--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさにタイムスリップ!ドゴントレッキング2泊3日 -ドゴンカントリー-

2012年02月10日 21:30

                                    11:39 2/10、モプティ、マリ

ドゴントレッキングを無事終え、今日は一日休息日。
ホテル・ヤパドプロブレムはwifiも調子良く、快適な休日。
今日はもうベッドの上から離れたくない。そんな金曜日。
はっ!!てか日本出発から300と1日過ぎてる!!w

モプティに到着した2/6の翌日、早速ドゴンへ。
マリ観光のハイライトで、マリに着たら必ず行く所。
行ってみての感想は、"すばらしいかった"の一言!

トレッキング自体は全然普通で、傾斜があるところはあるけど、至って初級の
トレッキング。ただ、暑い時期はしんどいはず。幸いそんなに暑くなかった。

ガイドに聞いてみたところ、トータルの歩行距離はおよそ26km。
歩くルートはガイドに決めてもらったけど、希望があればそこに行ってくれるし自分で決められる。
今回はガイドの出身地、ノンボリ村に行きたかったので、それをメインでルートを決めてもらった。
ガイドなしでも行ってる人は行ってるけど、地元民も知らないルートで村から村へ移動するので、
ガイドは居た方がいいと思う。

ツアー代金は、ガイドと最小に料金や内容を交渉する。
ほとんどが食事、宿泊、ガイド、車等々の必要な物がついてくる。

わしらの場合、ガイドはアダマという20歳の青年。旅中に知り合ったかたに
勧めてもらってたので、絶対彼にお願いしようと決めておりました。

交渉の際、最初の提示額は、すべて込みで125000セーファー、約1万9千円程。
予想では100000セーファー未満と思っていたので高い!と思った。
日本人2人で今回行くため、車を雇わねばならず、それが40000セーファーするそうな。

という訳で、110000セーファーで了承した。1万7千円程。
含まれた物は、
- 朝食2回<パンとコーヒーとバナナとチーズ>
- 昼食3回
- 夕食2回
- 宿泊2泊
- 往復の車
- ガイド

ちなみに昼食と夕食は、スパゲッティー、マカロニ、ご飯にソースをかけたもの、クスクスの4種類から選べた。

<1日目>

朝8時にガイドと集合!朝食を食べて、車でトレッキング開始地点のテリへ。
これがまた以外と遠く、2時間以上かかった。
テリ到着後、いきなりこれぞドゴン!って感じの景色に遭遇。

blogDSC_8356.jpg


かつてはこの崖の間にある家に人が住んでたんだとか。昔の民族で、今もその子孫たちは
移動して、どこかですんでるらしい。。聞いたけどわすれた~、、、メモしておけばよかった。

こちらはテリの町並み。泥ハウス。

blogDSC_8362.jpg


テリから次はエンデという町へ。
約5kmあるらしく、ちょっと時間が遅れてるらしい。

そこで通ったドイツ人の車を発見。
お願いして乗せてもらいエンデへ。らくちん。

エンデでは昼食をかねて約2時間程休憩。
なんとものどか。素敵な時間。かなりぐだ~~~~とした。

その後、バグルーという町で木彫りのオブジェ作成実演なるものを見学し
宿泊するヤバタルという村へ。この日はほんとに楽。

宿も想像してたより、普通。いい意味で。
ヤシの茎で作ったベッドの上にマットレスを引いて、そこで就寝。

blogDSC_8386.jpg


蚊はいなかったけど、敷地内で飼ってるドンキーが一定周期で吠える。。。。

これがまた声のでかい事!!
夜中何度も起こされ、あんまり寝れなかった。。

<2日目>

7時から朝食を食べ、その後出発!
今日はどうやらちょっと歩く、そして登るらしい。

まずはヤバタルからベニマトという村へ。
途中、別の村で学校におじゃま。

blogDSC_8405.jpg

みんな英語の勉強中やった。

blogDSC_8407.jpg


ベニマトの村には、キリスト教、イスラム教、土着のアニミズムを信仰している人々が
それぞれ微妙に距離をおいて住んでるそうな。3つの宗教が同じ村で共存してるのは
どうやらベニマトだけらしい。

