--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならスマイリングコースト・ガンビア!コロリ~バカウ~バッラ~ガンビア/セネガル国境~ダカール

2012年02月01日 00:33

                                   10:25 1/30, ダカール セネガル

ダカール再び!
一度来た事ある所に戻ってくると、初めて来たときの緊張感というか
警戒心というか、そういうものが一切なくなって、まるでこの街のすべて
を知っているかのようになってしまい、、、快適。以前泊まっていた宿に向かった。

宿主にモロッコで出会った友達が来てるか聞いてみると、屋上で寝てるという。
おっ!昼寝でもしてるのかとおもって行ってみると、あっ!いた。テント張ってるw そういうことか。だから屋上で寝てるという事ね。。。という訳で無事再会。

さて、前置きが長くなりましたが、、、。
ガンビアのコロリのホテルをチェックアウトぎりぎりまで堪能し、隣町の
バカウへ行く事にした。ホテルの朝食は12種類のコールド・ホットブレックファストから選べて、朝から気分最高。やっぱりちょっとお金を出せばサービスも違うもの。もう一泊したかったけど、流石に高いので移動!

歩いても行けそうだったけど、流しのタクシーにとりあえず乗ってみた。
するとバカウまで半分ぐらいの距離のところで停車したのでそこから歩く。
勝手なイメージで海沿いを気持ちよく歩けると思ったものの、めっちゃ普通の道。。景色も何も無く、、、。
まぁよし。とりあえずバカウに到着。

時間もあるので、ぶらぶらと宿を探しながらバカウ散策。
メイン通りの両サイドには宿やレストランやら市場などがたくさん。
断然前日いたコロリの勝ちだ~~と思った。数件宿を見て回ると最安が375ダラシ、約960円。

バカウ。

blogDSC_8175.jpg


でもそこはなんだか押しが強すぎたのでやめて、海の見えるバーがあったBAKAU GUEST HOUSEという
エジプト人経営の宿にした。(1泊ツイン500ダラシ、プライベートシャワートイレ、ファン、蚊帳、朝食なし、WIFIなし、宿は結構古びてて、やる気ない系。ただ海沿いのレストランは結構繁盛していて、ビールもこの辺のレストランでは一番安かった!)

バカウといってもする事無いのは承知済み。
とりあえず天気がめっちゃ良かったので、ビーチで日焼けと読書でもしよう。

青空をバックに読書をするのは何とも気持ちがよい。

blogDSC_8174.jpg

でも暑い!かえろ。

約2時間程ビーチで寝たり読んだりして、宿のバーでビールタイム。
チェックインしたときに見えた光景がこれ。

blogDSC_8170.jpg


ビーチから帰ってくると、、、、
めっちゃにぎわってる!!ここはどうやら魚市場だったらしい。

blogDSC_8198.jpg


しかもなんだか人が動きまくってみてて興味深い。。。

どうやら魚は人によってえっさほいさと運ばれてくるらしい。

えっさ。

blogDSC_8183.jpg

ほいさ。

blogDSC_8184.jpg


そして到着。

blogDSC_8185.jpg


ガンビア人にガンビア料理でおいしいのは何があるのか聞いてみると
2人に聞いたら二人とも"ベナチン"と答えた。こりゃ、ベナチン食わな!とおもい
夕食はベネチンの食べれるレストランへ。。。ローカルフードのくせにめっちゃ高い。。
でも、せっかくなので。。。

blogDSC_8201.jpg


味、、めっちゃうまい!!!
しかもするする胃袋に吸い込まれてく~!!カオマンガイくらいうまい!
これが唯一食べたガンビア料理でした。(後でセネガルのチャブジェンと同じと聞きましたw)

翌日、ダカールへ移動開始。結局ダカールまではこんな感じの時間配分になった。

8:50 バカウ宿出発。バンジュールへ。(12乗りバンタクシー、10ダラシ)
9:20 バンジュール着。(街の中心部の小さなターミナルにつく)徒歩でフェリー乗り場へ。
バンジュールは首都とは思えん小さな街。大統領が誕生日っぽいw

blogDSC_8203.jpg


9:30 フェリー乗り場着。チケットを買って待合室へ。(10ダラシ)

10:20 フェリー出航!どうやら1~2時間に一本らしい。

blogDSC_8206.jpg

11:30 バッラ到着。そこからまっすぐ歩いて、マーケットの方に入って行った先に
国境行きのブッシュタクシー乗り場がある。フェリーから降りてきた乗客がわ~~と一斉に
ブッシュタクシーに乗り込もうとするのですぐに一杯に。直ぐ横に20人のりのバスもいたので
それに乗って国境へ。(25ダラシ)

