバい。
ローシーズンやからかなぁ~と思ったけど、たぶん観光客が少ないから閉めたんじゃないかな~。。
ブラジリアに行く方、、、全然安いとこないですよ~~。と、探し歩く事1時間。

ようやく1件の営業中安宿発見!
値段を聞いてみると、、50レアル!(2500円)高いけど、ここではかなり安い方!
しかもシングル(風呂トイレ共同)、WIFIフリー!よかった~~。部屋数も多そう。でも今はお客さんわしのみ。

名前:POSADA VILA ZEN
住所 : W3 SUL Q 705 BLOCO A CASA 3
電話 : 6134436527

blogDSC_2993.jpg

無事チェックインできたので、飯飯!

物価の高いブラジルで今まで食べた物と言えば、、、、
マック(セットで750円くらい)、ピザ(800円)、ポークステーキ(650円)などなど。
でも一番お世話になってるのが、量り売りのセルフサービスレストラン!
1KGあたりだいたい17レアルとかで、小食のわしは8レアルも払えば腹一杯。こんな感じ。おいしそうでしょ。

blogDSC_2995.jpg

腹ごしらえもおわったので、ブラジリアの建築群を見てきた。
最初は内装のうつくしいドン・ボスコ大聖堂。
正方形の建物の四面がすべて写真のようなステンドグラス。

blogDSC_3008.jpg

続きまして、、ブラジャーのようなこの建物。
国立博物館でした。あいにく休館のため中には入らず。

blogDSC_3020.jpg

続きまして、これ、何でしょうか?
インディアンの家を近代風にした感じに思えてきたなー改めて写真を見ると。。。

これは大聖堂。カテドラルメトロポリターナ。
3人の天使が天に向かってる~。w

blogDSC_3032.jpg

中に入ってみるとこりゃまた美しいステンドグラス。
でもアーティスティックすぎて、大聖堂の役割をなしているのか??
神聖な感じはあんまりせず。。

blogDSC_3025.jpg

こういった建物の多くが政府関連の建物。
これは、、、外務省。

blogDSC_3033.jpg

これは、、、、国会議事堂。。w

blogDSC_3040.jpg

これは、、、、最高裁判所。。w
出廷も、、、、ちょっとたのしみかもね。
今度は法廷で会うわよ~~~!!ごっつのコントがなつかしいw

blogDSC_3043.jpg

そして最後。これは大統領府。
おしゃれやな~~。って子供が言ってた。

blogDSC_3045.jpg

ブラジリアはでも何にも無い!
半日見たら満足。という訳で明日、サンルイスというブラジル北部にいって
そのあとレンソイス・マラニャンセスという絶景を目指しまーーす!

大都会サンパウロ。

2011年07月10日 12:53

                             7/10 0:12、リオデジャネイロ ブラジル
ボアノイチ!
サンパウロからバスに揺られること6時間。(68レアル、3500円くらい)
ファヴェーラで有名なリオデジャネイロに到着。途中バスのなかでめっちゃブラジル人通しが
ケンカしだして一時はどうなるかと思った。バスはそのままいったんポリスオフィスで停車して
当事者に注意してたみたいで何ともなかったから良かったけどね。リオのバスターミナルから市内までは
エアコンバスで約20分。(7レアル、約350円)

リオは治安があんまりよろしくないって聞いてたけど
たしかに貧しそうな人や黒人が増えた。とりあえず、コパカパーナのホステルにチェックイン。
12時回ってるのに、、、欧米人はまだまだ元気。うるさい。

さてさて、たった3日間の滞在だったサンパウロ。
日本人がブラジルに移住してからはや100年以上。
サンパウロには日系2世3世の人がいてなんだか落ち着いた~。

日系人同士がポルトガル語で会話してる風景は変な感じ。ここには居酒屋もあるし
たこ焼きもある。歩いてると東洋人が多くて、なんだか台湾や沖縄みたいな雰囲気もあった。

それにしてもさすが南米最大の都市。
サンパウロにはこんなにも多くの高層ビルがたってた。



リベルタージという地区の東洋人街を歩いてみると
至る所に日本語の看板やお店がある。今では中国人がたくさん居て、日本語の看板のスーパーでも
中国人経営のお店だったり。なんだか衰退してるような感じ。がんばれ日系人!
なんだか昭和を感じるこの日本人街。だから写真もセピア色で。

blogDSC_2887.jpg

街灯もかなり日本風。
どっかの商店街を歩いてる気分になる。

blogDSC_2889.jpg

たこやき食べるの忘れた!!
でも焼いてるのは日本人でも日系人でもなく、ブラジル人w

blogDSC_2891.jpg

東洋人外の中心には大阪橋とうれしいことに三重県橋というのがある。

<大阪橋>

blogDSC_2893.jpg

<三重県橋>

blogDSC_2900.jpg

レストランやまもとの板前さんもブラジル人。
ほんとに不思議に感じた。

blogDSC_2896.jpg

あすかというラーメン屋。
とんこつしょうゆのラーメンがあった!大変美味しくいただきました。
大人気で昼も夜も大行列!!うれしいね~~!