歩いてると、ガイドさんと村の人々がする挨拶が、なんだかおもしろい。
歌ってるような、かけ声をかけてるような。何て言ってるか聞いてみたところ、、

ガイド:ポー (Hello)
村人:セオ (Fine)
ガイド:セオ? (Fine?)
村人;セオ (Fine)
ガイド:ウマナセオ? (How is your family?)
村人:セオ (Fine)
ガイド:ギエセオ? (How is your health?)
村人:セオ (FIne)

といってるそうな。1日15回以上言ってた。テンポがいいので聞いてて面白いし言いたくなる。
ドゴンの挨拶でした。

さてその後、コンセグという村で小休止。
"サバ~♪ボンボン!"といってよってくる子供。ボンボンはもってないんよ。ごめんちゃい。

blogDSC_8397.jpg


ちっちゃいワニを見学後、ドゥルーで昼食。
ご飯にトマトのソースをかけた飯。おいしいし、米が日本米のようにスティッキー。

blogDSC_8422.jpg


昼食後、ちょっとだけ山というか崖の間を登ってノンボリ村へ。
ちゃんと看板まであるじゃん。ちなみにフランス語でアルジャンはお金を意味しますw

blogDSC_8424.jpg


景色がすごい綺麗。まるでアメリカの国立公園。

blogDSC_8429.jpg

blogDSC_8445.jpg


そして到着!!
アダマもなんあか嬉しそう。最近買ったノートパソコンを今日は家族に見せるんやと行って
張り切ってた。500EURもしたそうな。

村は意外と大きい!かつてこの一体の首都だったそう。

blogDSC_8453.jpg


<3日目>

ノンボリはガイド・アダマの生まれ故郷。
朝食の後は村を案内してもらった。

ここも独自の信仰があるよう。

オゴンという生き神信仰のようなものが今も存在してるそうな。ネパールの
クマリ信仰みたいなもので、オゴンは村の中から選ばれて(先代オゴンの血筋のみ)、
選ばれた後は家族とは離れ、別の場所で生活を強いられたり、何かと不自由になる印象。
信仰というものはよくわからんので、以上ですw 

アダマのおじいちゃんも紹介してくれた。
なんと、年齢が、、、、

110歳!!

しかもめっちゃ元気!どえらいはっきり話されてる。。。

アダマから受け取ったコーラナッツというマメをおじいちゃんに。
このコーラナッツ、ツアー中、村々を訪れる際にアダマが配ってた。
嗜好品の様で、結構高いらしく、みんなありがたそうにもらってた。
ん~、まるできびだんご。

おじいちゃんとアダマ。

blogDSC_8460.jpg


この村もかなり広い畑を使ってトマト、ネギ、ポテト、オーベルジュ等々の野菜を
栽培してた。それがなんとも幻想的な風景。とても鮮やか。

blogDSC_8476.jpg

トマトを収穫。そのままがぶり。最高やなこのこ!!

blogDSC_8474.jpg


ノンボリ村を去り、ヤワという村を通って、前日食事をしたドゥルーへ。
流石にこの日は朝から日差しが強く、暑かった。。体力も暑いとすぐなくなる。。
少年は、屋根の上の干し草を集めてすぐしたの牛にあげてた。それが彼の日課。

blogDSC_8485.jpg


ドゥルーで昼食を食べて、迎えにきた車で、モプティへ。

そんなこんなで16時くらいにはモプティに到着。
水シャワーでさっぱり!休憩して、3人でご飯。その後宿でビールを飲んで爆睡した。
いい思いでなりました。

翌日、一緒にトレッキングに言った日本人ちえちゃんを見送り、現在だらだらと
パソコンをいじくり続ける平和な時間。あわよくばビール。。。しめしめ。

さて、次の国へ行く用意をせねば!!
2/23、ガーナはアクラからケープタウンへの航空券も購入したし(5万円少々)、ブルキナファソへの
バスのチケットも買ったし、今宵ははごろごろして明日から移動だ!

