--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本場のワイン♪ ボルド~ルルド~ボルドー。

2012年05月20日 07:55

                                  21:51,5/17,ボルドー、フランス

さて、もうすぐリスボンに向けて出発。
ボルドー着後、ホットメールを開いてみると・・・・こんなメールが。

We would like to inform you that due to industrial action called by members of the Portuguese Air Traffic Controllers your easyJet flight, 7638 to LIS on 18/05/2012 has been cancelled.


突然やな!!!!


管制塔の職員がどうのこうの。。。ストか?
その後の選択肢は、代わりの便を無料で取るか、全額返金。
ちょっと考える事に。

という訳でボルドー到着翌日、とりあえずリスボンまでどうやって行くかを
決める事に。。。

おかんに聞いてみると、、別の飛行機でいったらええんちゃうん?
ネットで調べると、TAP航空が380USD、AIR FRANCEはもっと高い。。。
フライトキャンセルのせいでこんな高いフライトに乗るのは悔しい。。。
おかん的にはオッケーだったものの、パリに戻って安い飛行機に乗るか、もしくは
列車でスペインに行って、そのままポルトガルまで行くか。。。考えた。
だってもともとの飛行機は一人バックパック代入れて7000円程度。。。

ネットの調子も悪く、決められなかったので町に出る事に。。。

駅の方に行ってみると、バス会社のEUROLINESのオフィスがあったので、あっ!もしかしたらリスボンまで行ける系?!と思い聞いてみた。
すると、あった!19時間かかるけど、ちょうど予定通りの5/18にリスボンに着けるバスがあった。
値段も74EURと飛行機と変わらない。。。ん~~w

ちょっと考えたものの、明日は祝日でオフィスが閉まるという事で、バスで行く事に。
おかんに取っては人生発の19時間にも及ぶ長距離バスw 
果たしておかんの腰は持ちこたえる事ができるのだろうか。。。。おとん、すまん。

ユーロラインのバス乗り場はサンジャン駅からトラムC線に乗り、Belcierという一駅離れたところから歩いて3分。ターミナルでは無く、普通のバス停。Belcierで降りて来た方向に歩いて、トラム路線の左側の道を歩いて行くとユーロラインのオフィスがある。

リスボンまで行けると決まると重荷が消えた!
そしてボルドー中心部へ。毎日ボルドー観光局がやっているシャトー(ワイナリー)ツアーに行くつもりだった。

しかしながら今日は残り1席しか無かった。。しかも今日はサンテミリオンのシャトー。。

行きたかった~。。。。。。

13:30スタートで、11時くらいに行ったらすでに売り切れ。多分前日購入した方が良さそう。
幸い明日のチケットはまだあるという事だったので、それを購入。31EUR。
メドックというエリアのシャトーを見学するらしい。

ワイナリーツアーに行く気満々だったのでどうしようかと思ったが、、
ボルドー観光は明日にして、今日は急遽聖地ルルドに行く事に。

そのままボルドー駅へ行き、切符を購入。これは駅。

blog2DSC_5445.jpg


ルルドまではTGVで約2時間半。41EURと高い。
ちなみにTGVの最終は17時と早いけど、Tenという普通の列車だと21時くらいまで列車があった。
DAXという駅で乗り換えが必要だけど、時間的にはTGVとさほど変わらず。
ルルドへの車窓からはピレネー山脈が見えた。せっかくだからトレッキングでもしたかったな~~と思う。。

ルルドに到着!
なんかいい感じの雰囲気。こりゃこのまま泊まるか1泊!
わしもおかんもそうしようと思った。とりあえず聖地。
そのバジリカとマリアさまがあらわれたという洞窟に行ってみた。ルルド写真。
この日はキリストが死んだ日が近い事もあり、沢山の人。特に障害者の方がとても多かった。

blog2DSC_5449.jpg

blog2DSC_5460.jpg

blog2DSC_5463.jpg

blog2DSC_5471.jpg

blog2DSC_5485.jpg

blog2DSC_5546.jpg

blog2DSC_5508.jpg


ちなみに駅からバジリカに行く途中、ホテルの料金を聞いてみるとそこまで高くなく、3つ星ホテルで1部屋59EURとか2星で35EURとかかなりのホテルがあった。

バジリカの観光を3時間程した後、泊まるつもりだったので明日の列車のチケットを先に買っておこうと思い駅へ。すると15分後に出発する列車があった。。。やっぱり泊まらず帰ってしまおうか、、、。

