--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで冷凍マグロ 奇跡の乗り継ぎ!サンタエレナ~カルタヘナ50時間移動

2011年07月28日 23:16

                         7/28, 09:00 カルタヘナ、コロンビア

南米最後の国、コロンビアに無事到着!!

blogDSC_3451.jpg


ベネズエラからのバスの旅はほんとに長かった~~!!
とにかく無事ついてよかった。ベネズエラもコロンビアもまだまだ貧しい感じ。というかゴミをポイポイ捨てすぎ。せっかく綺麗な大自然があるのにねぇ~~。

さて、ロライマトレッキングの後、、、、

トレッキングを一緒にしたドイツ人のカトリン(左)とベネズエラ人のジュニオール(右)も
同じ方向のバスに乗るというので、結局ベネズエラ滞在中はほぼ一緒に行動した。こりゃまた良き出会い。
ベネズエラでベネズエラ人と一緒ってのは何とも頼もしい!

blogDSC_3275.jpg

そしてバス移動の旅。どんな感じだったかと言いますと、、、

- 夜行バス 2回
- 昼バス 2回
- 乗り合いタクシー 1回
- タクシー 1回

でもなんと乗り継ぎの待ち時間!!全部1時間以内!

着いては乗って、着いては乗って!こんなにも乗り継ぎがうまく行くと、、、気分爽快。
でもベネズエラのバスは極寒で有名!!寝袋もってジャケットもって、、なんとかしのいだ。

~ 詳細 ~

7/25 20:00 サンタエレナ発、シウダーボリバルへ (125ボリーバル、約1500円、所要11時間)

<チケットは登山前に買っておいた方が直ぐ乗れる!というのも、ターミナルのチケットオフィスが僕らが行った時は閉まってたので、登山終了日にバスに乗れなかった。。。移動中、検問は2回あったけど、パスポートチェックも
荷物チェックもなく、警官がのりこんできただけ!お金も隠して準備万端にしてたけど、、無くてよかった!>

7/26 07:00 シウダーボリバル着

<シウダーボリバルのバスターミナル。極寒の社内から蒸し暑い外にでたのでレンズが結露~~w>

blogDSC_3432.jpg


7/26 08:00 シウダーボリバル発、バレンシアへ (115ボリーバル、所要13時間)

<ボゴタへ抜ける方向のコロンビア国境の街、サンクリストバルまでのバスはPM20:30発と、ほぼ一日待つはめになりそうだったので、、とりあえず西に行くためバレンシアまで向かった。途中、世界で最も危険な街の一つ、カラカスを経由。街に近づくと貧困地区ばっかり!!街中心部はかなり都会だったけど、殺人件数が相当おおいそうな>

blogDSC_3439.jpg

blogDSC_3441.jpg


7/26 21:00 バレンシア着

(この区間は一回も検問もチェックもなし。起きたらついてた!本当はバレンシアに一泊して、カトリンたちと長旅を癒すビールを飲む予定だったのだが、、、ちょうどいい時間のバスがあったため、ビールは断念、8日間ともに旅した2人ともお別れ!ありがと~!。。。そのままバスへ>

7/26 22:00 バレンシア発、マラカイポへ(110ボリーバル、所要9時間)
<この区間も検問なし。余裕じゃんか~~~!!>

7/27 07:00 マラカイポ着

7/27 07:30 マラカイポ発 乗り合いタクシー(100ボリーバルもとられたぞ~。所要4時間)

blogDSC_3442.jpg


<さすがにコロンビア国境へ向かう乗り合いタクシー。。。アメ車!
僕と、ベネズエラ人男女各1名、コロンビア人のおねーちゃん1名、おばあちゃんとこどもの6名でスタート!途中、ポリスチェックが5回くらいあったけどパスポート見せたら問題なかった。

ただ、途中でタクシーの運ちゃんがお金を要求してきた。
最初断った物の、同乗者のベネズエラ人とコロンビア人も払ってるので、結局トータル50ボリーバルくらい
払った。。賄賂なんかあれは?よくわからん!