ちょっと名残惜しい、来てよかったマリ。    完
スポンサーサイト

西アフリカへわしを呼んだ町、ジェンネ。ジェンネ~モプティ

2012年02月07日 08:41

                                     23:33 2/6、モプティ、マリ

今回の前置きは、、、アラビア語のこんにちわ、"アッサラーム・アレイコム"
西アフリカで広く使われている。

この、アッサラームアレイコム。なんだか聞こえがいい。
ボンジュールはちょっとカジュアルすぎるし、ハローもなんだか。
でもこのアッサラームアレイコムには尊敬の念を感じる。

しかも面白いのは、こちらが"アッサラームアレイコム"というと、言われた側は、
"アレイコムアッサラーム"と、アッサラームとアレイコムを逆にして返事をするのが
決まり。なんだかかわいい。

日本語なら"おはようございます"、といって、"ございますおはよう"というようなもんだと考えると、なおさらかわいい。そんな事を毎回思うアラビア語の挨拶。


さてさて、バマコからジェンネまでは8-9時間と聞いていたものの、朝6時にバスが出発して、結局到着したのが18時半(バスは7000セーファー)。12時間にも及ぶバス移動となった。途中、物売りがマフィンやらパパイヤやら水やらを売りにきたので、それでなんとか空腹をしのぐw ほんとに長距離移動時はまともな食事にありつけない事がしばしば。。

さらに途中、後部に座っていた地元民が、先ほど飲んだ牛乳と何かを吐き出した。。。
車酔いでしょう。

一回目、ゲロゲロゲロゲロ。
(おっ、吐いとんな。)
2回目、オエェぇ~~~~!!
(かけんなよ~~わしに。)
3回目、アァ~~~~オェ~~!
かかっとる。。。

1回目で避難すれば良かったものの、まさか前まで飛んでくるとはおもわず静観。
Tシャツに直径5センチ程度の被害をおったものの、座席を動くどころか
座席の下の靴の救出することさえもめんどくさかったのは、これまたアフリカノセイデショウカ?アフリカは人を強くするとツイートを見た事があるけど、真実なのかもしれません。(翌日洗濯した)

本日の宿は・・・・・
Le Camepment
6ベッドのドミは6000セーファー。
水シャワー/トイレ共同。レストランあり(ビールはない)、WIFIなし。蚊帳あり。
(ダブル(本館)は12500セーファーで、別館のダブルは15000セーファー。)
ホテルのレストランの夕食は高く5000セーファー。

翌日、ジェンネの街のマップを宿で購入し(1000セーファー)、観光ルートみたいな
ラインに沿って街を一周。このマップがまた正確!!

ジェンネは泥で作られた家の集まる町。
世界遺産にもなってるモスクももちろん泥メイド。
町は迷路のようになっていて、マップなしでは到底どこを歩いてるかわからん。
人々も、ガイドを除いてはみんな素朴でいい感じ。子供たちもかわいらしい。ほんとに子供が一杯おること。

アフリカでよくありがちなショットw でもカメラ向けて嬉しそうにしてくれるのは
こっちも嬉しい。左の少年がメタルっぽかったので採用。

blogDSC_8274.jpg

その立ち振る舞いモデル級!!ということでこれも採用w

blogDSC_8271.jpg


そもそも元々西アフリカに来る予定では無かったものの、今ここに居るのは南米でこの
ジェンネの泥モスクの写真を見たため。実際見てみて、確かにあぁ~これかぁ~~!と、
感動。でもへんなモスク。でもいいモスク。ってかこれモスク~~???!!!でも
なんだかまた一つ、夢が叶ったようで嬉しかった。

blogDSC_8257.jpg

周辺の屋上バルコニーから見学もできる。500セーファー。
ムスリムしか入れないはずのモスクも5000セーファー払えば入れる。

blogDSC_8294.jpg

モスクバックにジェンネキッズ。かわい~~~ね^~~^ 子供は。

blogDSC_8319.jpg


もひとつ有名なのが、このモスク前で毎週月曜に行われる"ジェンネの月曜市"。
月曜の朝起きて楽しみに市場に出てみると、、、、。。

”何じゃこの空!”

