--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日でナミビア終了~~!!

2012年03月12日 06:03

                             11:07 3/11、ウィントフック、ナミビア

時計をみると3/11。
ちょうど震災から1年。日本を出発してからどれくらい
復興が進んでいるかははっきりはわからないけど、だいぶ復興していることでしょう。日経平均も今週1万円台を回復したところをみると、経済も少しは上向きなはず。円安も進んでいるようだし。東京で地震が起こる可能性が高いという記事をよんだけど、それだけは勘弁してほしい。。

さて、わしの旅は順調に進んでおり、ナミビア南部から中部フィッシュリバーキャニオン、ヒンバ族の村、北部のエトーシャ国立公園を回って現在首都ウィントフックを目指しております。

ナミビアの町はは西アフリカの町とは比べ物にならない程整然としており
喧噪も混沌もゼロ。。。それはそれで良いけどちょいとつまらん。やっぱりアフリカ、カラフルな民族衣装や人でごった返したバスターミナルやマーケットがないと張り合いがないとも思う。

ナミビアの旅は約10日。
ナミブ砂漠についではやっぱりヒンバ族の村が印象的やった。
女性は風呂に月一回しか入れないとか、子供の内、何人かは学校に行けるけど、何人かは伝統を守り続けなければならないとか。訪れた村自体の規模がそんなに大きくはなく、他の観光客も居なかったので比較的ゆっくり、子供たちやヒンバの女性たちともふれあえたのはよかった。ツーリスティック~~!!とそこまではかんじなかった。

エトーシャ国立公園は、個人的に勝手に期待していたため期待を上回る程ではなかったけど、それでもライオンは3回みれたし、サイもみれた。これでビッグ5のうち2種はコンプリート。後はチーターとバッファローと、象だ。象もエトーシャに居るらしいんだけど、遭遇せず。みた動物と言えば、スプリングボック、ヘムズボック、リス、ワイルドビースト、キリン、ジャッカル、ハイエナ、サイ、シマウマ等々。初アフリカのゲームドライブとしてはまぁまぁ満足。

ライオーーン!!

blogDSC_0173.jpg


しかしまぁ、これを個人で旅行したとしたらどれだけ大変だったろかとよく思う。
仮に一人でレンタカーを借りて回ったとしたら、費用と手間を考えたらだいぶ大変だったに違いない!


ウィントフックに到着後、1時間ほど町を散策。
あいにく今日は日曜のためほとんどの店がくろーーーーーず!!
公園のカフェでぼーっとした。明日はボツワナや!!

ゲームドライブ中。まさにアフリカ。

blogDSC_0182.jpg

キャンプサイト一例。

blogDSC_9921.jpg


キャンプサイトの裏手の岩場からみる夕日。青春 ( :

blogDSC_9975.jpg

結構焼けた。。

blogDSC_9969.jpg

ヒンバ族の髪型。

blogDSC_0086.jpg

ヒンバの子供。カメラを向けるとちょっとてれてた。
基本的に写真は問題なくとっていいとガイドに言われた。

blogDSC_0093.jpg

ヒンバの女性と何故かにらめっこをしましたが・・・・

blogDSC_0105.jpg

激弱でした。。。。。w

blogDSC_0106.jpg

その他ヒンバ写真。

blogDSC_0119.jpg

blogDSC_0140.jpg

いや~!しかし。キャンプ中にスタッフが作ってくれる飯がうますぎてやばい!!
毎日夕食が楽しみでならん生活を送っております。

今日ボツワナ入国!オカバンゴデルタで2泊キャンプ~~!
スポンサーサイト

オーバーランドツアーで目指せタンザニア!

2012年03月07日 16:11

                                18:05 3/6、スワンクプマンド、ナミビア

現在ナミビアのスワンクプマンドというドイツ人も多く住む町でちょっと休憩。

2/29からNOMAD AFRICA TOURSというツアー会社の
オーバーランド・アドベンチャーツアーに参加中。

インターネットは週に2日だけしか使える環境にいないので、タイムリーに
更新は残念ながら不可能。。とりあえずでもこのツアーはかなり良いツアーなので
また何らかの形で詳細も伝えたいなーと思っておる。

さて!南アフリカを出発して、すでにいろんな場所や経験をしてあっという間に1週間が過ぎた。
簡単に今参加してるツアーについて。。。

メンバーはインターナショナルで、カナダ人1名、アメリカ人1名、オーストラリア人2名、イスラエル人1名、ベルギー人1名、ドイツ人6名、韓国人一人、ドイツ人通訳1名、ガイドは南アフリカ人、後は南アフリカ人の料理専門の女性が一人。

飯はうますぎてびっくり。たまにレストランで食べるけど、ほとんどが同行の料理スタッフが作ってくれる。

テントも意外と快適。週に1~2日、ゲストハウスでちゃんとした部屋に泊まれる。
もちろんベッドで眠れる。

一日の半分はトラックで移動やけど、いろんなところに立ち寄ったり、大自然を観光したり。
夜はキャンプファイヤーの毎日、一日のビール消費量はほぼ毎日6本w とまぁ、いったい何を書いたら一番良いかわからんが、かなり楽しい。

参加者のほとんどが英語が堪能なため、英語の特訓にもなるし、メンバーも良い人ばかり。

特にオーストラリア人のダンカン、こいつのセンスオブユーモアが最高!
平均年齢はおよそ30歳くらい。リタイアして来ているドイツ人夫婦も入れば、21歳で通訳として同行しているドイツ人もいる。わしが30才だと伝えたときのリアクションと言ったら、そりゃもうーびっくりしてた事。

1週間に1回はネットができる環境にありつけるので、週一回のペースで
更新したいと思います。毎日の出来事を日々アップできないのは残念。。。

というわけで、こんなかんじで日々過ごしております。

最初にストップした場所。ケープタウンのテーブルマウンテン。

blogDSC_9306.jpg

テント。2人で十分寝れるひろさ。

blogDSC_9447.jpg

ご飯。かならず野菜があるので最高。

blogDSC_9356.jpg

ランチ風景。そとで食べるの最高。

blogDSC_9782.jpg


うわさのダンカン。道の真ん中で。

blogDSC_9374.jpg

夕日をみたり。

blogDSC_9489.jpg


プールで水中バレーをしたり。

blogDSC_9453.jpg

トラックが故障!メカニックを呼んでから修理するまで3時間程。
荒野の真ん中でのんびり。

blogDSC_9866.jpg

ヨガの話になりつい。

blogDSC_9841.jpg

そしてみんなで4輪バギー!ナミブ砂漠をかっ飛ばしてきた。

blogDSC_9901.jpg


みるからに楽しそうでしょ~( :
ツアーは3/31まで続き、タンザニアのダルエルサラームにて終了予定!



Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。