相談の結果、その電車で戻る事にした。
そして21:30頃ボルドーに到着。到着後、ボルドー中心部に出かけ夜のボルドーを歩いた。それにしても夜もいい雰囲気。人も沢山歩いていてにぎやか。

晩飯は、コメが食べたかったのでインド料理屋に行く事に。
飲食店が集まる通り(マクドがある通り)にはたくさんのアジア料理店があって
かなり興奮した。。。入ったPanjabというインド料理屋もうまかった。
ボルドーの物価はパリに比べ若干安くなってる気がする。

食後、日も暮れたので写真を撮りにあの場所へ。てかここなんて言う場所なんや?w

blog2DSC_5560.jpg


何とも幻想的。絵になる。


翌日はゆっくり10時まで寝た。
そして起きてラーメンを食べに行った。

ラーメン屋:FUFU
日本人の方が1名ラーメンを作ってた。
ラーメン1杯9.5EUR。醤油ラーメン。あとは餃子やソースカツ丼、焼きそば
なんかがあった。殆どの人が焼きそば食べてた。お客さんはほぼ地元の人。
なつかしいラーメンの味でした。

blog2DSC_5615.jpg


腹も満たされたので、メドックシャトーツアーの集合場所(インフォメーションセンター)へ。てか、すごい人!バスは満席。。人気のツアーみたい。

内容は、メドックエリアで2カ所のシャトーに訪問。
各シャトーで2種類のワインをテイスティング+そのシャトーのワイン製造方法などの説明。
はっきりいってワインの事は全くわからず、ビールに飽きたときにちょろっと飲むような人間が行く価値があるのかどうかはわからんかったけど、、、ボルドー=ワイン。という事で行って来たw ワインの飲み方なんかも教えてくれて、少しワインに近づいた気がした。。。やっぱりでもビールのがうまい。

blog2DSC_5630.jpg

blog2DSC_5641.jpg


結局ツアーは1:30から開始してボルドーに戻って来たのが18:30。
かるく町をぶらついた。やっぱりきれいなボルドーの町並み。

blog2DSC_5583.jpg


その後クレープを食べて宿へ戻った。

リスボン行きのバスはAM2時出発だったので、おかんが日本から持って来たレトルトひつまぶしなるものを頂いた。人気のお土産らしく、1食1500円もするらしい!!!味はとても美味しゅうございました。カレーにラーメンにひつまぶし。。。フランスでわしは一体何を食べとるんや。。。でも、、アジアのご飯が一番!

まだ時間があったので、またあの場所へ行き写真をとった。
風があると水面がぶれてきれいに反射しないので、待ってるうちに結構時間がたっていたので、戻って準備をする事に。。。

blog2DSC_5703.jpg



宿に戻り、AM12:20、バス停まではトラムで行こうとしたものの、12:30の時点で今日の運行は終了してた。。。ので、徒歩で向かう。サンジャン駅からEUROLINESのバス停までは歩いても15分くらい。
ただ祝日ということもあってかよっぱらった若い衆がたくさんいた。早歩きでバス停へ。

EURLINESのオフィスでチケットを見せて、預けるバックにつけるタグをもらい、オフィス内で1時間程待った後、バスへ。ほぼ満席のバスは定刻のAM2時に出発。

約19時間のバスの旅。リスボン、中でも行ってみたかった国の一つなので楽しみや。
スポンサーサイト

フランスへ!ブリュージュ~パリ~レンヌ~モンサンミッシェル~ボルドー

2012年05月17日 08:42


起きるとおかんがすでに用意をほぼ完了させていた。
時計を見ると5時。。。まだ30分寝れると思い2度寝。

パッキングをさささと終わらし、駅へ。
ブリュージュ発のタリスに乗って、パリ北駅へ。

ところが、、駅の電光掲示板を見ると、その列車が赤い文字で
何やら書いてある。。。近くに居たおじさんに聞いてみると、
No more trainだよ~、これに乗るのかい?と教えてくれた。。。

えっ!?どういうこと!?