blogDSC_8332.jpg


多分砂嵐が来てるんでしょう。
空、まっ茶。しかも空気も砂っぽい。
青空バックに市場とモスクのコントラストを想像していたのでちょっと
残念やったけど、市場は市場でとても活気があった。
しかも、いろんな人がいろんな物を売買してる。
トマトを並べたり、落花生を並べたり、ヤギやら懐中電灯やら。
貴重な現金収入を得る機会なんだな~と、ぼーっと眺めてしまう。

印象的だったのは落花生を売ってる所。大きな鉄のバケツに落花生をたっぷりいれて、お客さんが来たらそれをコップですくって袋に入れて販売。でもどうしても数粒地面におっこちる。それを狙って、子供たちが拾って食べてたw なんか、わしらが小中学生の時、ゲームセンター行って、メダルを落とすのを狙って、拾っては遊んだのを思い出した。彼らは食うもんがないんやなほんと。服も着てるは着てるけど、ボロボロ。

天気がヘンテコだったもの、人が行き交ういい市場でした。

blogDSC_8343.jpg


午後、乗り合いタクシーでモプティを目指す。
ハイエースのようなワゴンで、モプティまでは4時間程。2500セーファー。
12時に乗り場(モスク前の市場にチケット売り場あり)に行って、なんと20人集まるまで出発せんというw
ハイエースに20人て!!そして待つ事約2時間半。無事集まって出発。
4時間とはいえ、木の板の椅子はケツがいたい。。

モプティ到着後はそのままホテルへ。
ホテルで明日からのガイドを頼んでたアダマと無事合流。
明日から2泊3日のドゴントレッキングにいってきます。

本日の宿:HOTEL YA PAS DE PROBLEME

- ドミトリーで5000セーファー。ダブルは13000セーファー。シングルは10000。
(めずらしく今日はアメリカ人2人、韓国人1人、日本人二人とにぎわってる。)
- WIFIあり(パスワードをゲットするのに2000セーファー)、トイレシャワー共同。
- 屋上にBAR/RESTAURANTあり。ビールは60clのFlagが1300セーファー。
結構居心地が良さげなおすすめ宿。

ドミ。(2部屋ある)
blogDSC_8491.jpg

屋上のバーレストラン。
blogDSC_8490.jpg

特に目立った見所も無く、、、。バマコ

2012年02月04日 03:36

                                     18:37, 2/3 バマコ、マリ

バマコ到着後の続き。しかし今日は暑い。

到着後の仮眠後、8時過ぎに起きて早めにガーナ大使館へ。宿にいたおっさんが
バイクタクシーで往復1500セーファーとうので連れてってもらう事に。
(情報ノートにガーナ大使館の場所も書いてあった。歩いていけるんか?w)

7、8分バイクを走らせガーナ大使館に無事到着。

blogDSC_8236.jpg


さっそく職員さんにVISAというと、ちょっと待たされた後、
"あなたはマリに住んでるの?今はマリ在住者にしかビザを発行してません。もしくはマリの6ヶ月ビザを取得してください。では。" だって。

まさかの最悪ケース。
ん、、、、、とにかくガーナに行かなきゃならない理由を探さねば。

"アクラからケープタウンまで飛行機で飛ぶからどうしてもガーナに行かなきゃだめなんです!"というと、、、

"そうですか。。。じゃ、一応この申請用紙に記入してください"