blogDSC_2897.jpg

そしてなんといっても、、、、MIZUEというなのヘアサロン。
おかんの名前です。。w 

blogDSC_2917.jpg

そんな感じで、サンパウロは日本を感じられる面白いところだった。
大都会だけにそこまで見所はなかったけど、、、かつての日本人が
遠くはなれたブラジルに移り住んで、自分たちの街を作り上げ生き抜いた事を思うと
嬉しいし、興味深い。

一応ファッショナブルエリアにも繰り出した。
というのも日本でも有名なブラジルのサンダルメーカー、ハワイアナスの本店に行きたかったからだ。
日本でここのサンダルはいたらめっちゃ履き心地よかった!全力疾走できるくらい。
オリジナルカラーのサンダルを作って来ました。27レアル(1500円程)

blogDSC_2915.jpg

日系の人、もちろんすでに日本語を話さない人も多い。
でも同じ日本人の血がかよってるともうと、笑けてしまう。
宿のオーナー荒木さんも日系2世。洗濯を手伝ってくれたり、イチゴをくれたり、、
ガーハッハッ~~~ってよく笑ってたw そしてとても優しかった!ありがたやありがたや。

blogDSC_2919.jpg

リオには3泊しまーす。
明日はビーチでもうろうろしよーっと!

徹底検証!イグアスの滝、ブラジル側とアルゼンチン側、一日で回れるのか!?

2011年07月08日 11:57

                                  22:53 7/7, サンパウロ ブラジル

さて、イグアスの滝のある街、フォスドイグアスからバスにゆられること18時間。
現在南米最大の都市サンパウロにおります。しかし長かった。あいにくダイレクトバスが
売り切れで、ロンドリアーニャという街で一回乗り換えてのサンパウロ。ペンション荒木に
チェックしました。ドミで一泊45レアル!(2500円、高っ!しかもWIFIは別途5レアル。。。)
荒木のおばちゃんはやさしい。ついたらケーキまでだしてくれたし。

ところで、無事イグアスの滝を一日でブラジル側とアルゼンチン側、両方見学してきた!
ネットで調べると一日で回るのはきつい!とか十分できる!とかいろんな情報があったので、
実際僕の場合どんな感じで回ったか、事細かく報告します~。

どっちがいいかって言われたら断然アルゼンチン側!!


08:10 ホテル出発!もっと早く起きようと思ったら寝坊。とりあえず歩いてローカルバスターミナルへ。

08:27 アルゼンチン側のプエルトイグアスという街までバスで移動。(2.4レアル、約120円)
   バス停にはこんな感じで看板あり。写真右上の白い看板。文字がはげてる。。



08:49 ブラジル側国境到着。出国手続きのため下車。乗ってきたバスはそのまま去ってしまうので新たに
   バスを待たなければならない。。。

09:07 次のバスが来たので乗車。

09:11 アルゼンチン側国境到着。同じく入国手続き。バスは一応10分は待ってくれる。
   両替所があるので、両替。案の定、バスは行ってしまった。。。

09:27 時間もないのでタクシーでイグアスの滝を目指す(80ペソ、約1600円)

09:50 イグアスの滝ナショナルパーク到着。歩いて悪魔ののど笛まで行く列車の駅へ。

10:03 列車出発。列車を降りてからは少々歩く。

10:41 悪魔ののど笛到着!さすがイグアス!!なんじゃこれーー!!もはやこれは水害。
    見学後、帰りは歩いて最初の駅まで戻った。

<悪魔ののど笛>

blogDSC_2736.jpg

11:32 UPPER TRAILの見学開始。団体客が一杯で思うように歩けなーーーい、

blogDSC_2762.jpg

野鳥や猿、ハナグマなんかもたくさん居て、あるいてて楽しいUPPER TRAIL!

blogDSC_2747.jpg

12:08 UPPER TRAILを見学した後、今度はLOWER TRAILへ!

blogDSC_2794.jpg

園内は、専用の車いすでも回れるようです。2人車いすを使って見学してる人がいた!

blogDSC_2795.jpg

ボートで行く滝壺ツアーにも参加!(12分、125ペソ、約2500円)
滝壺大接近のため、全身びしょびしょ。。。防水の袋を貸してもらえるのでそれに貴重品をいれれば大丈夫。
滝壺よりだいぶ手前でこの水しぶき。。。カメラ壊れなくてよかった~~~!!

blogDSC_2842.jpg

虹も至る所で見れる!
こりゃ、虹撮り放題。テンションも最高潮。

blogDSC_2831.jpg

LOWER TRAILにあった滝の動画。災害だ災害!!裸のおにいさん、滝に向かって走ってる!!w

[広告] VPS


13:56 そんなこんなでアルゼンチン側の滝を楽しんで入場ゲートにもどってきた。結局観光所要は4時間!

14:15 バスでプエルトイグアスの街に戻る。

14:40 プエルトイグアス着。

14:46 バスでまたアルゼンチン国境へ。

14:58 アルゼンチン国境到着。

14:50 出国手続きをしてささっとブラジルへ。何故かバスはブラジル側でとまらずにそのまま市中心部へ。

15:15 途中でバスを降りて、ブラジル側のイグアスナショナルパーク行きのバスを待つ。

15:31 やっとこさバスがきた!

