--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッバイ西アフリカ!いざケープタウンへ!

2012年02月24日 06:59

                                  21:33 2/23 アクラ空港、ガーナ

さて、ケープコーストからアクラに戻ってきた夜、この旅初めてカウチサーフィンを
通じて人とあった。彼はソニーエリクソンで知られるエリクソンで働くインド人。今は
会社のアパートのため宿泊はできなかったけど、美味しいスムージーと軽食をごちそうしてくれた。
彼の車で宿探しを手伝ってもらう物の、今日はどこもいっぱい。。。何故だ。
安宿も一杯。ちょっと高いホテルも一杯。おいおい、今日は泊まるとこないのか~~!と、思っていた矢先、
OSUという中心部でやっとこさホテルを発見。

本日の宿:BINEY B&B
-1泊なんと55USD!!高すぎるけどほんと空いてなかった!!
設備は良かった。テレビ、冷蔵庫、エアコン、プライベートホットシャワー&トイレ、フリーWIFI、
朝食(なんとルームサービス)。場所もPAPAYEというOSU中心部のレストランの横ですごい便利。

blogDSC_8807.jpg


後でネットで探してみたらアクラにYMCAがあってそこは安そうだった。

そして翌日。ガーナ最終日。
飛行機まで時間があるのでホテルに荷物を預けアクラの市内観光へ。

とりあえずホテル周辺を歩いてみる。
思ったのはここはバンコクに似ている!何でそう思うんか考えてみたけど、まず
タクシーが多い、暑い、露天が多い、フルーツを道ばたで売ってるなどなど。

blogDSC_8808.jpg

そして噂のKFCをOSUで発見。
味比べのため1ピースだけ注文。味付けよし!美味しかった!1ピースで3セディ、150円。

blogDSC_8810.jpg


アクラと言えば、野口英世がこの世を去った地でもある。
彼はアクラで黄熱病の研究をしていたそうな。そういう訳でアクラのKORLE BU HOSPITALという病院に
記念館があるので行ってみた。野口英世、奥さんは外国人。しかも1900年前半にして、アメリカ、南米、
ヨーロッパ、アフリカなどを回ってる。さすがお札になるお方。

病院へはタクシーで行って、到着後その辺の職員に場所を聞いた。
ちょっと病院の中に入って行くと看板を発見。そこでもう一度中に入りたいと伝え、鍵を開けてもらう。
つい先月から入場料を取るようになったらしい。入場料は5セディ。

blogDSC_8813.jpg

内部の様子。

blogDSC_8820.jpg

blogDSC_8828.jpg

記念館はそんなに広くはないけど、野口英世の事を殆どしらなかったわしにはすごい興味深かった。
ビジターノートを見てみると日本人がほぼ毎日のようにきてる。

記念館の後はMAKOLA MARKETへいってみた。
ものの、市場ってのはやっぱりなんか欲しいときに行かないとおもしろくないな~としみじみおもった。。。
市場の雰囲気はいたって普通。特におもしろいもんでも無かったw

そんなこんなで!一応まとめ。

昨年12月21にモロッコに入ってからモーリタニア、セネガル、ガンビア、
マリ、ブルキナファソ、ベナン、トーゴ、ガーナを約2ヶ月で駆け抜け、
今から久々の飛行機でケープタウンへ向かいます。

西アフリカ旅行者の多くが、西アフリカでいろんな目にあったり苦しめられたり。みんな言うのは
人はいい人が多い。たしかに人はすごいよかった。わしの場合、特にトラブルもなく移動もいたって
予定通り。バスの故障なども一切無く、シェアタクシーを長時間待たされる事もなかった。
多分行った国は問題なく旅行できるのだと思う。
ギニアとかナイジェリアとかになると賄賂やらなんやらで大変だとか。

モロッコはもちろん観光客が一番多くて旅行もしやすい。
ホテルも安いし設備もわりかしいい。食事もおいしかった。

モーリタニアは見るところと言えばシンゲッティの砂漠くらいかな?
アイアントレインの印象が強すぎてあんまり他の印象が正直ない。

セネガルはおもったより安全。っていうか全然安全だった。非常に過ごしやすく都会で飯もうまく快適。
少々物価が高い。

ガンビアはイギリス植民地だったため英語が通じる!
フランス語から解放されたときに飲んだビールはうまかった。

マリ、個人的にはマリかベナンが一番すきや。マリは見所も多い。
物価はツーリストプライスのところが多く高い。
トゥンブクトゥで外国人旅行者が殺害された事件があったため旅行者が激変しているらしいけど、
北部以外の行ったところは治安も全然問題なかった。