12:15 国境到着。ガンビア出国。全く問題なし。その後セネガルイミグレへ。
セネガル側も全く問題なし。ガンビア人とセネガル人は何故かお金を払ってた。しかも拒否してる人も
いたのに払わされてた。あれは何やったんや。

セネガル入国後、バイタクが7大くらいブ~~ンッ♪と
わしを囲む。。ヤンキーにからまれた感じ。なんやらダカール行きのバス乗り場が2km離れてるから
そこまで200セーファーでどうだ?といって来た。コインポケットに
ちょうど200セーファーあったので、乗ってみると、2分くらいで着いた。歩いたら10分で着くと思う。

12:50 ダカール行きのブッシュタクシー乗車。ほぼ待つ事もなく出発。(人,6000セーファー、バック,要交渉。相場がわからず、1000も払ってもーたw 乗客に聞くとそれは高すぎるよ!!といって運ちゃんに掛け合ってくれたけど、仕方なし。次からがんばります。)

ガンビアの道はすごい綺麗だった。しかも幹線道路沿いにはたくさんの看板広告があって、発展の兆し?を感じる。女性だけが働く農園とかもあったし、実態はよくしらないけど、印象は良いまま終わった。国境からダカールまでの道は舗装されてたり、されてなかったり、ぼこぼこだったりと、結構時間がかかる。
検問は3回。1回目は荷物チェック、2回目はパスポートちらみ、3回目は荷物ちらみ。

18:30 ダカール、ガレルティエールポンピエールというバスターミナル到着。

そんな感じで無事にダカールの宿に戻ってきた。
預かってもらってた荷物も無事あり。ビールを飲みに行って、早めに就寝。

ダカール最後の夜はカジノへ出撃じゃ。その前に韓国料理!

スポンサーサイト

予想以上の居心地の良さ。ジガンジョール~コロリ(ガンビア)

2012年01月28日 06:44

                                   20:53, 1/27 コロリ、ガンビア
今日はめっちゃ気分がよい。
ここガンビアは元英国領のため英語が通じるし、イギリス人旅行者も多い。
完全にリゾート感があるけど、モーリタニアで砂に苦しみ、ダカールの排気ガスにまみれた後の
リゾートは格別!ホテル以外の物価も安いし、長居できそう。でもあさってにはダカールに戻るけど。

さて、1/26、セネガル南部のジガンジョール周辺の小さな村々を
ゴーランと一緒にサイクリング。特に目玉はないけど、ジガンジョールから少し離れるだけで
人が違う。みんな素朴で優しかった。自転車は宿の向かいの掘建小屋の人からレンタル。24時間借りて5000セーファーだった。安か無い。

ルートはジガンジョール~ブリン~エッシル~エナンポール、エナンポールという村にAubergeのような宿泊施設兼レストランがある。ジガンジョールからエナンポールまでは自転車で約3時間。めっちゃゆっくり走った。

途中までは舗装道路でその後はダート。

blogDSC_8103.jpg

なんだか綺麗。ジガンジョールはすでにトロピカルエリア。

blogDSC_8101.jpg


エナンポールのレストランで知り合ったセネガル人。
ピーナッツくれたり、話し相手になってくれたり、いい人だった。

blogDSC_8110.jpg

そこの入り口はこんな感じ。

blogDSC_8104.jpg

朝8時に出発して、エナンポールのレストランに11時についた。
日中は暑く自転車に乗る気にならんので、
約5時間程ここで本を読んだり地元民と話したり飯食ったりビール飲んだりして過ごした。
めっちゃリラックスできて、なかなかよかった!帰りに立ち寄ったワニファームw

blogDSC_8113.jpg

ワニ爆睡。くちめっちゃ開いてるw

blogDSC_8115.jpg


ジガンジョールに戻り、かわいいおっちゃんがやってる"カフェ"で一杯コーヒーを頂く。
めっちゃ地元のコーヒー屋さん。味はおいしい!!

blogDSC_8099.jpg

翌日、ゴーランとガレルティエール(バスターミナル)に行き、ガンビア行きのシェアタクシーを探す。
約1週間一緒に旅をしたゴーランともここでお別れ。彼はギニアビザウに向かった。

8:45頃がレルティエールに着いて、タイミングよくセレグンダというガンビアの大西洋側の町へ行く
シェアタクシーを発見。セレグンダまでは約3時間半程度。(2500セーファー、約400円)
シェアタクシーは順調に乗客を集めて、9時には出発。