そして、途中の検問で1名ベネズエラ人がIDを持っていないためタクシーから降ろされる。1名脱落!
タクシー内、広くなって快適。でもなんだかな・・・

ようやくコロンビア国境手前到着。ベネズエラ出国税的なお金を払うと聞いていたのでそのオフィスに
立ち寄った。76ボリーバル必要だったんだけど、、、財布をみたら50ボリーバルしかない!!えぇ~~。
強引に係員に50ボリーバルと2USD渡してみたけど、、、そりゃ無理。
結局、タクシーの運ちゃんに借りたw。 なんだか最近どんどんずうずうしくなってきた。

国境で、ベネズエラ人男性、なぜだか入国できず、強制送還w 結局2名脱落>

7/27 11:00 ようやくコロンビア側の街、マイカオ着

7/27 11:15 マイカオ発、カルタヘナへ!(40000ペソ、約2000円)

<マイカオのバスターミナル着後、客引きの兄ちゃんがカルタヘナ行きがもうでるぞーー!!って
言ってきたので、急いでタクシーの運ちゃんに借りたお金を返し、バスに飛び乗った。聞いてみるとこのバスも
9時間かかるらしく、、、、ろくに何も食べずに移動>

7/27 21:30 ようやくカルタヘナバスターミナル到着。そこからタクシーで旧市街のホテルへ。。

結局ホテルについたのは22:00過ぎ!マジで50時間も移動しっぱなしだった!!

歩き方に乗ってる、EL VIAGEROというホテルにチェックイン。
ん~~、部屋もきれい。ビールも売ってる!こりゃ快適。早速道ばたで、"コカイン?マリファナ?"
って言ってきたw おぉ~~さすがコロンビア。

HOSTEL EL VIAGERO
- 1泊50000ペソ、シャワートイレ付き、タオル、石けん付き、テレビもあるしファンもある。ベッドもダブルベット!

blogDSC_3459.jpg

7/31にロスに飛びます~、ボゴタから!

スポンサーサイト

This is the real happiness!! ロライマトレッキング

2011年07月25日 13:11

                             7/24 22:42、サンタエレナ ベネズエラ

今日のお昼に、無事ロライマ山トレッキングから帰還~!!バンザ~~~イ!!
足がパンパン!!久しぶりにこんなに疲れた~!

行った人みんなが感動して帰ってくるこのロライマ。
The Lost Worldというコナン・ドイルの著書に出てくる場所。
山の上にはほとんど雲がかかってて、衛生からでも見えなかったと言われる秘境。

まさにロストワールド。たしかにすごかった。6日間で約100km。
サバンナを歩き、河を渡り、雨にも打たれ、キャンプしながら2800mの秘境についたらそりゃ感動する。

トイレもない(野糞2回)、水道も無い(河の水が頼り、一度も下痢はせず)、
電気も無い(ヘッドライトなかったからカメラの液晶の明かりフル活用)。
ある物と言えば自分たちが持っていったものくらい。

90%程充電があったIPODは、一日20%ずつ、寝る前に大事に大事に音楽を聞いた。

久しぶりのこの何にも無い生活。朝は日が出たらおき、夜は8時には寝てた。
普段の旅の生活とは全く違った貴重な時間を過ごせた。
改めて、帰還後、普通に旅ができる事がうれしくなったほんと。特に食事!!!


さて、7/18,無事ベネズエラ国境の街パカライマに到着。
そのままタクシーでベネズエラに入国。(何故かコロンビア人同乗、サンタエレナまで10レアル)
入国手続きせずに通過しそうになったので、呼び止めたところ、、、チッと舌打ちされた。
車を止めると、、、数人のベネズエラ警察が寄ってきて、、、噂にきいてた検問。

別室行くぞといわれ、、コロンビア人が先にチェック。。
30分経っても全然出てこない。こりゃなんかもっとるなぁ~。
1時間たっても出てこない。てかいつの間にかタクシーも帰っちゃったし!
ちらっと別室見たら、、、上半身は裸。うわぁ~~~徹底的~~。
あまりにも遅いので、すみませ~~ん~~もういいっすかと聞いたところ、
別の警察にさら~~と荷物チェックを受け、無事検問通過。はぁ、やだやだ。

タクシーも居ないので、、、、ドロンズのまね!初海外ヒッチハイクw
"ヒッチハイク成功~~~♪"5分もしないうちにのせてくれたw

そして、街について早速ツアーの申し込み。
有名なバックパッカーズツアーとミスティーツアーに聞いてみたところ、
あいにく3日後のツアーしか無いらしい。それじゃ遅すぎる。