まぁいいや。とりあえず記入してみよう。
その前に、もしかしたらWIFIあるかな~~~??あったw

というわけで記入した。ガーナ出国の飛行機を記入するところがあったので
WIFIを使って便名を検索。それを書いて提出。お金も払ったのでとりあえずビザはもらえそう。ただ、、、、

①"45000セーファーになります。" 

おいっ、ここに30000セーファーって書いてあるじゃろが!と怒りそうになったが、落ち着いて"通常は30000セーファーなんですか?"と聞いてみると、在住者は30000、それ以外の人は45000セーファーよ。と。たっけ!!

②"次の月曜日にきてください。" 

だって。。。。
今日はまだ木曜。即日は無理だと思ってたけど、せめて翌日にはくれると思ってた。一応お願いだけしてみた、明日くれって。どうしても明後日にはバマコに行かなきゃって言ってみた。そしたら、発行できるかはわかりませんが、明日の12時に来てみてください。と言われた。。。。なんと曖昧な大使館。

その後はぼーっと宿で本を読んだり。宿の人にビールを買いたいというと
飯は食ったのか?と聞いてきた。まだと答えると、飯とビールを買ってきてやると
お駄賃欲しさに行ってきてくれるという。出るのも面倒だったので頼んだ。
持ってきた飯がまたうまいうまい。ビールも美味しいし、満足して寝た。

翌日2/3。あら、もう2/3なんや!!!

宿の近くにあるベトナム人が作るサンドイッチがうまいうまいと聞いていたので
昼飯がてら、ちょっと行ってみた。

そしたらベトナム人のかわいいおばあちゃん発見。
なんだか嬉しそうに、サンドイッチか?と聞いてきて、そのサンドイッチ屋まで連れてってくれた。やっぱり東南アジア人はみると落ち着く。

サンドイッチ屋にいたのももちろんベトナム人。サンドイッチもおいしかったし、ベトナム人も優しかった。

blogDSC_8233.jpg


その後、12時に忌わしきガーナ大使館へ行ってみた。
職員が怪しく微笑む。。。終わった?と聞いてみると、だめよ、と
いってパスポートを渡してきた。。

まじかよ~、、とちょっと中を見てみると、無事ビザが張ってあった。
冗談かい!!と職員に日本語で言ってみたところ、笑っていた。
こしゃくなガーナ人めw

<ガーナビザ必要書類>
- パスポート
- 申請用紙4枚
- 写真4枚
- オフィシャルでは30000セーファー。マリ在住者しか
発給してないと言ってたけど、多分嘘。交渉次第だとおもう。

無事ビザもとれたので宿に戻った。
すると、以前お勧めしてもらったドゴントレッキングのガイドである、アダマが
来てるという。。。なんでまたバマコにと思って部屋を出てみると、いたw

いろんな日本人が推薦しているこのアダマ。
人柄も良さそう。モプティで会うつもりが、ここで会うなんて。
とりあえず、ドゴントレッキングのガイドよろしくと言っておいた。

ガーナビザが今日もらえたのは大きい!仮に月曜になってたら
ジェンネの月曜市も行けへんし、予定がたっぷり遅れてた。
でもこれで無事明日ジェンネに行ける!という訳で、ジェンネ行きのバスが発着するというグランドモスク近くのチケット売り場に行ってみた。(場所は情報ノートにあり。)地元の人はジェンネガールと呼んでた。

バマコージェンネのバスは土日限定。
朝5:30集合で、6:00バマコ発、所要は8~9時間。
お値段は7000セーファー。

チケットも買ったし、今日は金曜日なので、マリ音楽が楽しめるという
レストランに行ってビールでも飲んでこよう。ここバマコに来ていきなりバイクの数が増えた。なんだかインドとかベトナムの大都市のような雰囲気もある、街は総じて汚い。

じゃ、明日は5時に起きてジェンネいってきます~~!


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。