とりあえず、駅員に聞いてみた。
すると、ブリュージュからのタリスはキャンセルになったからとりあえずブリュッセルまで行って。
そうすれば同じ便に乗れるから。ということだったので、安心。ICでブリュッセルへ。
てか、理由はなんなんか聞いてないな。

ブリュッセル着後、他のホームにタリスが止まっていたので一安心。
そのプラットホームに行ってみると、目の前の列車がゆっくりと出発しはじめた。。。

えっ!?どういうこと!?

またまた車掌に聞いてみると、、、oh, take next train, eight fifteen.
という事だったので、よくわからんが一安心。

最終的にこの8:15発の列車に乗る事ができた。
案の定、チケットに記載されている座席ナンバーに行ってみるとすでに誰かが座っていたので空いている席に座ってみた。全くもって問題なし。車掌も何にもいってこなかったw それにしても車窓から見える景色。きれいだった~!

blog2DSC_5223.jpg


9時にパリ北駅に到着する予定が1時間遅れて到着。

やっぱりパリの駅っていうのは雰囲気が良くない。
もちろん普通の会社員や学生っぽいひとが普通に歩いているけどなんだか
少し危険な雰囲気。。。まず地下鉄のチケットを買う事に。

すると15歳くらいの女の子がサインだけもらえませんか??
と声をかけて来た。なんのサインや?と思い、手に持っていたiphoneをズボンのポケットに入れ、話を聞いてあげようとすると、一瞬だったけどそのiphoneに視線を感じた。。すると少女はサイン用のA4の紙をちょうどわしの腰の高さに広げ、そのしたから手をポケットの方にのばして来た。。

こやつ、、、こしゃくすぎる。。すかざず手がポケットに届く前に自分の手をポケットに突っ込み、回避成功。。
なめんなよ~~!って感じだった。。だてに旅行してませんよ~って。

たった一瞬の出来事だったにも関わらず、ちょっと気も引き締まり、
地下鉄のチケットを買いに行く事に。

ちょっと迷っているとアラブ系の人が親切にこっちでチケットを買えるよ!どこにいきたいんだい?
と聞いて来た。アラブ人は基本的に親切だと思っているものの、さっきの出来事で信用ならなかったので、疑い半分チケットの購入方法を教えてもらった。すると、モンパルナスというそんなに離れてないところなのに、ZONE3か4をセレクトして、切符2枚で20EURもするとチケット自動販売機をみせながら言って来た。

アホか。。。。そんなに地下鉄が高い分けないやろ。。。

幸いお札が入らない自動販売機だったので、小銭ないからちょっとカウンターで
買うよといって、カウンターを探す事にした。すると兄ちゃん、チケットを2枚渡そうとして来た。
多分、それを渡して、10EURで良いよとかいって小銭を稼ぐ輩なんだろう。。
でもそんなん、初めての海外とかだったら引っかかるかもしれん。
パリについて立て続けに2回も騙そうとする奴らに会うと疲れるw 

結局カウンターはすぐ近くにあり、チケットは2枚で5EURもしなかった。。

とにかく無事、モンパルナス駅に到着。
そして先月パリに移って来た小中学校の同級生の友達と何年ぶりかに再会する事に!
殆ど時間がなかったのが残念!

7番出口に居るという事だったので行ってみると、いた!w
一体どれくらいぶりに会うのかも不明だったけど、再会というものは良いもんや!
近くのレストランで軽い食事をして、結局たった1時間だったけど無事再会できた。

そこから駅に向かいTGVでレンヌへ。
レンヌへは約2時間と少し。車窓から見える菜の花畑の風景はきれい!
ベルギーと比べるとすこしあったかい。

あいにく、レンヌ駅には鞄を預けるロッカーがないそうで、預けてレンヌの町を少しプラプラしたかったのにできない。。。こういうときは近くのホテルに少しお金払うからおかせてと頼むとできる事があるので、駅前のホテルを2軒あたった見た。すると直ぐ駅前の、名前が不確かだけどFROLAみたいな名前(赤い看板でオープンカフェがあるところ)のホテルが5EURで預かってくれた。

