--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスタリカの大自然。モンテベルデへ!

2011年09月17日 05:23

                              13:54 9/15、サンタエレナ、コスタリカ

居心地の良かったサンホセの日本人宿、、ちょっと名残惜しかったな~。
お客さんは僕と日本人のおじさまの二人。朝起きるとコーヒー飲みます?と
すぐコーヒーを入れてくれるし、おじさまもワインやらウィスキーやらくれるし。
だいぶ癒されました。

そんなこんなで、重い腰をよいしょとあげて、サンホセを後に。
お見送りまでしていただいて本当にありがとうございました~!

さて、サンホセからバスに揺られること4時間半。
モンテベルデ近くの街、サンタエレナに到着。
(サンホセ初はAM6:30とPM14:30の2本、2445コロン。ぴったり4時間半後についた!)

とまぁ、ほんとに小さい街。メインストリートが約200mくらいw
でもスーパーがある。

blogDSC_5264.jpg

宿はロンリープラネットに乗ってた、Pension Santa Elena。
ここ最近では最安の1泊7$(ドミ)。コーヒーとWIFIは無料。朝食はなし。
スタッフがめちゃくちゃ気のきく兄ちゃんで助かる。
ちょっとメインストリートからはなれたSlothというゲストハウスはドミが8$で
朝食もついてるらしい。ん~しかし、野良わんちゃんがいっぱいいてめっちゃかわいい!!

blogDSC_5265.jpg

あれ!


blogDSC_5230.jpg

日本食屋がある。。
こんな山で、日本食?しかも寿司メインて!!
あきれて、お話を伺いに入店したわ。。。お話を伺っただけですけど。。翌日は、大自然がのこるモンテベルデ公園へ。
スペイン語だと、Reserva Biologica Bosque Nuboso Monteverdeっていうらしいけど
日本語に直すとなんていうんだ??

コスタリカの自然7不思議の一つといわれるこのモンテベルデ。
クラウドフォレストといって、山の上に常に雲があってしょっちゅう雨が降るらしい。
そのため特殊な環境システムになってるとか。

100種以上の哺乳類、400種以上の鳥、120種以上の両生類、3000種以上の植物などなど
が生息する巨大植物園みたいなところやった。

blogDSC_5240.jpg

トレッキングトレイルがしっかり整備されてて
1時間~数時間まで、好みにあわせて歩ける感じ。
わしゃとりあえず、6:30に起きてサンタエレナからバスに乗って3時間程歩いてきた。
(サンタエレナ~モンテベルデのバスは600コロン、6:15発と7:20発のみ)

広大な森というか山?雨林?
なんかよくわかりませんが、植物には水滴がたっぷり。
おっ、なんだか♡の形してんなぁ。

blogDSC_5241.jpg

んっ、ちょっと暗いけど、すげー緑。
バードウォッチングをしに来てる人たちがたくさんいたけど
めっちゃ高そうな望遠鏡をみんな持ってきてた。鳥を探してみたけど、なかなか見つからん。
動物もほとんど見つけれへんだし。。蝶と昆虫はおった。
赤いカエルもおるらしいけど、、、発見できず。

blogDSC_5258.jpg

もうちょっと鳥とかみれたらな~~!とかおもいつつ
あっという間に3時間経過。帰りのバスが、11:30と14:30くらいだったので
早々にバスにのって引き上げ~~!歩いて帰る人もいっぱいおりました。

blogDSC_5260.jpg

明日、ニカラグアに向かおうと思います。
なんだかそっち方面に行くバス、、、、朝の6時出発だと。。。。2日連続早起き。
早々にビールを飲み始めるとするか。
スポンサーサイト

首都サンホセ。

2011年09月15日 13:44

                                18:03 9/13, サンホセ コスタリカ

パナマのボカスデルトーロからコスタリカの首都、サンホセに到着

<行き方>
- ボカスからボートでアルミランテへ(4$、20分程度。8:00amのに乗船)
- アルミランテから乗り合いタクシーで国境へ(10$、30分程度。)
- 国境からイミグレを通って徒歩でコスタリカ側へ。
- コスタリカ側の国境10:00発バスに乗ってサンホセへ(約15$、ただチケットはコスタリカ側で買ってください!僕は パナマ側で買ったら、もう一回買い直せとか言われました。。)