ブルキナファソ。。。何にもなかったwボボという町はのんびりと過ごせるいい感じの町だった。

ベナン、コトヌーで日本食が食べれたので印象スーパーよしwアジアに居るみたいですごい居心地がよかった。

トーゴ、、、ノーコメントw2日しかいませんでしたから。

ガーナ。ガーナもマリの様に観光要素が結構あって楽しい。物価も旅行者次第で安くもなるし高くもなる。
ガーナ人も親切で良かった。

さいなら西アフリカ!ケープタウンついたら海鮮丼食べるぞ!!!
ケープタウンから1ヶ月のオーバランドツアーでザンジバルまでいってきます。
オーバランドツアーの徹底リポートを書いてやろうとも思います。めざせ電子書籍化w


スポンサーサイト

久々の観光地!ケープコースト城! アクラ~ケープコースト~エルミナ~ケープコースト

2012年02月22日 22:22

                                 12:53 2/22、ケープコースト、ガーナ

今日もいい天気や。
今日はゆっくりと宿で飯を食い、マンゴーを食べアクラ行きのバスの時間までインターネット中。

さて、昨日の朝8時のバスでケープコーストへ。本日は雨だ。
バスはSTCという会社のバスを利用。中国製のバスだったけど、3列シートで
エアコン付き。9セディ、約450円、所要3時間。

出発がちょっと遅れたものの、11:30にケープコースト到着。よかった晴れた!
バスターミナルから市内までは5km程離れているそうでタクシーに乗った。

調べておいたバオバブというゲストハウスまで行ってもらう。
早速チェックイン!

本日の宿:BAOBAB GUEST HOUSE

- 1シングルは25セディ。でもなんか3人用の部屋に案内され、3人用の部屋の場合は一人18セディということで、18セディで泊まれた。
- トイレシャワーは共同
- ファン
- 蚊帳なし
- ベジタリアンレストラン(うまい!)あり
- WIFIは部屋でもフリー。
ケープコースト城から徒歩直ぐのかわいらしい素敵なゲストハウス。
部屋数は少ない。

blogDSC_8689.jpg

blogDSC_8693.jpg


ささっとネットをした後、宿のレストランでベジタリアン。
野菜いためとご飯。メニューに"iced cofee"があった!!!ので、めっちゃ冷えたグラスに氷がはいった
アイスコーヒーを想像して注文!!カランカランッ♪あー、美味しそう。

って出てきたら、ペットボトルに入っとる!!!w (写真右)
そうですよね、アイスコーヒーなんてなかなか無いですよね。。。

blogDSC_8741.jpg



その後、早速ケープコースト城と近郊の町エルミナを見学してきた。
これがまたなかなかの見応え。やっぱり旅先には少しくらいは観光地があったほうがおもしろい!

町をさらっと歩くとそんな大きな町ではなくよさげ。
町を歩くとタクシーやら土産やら声はかなりかけられる。。。

blogDSC_8695.jpg

歩いてそのままケープコースト城へ。
入場料と別途に写真を取る人はカメラ代を取られる。学割あり!

ケープコースト城。
ここも奴隷のトレードで使われた場所でスウェーデン、ポルトガル、イギリス等の国が使用したらしい。
建物が最初にたてられたのはかれこれ300年も前の話。

メンテナンスをちゃんとしてるそうで、綺麗。まるでモロッコのエッサウィラw

blogDSC_8716.jpg

城からは町と海が見渡せる。

blogDSC_8719.jpg

blogDSC_8727.jpg

観光ゆっくりしても1時間あれば充分。
まだ3時なので、その足でエルミナにも行ってみた。

シェアタクシーで1片道.10セディ。
シェアタクシー乗り場は、wesley methodist cathedralの右の道を歩いて行って坂を降りたあたり。
所要は15分程度。

あっという間に到着。St George's 城へそのまま行ってみる。
ここは入場料が5セディでカメラが2セディ。学割プライスです。英語のガイドツアーが込み。

st George's城はまたケープコースト城とは雰囲気が違う。
白黒基調のちょっと暗い雰囲気。

blogDSC_8747.jpg

城の一部にコウモリが大量にいる部屋があった。。。
知らずに入ったらびっくりするやろに!

blogDSC_8783.jpg

エルミナの町自体もきれい。
ちょうど漁師が漁に出かける時間だったせいか人めっちゃおった!
写真の一番上の方に見える建物がFort St Jago。中にも入れる。

blogDSC_8770.jpg

そんな感じで3時間くらいでさらーーっと観光できた。
でも2カ所とも結構興味深かった。ガーナ。なかなかいいところ。

という訳でそろそろバスに乗ってアクラにもどろう!
ケープタウンへは明日の夜23時の飛行機で飛びます。


西アフリカ最終章。はやっ!もうガーナ。 ロメ~アクラ

2012年02月22日 08:20

                                      9:11 2/21、アクラ、ガーナ

2/20、早朝に起きて午前中にはアクラについてやろうと意気込むも
結局起きたら10時。。。宿をチェックアウトして徒歩でガーナ国境へ。
泊まっていた宿付近から国境までは600mくらい。
歩いて行こうとしたが、、、やっぱり暑いのでバイクタクシーにチェンジ。