荷物を置いてバスの出る時間までレンヌを散歩してみた。
ベルギーとはまた町の雰囲気が全然違う。
特に見所はなさそうだけれど町の雰囲気は結構いい感じだった。

blog2DSC_5229.jpg


約1時間少し歩いた後、バス停へ戻る。
フランス語でバスターミナルはガレ・ルティエールw

西アフリカを思い出してしょうがない。必死でウエラガレルティエール?!って言ってたのを思い出す。。w ここのバス停のおばちゃんは英語が
あんまりしゃべれなさそうだったので、西アフリカで覚えた少しのフランス語をスーパー久しぶりに使った。オジョルデュイ、アヴェヴ~~、メルシービアン。
アーーーナツカシーーーw

レンヌからモンサンミッシェルに行くバスの頻度の少ない事。一日4便出そうな。
バスのチケットも列車のチケットと一緒に買える。ちなみにヨーロッパの列車のチケットはレールヨーロッパというサイトですべて事前購入。2ヶ月くらい前に買ったため、値段がかなり安かった!

レンヌのバス乗り場は北口を出て右側。
レンヌ~モンサンミッシェルはバスで1時間20分程。バスは至って普通のバス。

blog2DSC_5249.jpg


モンサンミッシェル近くのHOTEL VERTの目の前でバスが停車。
レンヌ行きもここから出る。そこから歩いてホテルへ。

本日の宿:Hotel Relais Saint Michel
久々の良いホテル。この界隈では一番良いホテル?!お値段も1部屋200EUR少々。
朝食はなし、食べると21EURもする。。。
部屋からモンサンミッシェルが見える。バスとトイレも別の場所、シャンプー石けんあり。バルコニーからはきれいにモンサンミッシェルが見れる。ミニバーも。ポットはなかった。Free wifi。TV、電話。タオル。しかし中国人と日本人しか見なかった。。。

blog2DSC_5251.jpg

blog2DSC_5299.jpg


まだ6時過ぎだったので周辺を散策。
スーパーもある。ってか仕事していたときによく世話になったモンサンミッシェル界隈のホテル。
実際見てると笑えてくる。。あ~~このホテル!!よくクレームきたな~とか思い出したw 
でも実際見てみると、別に至って普通のホテルだと思った。中までは見てないから何とも言えないけど。

意味も無くホテル外観の写真を撮りまくり、夕食はホテルで食べる事にした。なんてリッチな一日。
ホテルの夕食はまぁ、それなりに高い。ので、スパゲッティと赤ワインにした。
メニューの中では比較的安かった。レストランからはモンサンミッシェルもきれいに見える。

blog2DSC_5283.jpg


blog2DSC_5275.jpg


ただこの時期日没が21:30。レストランは基本的に21時までなので、夕食を食べながらライトアップされたモンサンミッシェルはみえまへん。22頃までは空いてたけど。

飯を食って対岸まで言ってみる事にしたものの、雨と強風でめちゃくちゃ寒い!歩いて行くのはちょっときつそうだったので、無料のシャトルバスに乗る事に。シャトルバスはなんと夜中の1時まで運行している。このバスどういう訳か運転席が前方と後方にあり、、、Uターンする必要がないw

blog2DSC_5254.jpg


対岸に行って、モンサンミッシェルを近くで見るとやっぱり美しい!!

blog2DSC_5291.jpg


ホテルから見ても充分きれいだったけど、近くで見た方がいいわ、こりゃ。
23時くらいだったけど、島内部にもちょっとだけ入ってみた。もちろん何にもやっておらず、、、特に何にも無かったので、写真を撮ってホテルへ戻った。

翌朝、ホテルのチェックアウトが12時だったけど、バスが14時だったのでそれまでぶらつくため、9時にチェックアウトしてフロントに荷物を預けた。
しかし、、、あいにくの雨。。

傘をさしながら修道院内部へ。9EUR。
20分程階段をゆっくりと登りようやく修道院到着。こりゃ足の悪い人や
車椅子の人は行けない訳だ。。。

内部の様子は外観の感動と比べると、いたって普通の修道院。

blog2DSC_5330.jpg


そして大量の日本人グループと中国人グループw 
ウェッディングドレスを着た日本人新郎新婦まで!!
婚姻届けを出せる的なイベントのパンフレットも修道院においてあったw 
約1時間程修道院に滞在して、名物のオムレツを食べるべくメールプラールというレストランへ。