ガンビアの国境には11:30に到着。
セネガル側の出国は全く問題なし。ガンビア側の入国も全く問題なし。
ただガンビア国境に着くまでに検問が4回あった。1回は完全にバッグの中もチェックされ、
後の三回はパスポートチェックのみ。ただタクシーから降りて、何故かわからんが50mほど歩かされた。

blogDSC_8118.jpg

ガンビア入国後また別のシェアタクシーを拾う。
国境からセレグンダまでは60ダラシ。ガンビアの通貨はダラシ。変な名前w
1USDが約30ダラシ。

なのでセレグンダまでは約2USD。安!国境でも"両替しないか"と声をかけてくるので必要であれば
両替してもいいかも。ただ5000セーファー両替したいというと、両替マンAは250ダラシというし
両替マンBは290ダラシとバラバラなので、一緒にタクシーに乗ってる人に訪ねてみた方がよい。
ガンビア人は結構親切。 

そんなこんなで12:20分、あっという間にセレグンダのバスターミナルに到着。
ただどこのバスターミナルか全然わからん。

タクシーの運ちゃんが"タクシータクシー!"と近寄ってきたので
コロリに行きたいというと、"OK, 100ダラシ!"という。。。むむむ。
100ダラシって高いんじゃないの??と思い、ターミナルをぶらぶらするものの
コロリに直接行くバスがなさそう。

とりあえず道路を挟んだところにあったポリスステーションにいって
現地人に行き方を聞いてみると、親切に答えてくれた。

"ここからシェアタクシーでバブーという所まで行ってそこからコロリ行きのシェアタクシーに
のりなさい。1回7ダラシだからね"

なんと親切。

そして7ダラシって!!めっちゃ安い。たったの20円少々。
おいちゃんはタクシーが来るまで面倒をみてくれ、無事タクシーに乗ってバブーへ。
といってもめちゃめちゃ近い。

バブー到着後、コロリ行きのシェアタクシーをさがすもののよくわからん。
ちょうどそこにいたタクシーの運ちゃんが

"バブーからなんちゃらかんちゃらという所までいって
そこからコロリへ行くからのりな!でも、ストレッチが2回あるから7ダラシじゃ無くて14ダラシね!

と声をかけてきた。よくわからんが14ダラシ、たったの40円なら良かろう。
そして無事コロリに到着。

ここのタクシーの仕組みがよくわからんだが、聞いてみると
路線バスのように決まった区間を走ってるらしい。なのでその決まった区間であれば
料金は一律7ダラシ。ただそのルートを外れるとさらに7ダラシ追加されるらしい。
使いこなすのがちょいと難しそうだけど、安い!

コロリに着いた後は、ロンプラでもおすすめされてるLuigi'sというイギリス人オーナーの宿に行ってみる。

ロンプラには28USDと書いてあるものの、聞いてみると48USDと言われた。。。
値上げ??

聞いてみるとこの2010年版のロンプラの料金自体がまちがっているそうな。。。
48USDは高い。せめて30USDなら、、、と迷っていうると、宿の人が40USD
ならいい?と聞いてきた。別に安くしてって行ってないのに安くしてくれたその行為に
感謝して、1泊岳する事にした。

本日の宿 : Luigi's
Add : Palma Rima Rd, Kokoli / www.luigis.gm


一泊40USD、朝食付き。ファシリティーは最高。
部屋にはエアコン、冷蔵庫、ケトルと紅茶コーヒーセット、セーフティーボックス、
プライベートシャワー(もちろんホットシャワー)、タオル、シャンプー、石けん、テレビ、
ダブルベッド、ソファー、プール、バー、レストラン、両替可能(レートもよし)、FREE WIFI@部屋などなど。
スタッフもめちゃくちゃ親切!約3200円程度でこれなら満足!ビーチまでも歩いて1分、リゾート気分全快。
周辺の安宿の料金が不明だけど、ロンプラ見る限りやすくて20USD。平均でだいたい30USDと宿は
ちょっと高い。。

blogDSC_8121.jpg

その後早速ビーチへ!ビールビール!!
ビールはビーチで飲んでも約1USD。しかもガンビアビールうまい!
(ビーチでランチをたべたら150ダラシと高かったけど、味はおいしかった。
夕食に中華料理屋に行ったところ、ラーメンが100ダラシ。中華のが安い。
ビーチからちょっとはなれたところだとShwarmeという料理が60ダラシ程度。)

久々のビーチ。
ぼーっとするにはほんま最高。
夕日を見ながらビールなんて、ひさびさ。

blogDSC_8148.jpg

久しぶりに海に沈む綺麗な夕日をみて、わしゃ満足。

blogDSC_8160.jpg

明日はガンビアの首都バンジュールに一泊して
その翌日ダカールへ。モロッコであった日本人旅行者と再会だ!


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。