国境到着後、すぐに両替の兄ちゃんが来たので少しばかりのセーファーを
ガーナセディに両替。その後出国手続き。ロンプラにはこの国境はCHAOTICや、
と書いてあったのでちょっと心配だった。たしかに国境周辺はなんか
国境!!って感じのぼろいマーケット。なんで国境周辺ってこんなに
ぼろいマーケットばっかなんや。タイとカンボジアの国境を思い出す。

そうこうしてる間に出国完了。
そして直ぐそこのガーナ側イミグレへ。
入国も、簡単なフォームを記入して顔写真をとって終了。
なんだ、何にもCHAOTICじゃないやないかw

無事、西アフリカ最後の国、ガーナに到着!時間もまだ10:45くらい。
最後という事もあり、一人で国境をジャンプ超えしてやったw
こういうとき旅の友がいるともうちともりあがるのにな~と思いつつ
アクラ行きのバスを探す。

さっきの両替の兄ちゃんがタクシーで行った方がいい、バスは朝もう出た!と言う。
いくらかと聞くと80セディ。

ぷっ。わし今45セディしかもってへんし、お兄さんあんたが両替したから
わしの所持金しってるやろ~!とつっこんでみると、どうやら車一台貸し切りで
80セディ、それを乗せた人数で割るという事らしい。

あっ、なるほど。おっけ。
じゃ、行こう!ということで、車に乗ってみるもののわしが第一号。
車はトヨタの乗用車、さすがガーナ。車も綺麗でエアコンもばっちり。
窓も手動じゃないやつだし。ブルキナファソ人とコンゴ人とガーナ人を捕まえ
約40分程でお客さんが集まりいざ首都アクラへ。

アクラへの道はほぼ快適。
100%ではないけど、大部分が舗装されていた。ここでも
インフラ整備を指揮する中国人や中国企業が見られる。

3時間でアクラに到着。
タクシーの終点はTUDOという市内のバス停。そこで降りてタクシーで
ロンプラのNEW HAVENホテルへ行ってみる。

しかし、満室。。。。予約した方がいいみたいここは。
その後、近くのLEMON LODGEというところへ。

本日の宿:LEMON LODGE
1泊25セディ(1セディ47円なのでだいたい1250円)
ファン、プライベートシャワーとトイレ、テレビ、ベッドちょっと固めで好き、蚊帳とWIFIが無い。
蚊は特にいなさそう。ブルキナファソ大使館の隣。

blogDSC_8682.jpg


ちなみにロンプラのも載ってる、LEMON LODGEとなりのKORKDAM HOTELというホテルは現在すでに
取り壊されており営業してなかった。

腹も減ったので近くの屋台でガーナ飯。
トーゴでトーゴらしい飯を食べれなかったので今回は早速。
宿の直ぐそばにガーナ人のおばちゃんの店発見。
なんか良くわからんがとりあえず頼んでみたのがこれ。

blogDSC_8683.jpg


これがまた安くてうまい!!
これで100円。そしてこの黒いソースみたいなのがめっちゃうまい!!
SITO?とかいう魚とタマネギとスパイスをいれて作ったソースらしいんやけど
日本の味がする。。。うまかった。

その後、翌日のケープコースと行きのチケットを買いにSTCという国営のバス会社のターミナルへ。
行ったものの、チケットは明日乗る前に買えば大丈夫よ、いっぱいになる事なんかないから。
と言われてそのまま帰るw タクシー代もったいな。

帰りにインターネットカフェに立ち寄る。
ネットが早い事!!RING ROAD沿いのBUSY INTERNETというネットカフェ。
写真のアップロードもすぐ終わる。

とまぁなんだかんだで時計はほぼ22時をさしている。
やばい、遅くなった。夜の一人歩きはどこであっても危険!
さささと早歩きで帰る。でも途中でFAST FOOD店で夕食。
これがまた遅い!FAST FOOD店が15分もかかってどないすんねん!と
心でつぶやきながら、来た物を一瞬で平らげ、無事宿にもどる。

アクラは夜でもそんなに危ない雰囲気はない。とりわけ
宿周辺は大使館などもあるエリアなので基本的には安全なはず。
でも、念には念を。

さぁ明日は西アフリカの歴史において最も重要な場所の一つ、ケープコーストへ。
奴隷のトレードが行われた場所。


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。