- ツアーは毎日はやっておらず、一日おきとかで催行してるっぽい。4名集まらないと基本的にだめだと。
- 支払いは米ドルも可能。米ドルの闇両替は50ドル札と100ドル札だとレートがだいぶ良い。

どうしようか悩んで歩いてると、別の旅行会社の人が、もしかしたら明日行けるかもよ!
と声をかけてきたので話を聞いてみるとどうやらベネズエラ人とドイツ人のカップルがガイドを
雇っていくらしいので、それに便乗すれば?という話らしく、、、そうする事にした。
といっても一応ツアー扱いなので、2300ボリーバル(300USDくらい)を支払った。

<旅の始まり>



1日目は4時間程度歩いて終了。というか毎日だいたい4時間くらいのトレッキング。
道も最初はこんな感じでフラット。まったくもって余裕!
写真の先に見えてる山がロライマ山。かんなり遠く見えた。

blogDSC_3273.jpg

ただポーターさんたちはサンダルで、こんな籠で、どっさりもっちゃって、、、大変そう。

blogDSC_3291.jpg

もちろん宿泊はテント。
1日目はRio tekという河のそばにテントを張った。
蚊、めっちゃ多い。でも夜は、蛍が大量に光を放ってた。
目の前には蛍、見上げれば綺麗な星!!蛍と星の光に、、感動するとともに寂しくもなる。
でもすげー綺麗!!

blogDSC_3289.jpg

2日目はロライマ山のすぐ手前にテントを張って、
3日目に頂上へむかった。山の壁の直ぐしたに到着。

blogDSC_3315.jpg

後はひたすら急なトレイルを上り続けるのみ!w

blogDSC_3340.jpg

こんな感じで、滝の水を浴びながら歩いたり。

blogDSC_3346.jpg


でもなんだかんだで、、、、
ついちゃいました!以外と余裕!!本当、登山としてはそんなにしんどくない。行きは。
そして頂上からの景色はとても広く美しく。まぁ~~~ほんとに見渡す限りなんにもなしっ!
歩いてきた道が最初から最後まで見渡せて、こんなにもよく歩いたなと、感心。

blogDSC_3353.jpg

<頂上の様子>

一体ここはどこなんや?
と思わせる風景。みんな口をそろえて、Another Planetにいるみたいねって言ってた。
ほんと、月みたい。

blogDSC_3363.jpg

生えてる植物も、、、見た事無い。

blogDSC_3374.jpg

でもカエルがいた!!地球っぽい!!
しかもこいつ、はねない!!めっちゃ一所懸命、そして一歩一歩歩いてる。

blogDSC_3376.jpg

頂上での宿泊は、、、ホテル・サンフランチェスコ。
この岩に隠れたスペースがホテルらしい。そんなあほな~。
でも、地図上にはっきりと"HOTEL SAN FRANCESCO"と書いてあるw

blogDSC_3381.jpg

風呂は天然のバスタブ。2800mで入る水風呂は
さすがに冷たい。でも神経が刺激されてその夜は体があったかかった。

blogDSC_3407.jpg

5日目、頂上を後に1日目に泊まったところまで一気に歩いた。
この日が一番辛かった!!とにかく下りは辛い。ロライマを背に歩き続ける。
振り返るとまた頂上が遠くに見える。なんだかさっきまであそこに居たと思うと
頂上についたときよりも大きな達成感を感じられた~。
キャンプ場についたときはさすがに、、、3人で喜びました~。翌朝は全員ゾンビ状態。
足、肩、だら~~~んってなって、痛々しい姿。

最後の夕食。
ソーセージたっぷりで、うまかった!!

blogDSC_3429.jpg

6日目、スタート地点になんとかついた。
あぁ~、やっとおわった~~!!そこにガイドの差し入れで、きんきんに冷えた
ビールとコーラ。しかも飲み放題!!!久々に大興奮して3人で飲み倒した。

登山って、たのしいねぇ~。
たぶん、辛い思いを気持ちよくできるからたまらんのだろうなぁ。
今日は良く寝れそうや!

7/31にコロンビアからロスに飛ぶチケットを購入!
急がねば~~。


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。