この区間のドライブは景色がかわるし、気温もかわって爽快。
最初は右側にカリブ海をみながら走り、その後はコスタリカの大自然を抜け
標高が上がり涼しくなって、なんだかんだでサンホセのコカ・コーラバスターミナル着。

国境の橋。

blogDSC_5199.jpg

橋を渡って、バスでサンホセへ。
17:00ころサンホセのコカコーラバスターミナル到着。
そのままローカルバスで楽しみにしてた久々の日本人宿、サバナ喜多側へ。
約10分くらいで最寄りのバス停到着。ゲストハウス着。

宿主は荻野さんという方で、なんとも気の良さそうな方。
早速コーヒーなんかいれてくれました。
宿の壁にも宿泊者からの過去のメッセージがいっぱい。

blogDSC_5201.jpg

ちょっと雑談なんかをして、荻野さん、
"今日夕食どうします?"なんて聞いてくる。
"いや、近くにやすいレストランありませんか?"と私。
"なんなら作りましょうか?5$ですけど"と荻野さん。
"ほんまですか~~~!!!" さらに楽しみが増えたw

何とも嬉しい手料理!
穴子の天ぷらといかを使ったなんとも旨味な手料理を食べさせていただきました。
ほんと最高。。

blogDSC_5202.jpg

夕食後、コーヒー飲みながら荻野さんの過去やら雑談やら
おしゃべりをして楽しいときを過ごさせていただきました~。
でも、なんか、やっぱりサンホセ、、、危ないみたい。
最近では物騒な事件が頻発だとか、銃持ってる輩がいっぱいいるとか、、、
"もし銃突きつけられたら財布でもわたしてくださいね、こっちの人はすぐ撃つから"と笑いながら荻野さん。
やめてくれよ~~~~!!!!

早速翌日サンホセ中心街を歩く事に。。。。

この手。。。怖い。。。

blogDSC_5226.jpg

さて、コスタリカと言えば、なんと言っても幸福の鳥"ケツァール"!!
宿の情報ノートにも色々書いてある。なんかここからバスで1時間ちょいのところに
ケツァールのみれる場所があるんですと。しかも100人中、99人が見れるという。
そんなの行くしか無い。

早速、朝5時半におきて、市中心部のMUSOCというバス会社のターミナルへ。
そこから1時間30分のキロメトロ70というところでおりるとケツァールの見れる場所、
Paraiso Quezalという場所へ着く。(バスは2070コロン。約400円)

着くとおっちゃんがいたのでケツァール見たいというと、もちろん!
でも歩いていけるとこではこの時間は見れないから10kmいったところに行こう!
でもちょっと料金があがるけど、どうする?といわれたものの、ここまで来たら
行かざるを得ません。歩いていけるところで見れる場合は10ドルらしいけど、25ドルした。。

車で10km行ったところで車を停めて、山の中へ。

と、いきなりこの2ショット!
馬と牛て~~。なかなか見れない。むしろケツァールより貴重。

blogDSC_5205.jpg

山の入り口到着。
なんとも、原生林みたいな感じ。

blogDSC_5206.jpg

と、子牛がてくてく歩いてくる。
しかもこちらを凝視。。。。ごめんよ、あんたを探しにきた訳じゃないんだよ。
そう思うと、後ろから牛の大群w 

blogDSC_5216.jpg

ガイドが何か言ってる。

"いたよっ"

えっ!!!

まだ1分もたってないよ~~~、、、ほんまに幻の鳥かいな!!

一眼レフのレンズより小さい望遠鏡のレンズに無理やりのぞきこませて
とった一枚。ちゃんと写ってルw

blogDSC_5215.jpg

という訳で、満足してサンホセ市内へ。
サンホセ着後、街をぶらぶら。
やっぱり、ちょっと危ない雰囲気がある地域もある。。。
でも、聞いたところによるとパナマの方が全然危ないらしいw 全然そんな気がしなかったけどなぁ~~!

歩いて宿に帰る途中サバナ公園の前を通った。
なんだか、無数の木が。なんだか目の前に立つと、すごい気分になった。
なんというか、また話を聞いてくれるような気がした。イースター島で感じた感じと同じでした。

blogDSC_5228.jpg

今日はなんと宿でカレーうどん!!(正しくはカレースパゲッティw)
でもこれ、、、あほみたいにおいしい!!なんて幸せなんだ~~。

さてサンホセ生活も明日で終わりです。
明日は国立公園のモンテベルデというところへいってきます。


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。