島内の通りはせまい。
blog2DSC_5348.jpg


11:45分にオープンするこのレストラン。
元祖モンサンミッシェルオムレツ屋でとても有名。
行ってみると2階へ通された。でも客がゼロ!えっ?
メニューを見ると25EURでオムレツとデザートがついてる物があったので

"これにします" 
とウェイターに言うと、、、

"これはロブスターの量によって値段が変わりますが、何グラムに致しましょうか?"
と聞き返して来た。よくよく見るとロブスター100gで25EURという事らしい。
そんなものは100gでいいので、

"100gのものを2人前で"
と言ってみた。するとすこし困った表情をして、、、、

"最小300gからです、如何致しましょうか?"
と返答。。。

えっ~!300gも食べたら75EURもするやんけ!!
という事で、無理。断念する事に、、、店をでた。ランチで75EURて!
結局ここの一番安いオムレツの入ったメニューは45EURだった。それでも高い!オムレツに45EURは残念ながら払えませ~~~んw

レストランは高いだけあって、きれいなレストランだったw

blog2DSC_5400.jpg


外に出てみると快晴!やった!これで青空バックの写真が撮れる~~。

blog2DSC_5376.jpg

でも工事中。。。少し興ざめw

blog2DSC_5411.jpg


写真を撮った後、ホテル近くに戻り、別のレストランで仕切り直し。
入ったのはRelais du roy。2コースのモンサンミッシェルオムレツとラムの串焼きとポテトで14EURだったので、まぁまぁ。おかんがそれを頼み、わしは19ユーロの3コースのメニューを注文。

洒落たサラダが出て来た。カマンベールチーズのグリーンサラダ。。うまい!

blog2DSC_5416.jpg


そして、もちろんオムレツを注文!!!

で、出て来たのが~~~~~~~~~、、、。

blog2DSC_5417.jpg


普通のオムレツ!!!!!!!!くぅ~~~~!!!!


ナンデヤネン~~~!!


そういう訳で、本物のモンサンミッシェルオムレツを食べる事ができなかった。
地元の朝日ビアケラーで、モンサンミッシェルオムレツってのがメニューにあるから、帰ったら食べようと決意した。それでいい。

しかし腹一杯。こんなに食えん。
ヨーロッパにきて完食した記憶がない。。。
そばやうどんが懐かしい。あ~、そば。あののどごしと食感がいとこいし。

その後、14:20発のバスでレンヌへ向かい、パリへ。
パリ到着は18時過ぎ。1時間少し時間があったので少し歩いた。
ちなみにモンパルナス駅にはコインロッカーがある。でもちょっと高かった!
一番大きなサイズの物で24時間9.5EUR。

モンパルナス駅周辺にはこれといって見る物も無く、ギャラリーラファイエットというデパートも普通のデパートで特にそそられず。近く似合ったスーパーで
社内で食べるチャーハンを購入。あっためてくれた。

散策終了。ちょっとロッカーに荷物を預けるまでもなかったかな~と思いつつ
ボルドー行きのTGVに乗り込んだ。約4時間のTGV。
アフリカでは最大40時間バスに乗り続けたこともあるのに、このTGVでの4時間は
めっちゃ長く感じた。。こんなに速いスピードで走ってるのに4時間も~?みたいな感覚のせい??そりゃ、パリからボルドーなんてめっちゃ遠い!!長距離バスの方が気持ちが楽やったな~不思議とw

結局ボルドーに到着したのは23:50分。


本日の宿:Teneo Appart hotel

一泊一室5500円。
ボルドーサンジャン駅から徒歩で焼く5分。アパートタイプのホテル。
キッチン(電気のコンロ)、電子レンジ、冷蔵庫、食器、フライパン、鍋などがあるので自炊可能。
泊まった部屋はダブルベッドが一つとシングルベッドが二つあった。ここに住んでる人もいるくさい。
TV,エアコン、トイレシャワー(シャンプー石けんあり)。
不便なのはPM7時になるとフロントが閉まり、それ以降のCheck-inは外にある自動チェックイン機で名前を入力すると鍵が出てくる。正面入り口の右側にそのマシーンがある。
Wifiは有料。3時間3EURのカードを買う必要あり。

blog2DSC_5418.jpg

blog2DSC_5419.jpg


ここで3泊。といっても明日と明後日しか時間がないので
ボルドーをぶらぶら。ルルドにもいってみようかな~~!


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。