15:57 ブラジル側のナショナルパーク到着。見所をささーーーっと見学。

blogDSC_2848.jpg

ブラジル側の良さは、イグアスの滝の全景が見える事ってガイドブックにも書いてあった。
たしかに、、、すごい!

blogDSC_2855.jpg

なんだか、ほんとに飲み込まれそう。。。

blogDSC_2869.jpg

動画で見たらよりすごい!!遊歩道歩いてる人、みんなずぶぬれ!!
ブラジル側では防水の袋の貸し出しとかがなかったので、ご注意。

[広告] VPS


17:19 入場ゲートに戻ってきた。
こっからバスで戻れば18時にはフォスドイグアスにつける。
ただ、僕の場合、19:00発のサンパウロ行きのバスに乗りたかったので、、、泣く泣くタクシーを使った。
タクシーは約20分でホテルまでいってくれた。でも43レアルもしたけどね。。(約2300円)
TIME IS MONEY、、、と自分を慰める。

が!バスチケット売り切れ!
冒頭でも書いたけど、22:00発のロンドリーニャ経由するバスでサンパウロへ。。。
しかも180レアルもした。。(約1万円)サンパウロついたのが結局15:30。

まぁ途中、綺麗な朝焼けがみれたから、まぁいいっか。

blogDSC_2876.jpg

サンパウロ到着後、日本人街を歩いた。世界でたった2箇所の正式な日本人街。(もう一つはロス。)
なんだか台湾のような沖縄のような雰囲気。
かつてはもっと日本人がいて反映してたんだなーと思わせるけど
今はもう中国人がたくさん居て、かなり衰退してる感じ。
おはぎ、弁当、カレー、ラーメン、日本食はいっぱいあるけど、なんだか少し寂しい感じもする。
という訳で、サンパウロについてはまた書きます。

ここが日本の裏側か!ブラジル到着。

2011年07月06日 09:20

                            7/5,20:55 フォス・ド・イグアス、ブラジル

Hola文化一時終了。今日からポルトガル語。やぁはポルトガル語でオイらしい。
てか、毎日更新してるな~。暇なんです、夜。

さて、今日はお昼の12時にパラグアイ、日本人移住区を出発。
バスでシウダーデルエステのバスターミナルまでいって、そこからブラジル国境を超えて
イグアスの滝の街、フォス・ド・イグアスまで行こうとした。
パラグアイのバスは結構ぼろい。シウダーデルエステまでバスで10000G(約200円、1時間程)
このバス↓



シウダーデルエステのバスターミナルの周辺に、スラム街があった。
久々にみたスラム街。やっぱり地方だと貧しい人が増えるんだなぁ。

blogDSC_2705.jpg

バスを乗り換えて、ブラジルへ。乗客2人だけ。
バスに乗って10分程したところで、、渋滞にはまった。
車掌がこっちにきて、"歩いていった方が確実に早いからおりれば?"といってきた。
たしかに一切進まない。。。国境まですぐだからっていうから、歩く事にした。

歩いてると、懐かしのバイクタクシーの兄ちゃんがいっぱい!
声をかけてくるので、いくらかきいてみたところ、10000G。
高いけど、、、まぁパラグアイのお金もあまってたので、のってみた。

そうすると、パラグアイのイミグレーションを猛スピードで通過!

おいおい!出国手続きはいらんのか??!!まぁ、いいや。と思いながら
河を渡り、ブラジル側のイミグレーションまでも通過!!

これは絶対あかん!

そう思ってバイクタクシーの兄ちゃんの肩を叩き、おろしてもらった。
とことこ歩いてイミグレーションへ。

女子職員、入国書類にすべて記入してくれて、しかもポルトガル語、おしえてあげるわよ!
なんて言ってきた。こりゃブラジル来たな!!ちょっとテンションがあがった。
ブラジル国境↓

blogDSC_2707.jpg

で、今度はまたバスに乗って、フォス・ド・イグアスの中心部をめざす(8500G,約160円)
途中、ネットで調べたイグアスゲストハウスの看板が見えたので、そこでおりて
そのままホテルへ。

IGUASSU GUEST HOUSE
住所:RUA NAIPI 1019 CENTRO
電話 : +55 45 3029 9242
WEB : www.iguassuguesthouse.com.br
料金 : 6bedのドミで、一泊30レアル(約1500円)朝食込み、プールあり、WIFI1日5レアル、英語可。
ロッカーもあるし、清潔!歩いてローカルバスターミナルまで5~6分。スーパーもある。
何てったって写真の左上!最新式のエアコン!めっちゃあったかい!

blogDSC_2710.jpg

てなわけで、明日強行一日イグアスの滝ブラジル側・アルゼンチン側両方観光してこよっと!
そして夜にはサンパウロへ移動予定。
8/2にはロサンゼルスへ帰らねば。。時間があんましなーーーい!!


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。