--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっかくなんで一泊だけ。ブラチスラバ。ザコパネ〜ブラチスラバ -

2012年07月23日 20:38


                              23:14,7/22、ウィーン、オーストリア


ポーランドのザコパネからバスに乗ってスロヴァキアのポプラードへ。
バスの中でスウェーデン人のおじさんと知り合ったのでバスでめずらしくずっとしゃべってた。

最近、自分が会話をするのがへたくそだということに気付いたw
へたくそなのかどうかわからんが、とにかく外人同士で話しているのを見るとまるで
わき水のごとくぽんぽんぽんぽん新しい会話が生まれ、おぬしたち一体どんだけしゃべんねん!
と思う事が多々あったため、極力マンツーマンで話す機会があるときは"会話を作る"事を試そうと思っていたので
ちょうど良かった。スウェーデン人のリチャードは英語の教師らしくとても丁寧な英語なので
わかりやすいのもあったし、おっさんだったため話のテンポもちょうどよかった。そして旅好き。

ポプラードの駅に到着後、やっぱり雰囲気がよろしくない。
目の前に久々のジプシーの集団。ひさしぶりやな~!おっす~!w

特に何をしてくる訳でもないけどやっぱりちょっと切り替えようと思い用心レベルを引き上げた。

リチャードはこのままとりあえずルーマニア方面を目指して列車に乗るというので
わしもブラチスラバ行きの列車のチケットを購入しに行く事にした。

さて。

バスの中でも2人で、スロヴァキアって通貨何?コルナだよな~?といって
完全に頭ではスロヴァキアの通貨はコルナ!という風に思い込んでいた。

そして駅でコルナに両替をするため両替やを探すもののなかなかなく、
結局わしが先にATMでおろすよ!という事になった。で、ATMにカードを入れてみると
何故か表示される通貨はユーロ。

"リチャード!このATM、どういう訳かユーロしかおろせないよ。"というと
おかしいな~~~。とりあえず列車の時間でも見に行くか。と行って来たので駅構内へ。

するとそこで両替屋を発見。

しかしそのレートの一覧に何故かユーロの表示が無い。。。

"リチャード!この両替屋、ユーロ対コルナのレートが書いてないよ!絶対ぼったくる気だ!
最悪のレートでユーロとコルナを両替する気だぜ!"

するとリチャードもうむうむとうなずき止めときなと言う。

まぁ、チケットはカードで払ってブラチスラバで両替するよ!ということにして
チケットを買う事に。チケット売り場で、ブラチスラバ行きのチケットはいくらですか?と聞くと、、、

"16ユーロです。"という。

"あぁなんだユーロで払えるんですか?"

"は、はい。どういうことですか?"

"えっ、だってスロヴァキアはコルナですよね?"

"いや、4年前からユーロを導入してますよ。"

え~!!!!!!!

そうなん!!!!
ちょっとリチャード、おまえさんヨーロッパ人でしょう!!

ワタシモシラナカッタヨ~~~~~!!

という話。個人的には楽しいスウェーデン人とのひと時でした。思い込みって本当に怖いですね。


なんだか長い前置きになりましたが、そういう訳でブラチスラバへ無事向かい、約4時間後、到着。
列車は想像以上にヨーロッパレベルで快適。

blog2DSC_0313.jpg


ブラチスラバ駅到着後、一杯コーヒーを飲んでホステルまで歩いた。2km程。

本日の宿:ART HOSTEL TAURUS
高い。ブラチスラバのホステルはみんな高くここも約16ユーロ。
でも部屋めっちゃきれいで2段ベッドじゃない!
FREE WIFI、朝食付き、キッチンあり、オシャレ。ブラチスラバ城のすぐそばで、旧市街中心部までは
歩いて焼く7、8分程度。コンビニがすぐ近くにある。
部屋の名前がロックとかブルースとか音楽ジャンルだった。

blog2DSC_0314.jpg

blog2DSC_0316.jpg

blog2DSC_0317.jpg


部屋に案内されると早速日本人の女性がいた。
一段落して、話してみると同じ年。こりゃ奇遇ですなという事で一緒に
スタッフが進めてくれた飯やで一杯。写真は撮ってないけど、スロヴァキアフードは結構旨味でした。

翌日、昨日ご飯を一緒に食べたなつきちゃんも今日スロヴァキアを観光した後ブダペストに行くとの事だったので
午前中一緒にブラチスラバ城や旧市街などをまわった。

とはいうものの、ブラチスラヴァ。至って普通のヨーロッパの都市。
そこまで特徴がある訳でもなかった。なので今回のブログは簡単にw

ブラチスラバ城。マリアテレジアの居城だったそうな。

blog2DSC_0318.jpg

教会。トリニティー教会だったような。。

blog2DSC_0321.jpg


しいていうなら町中に変な銅像が変なポーズであるのが有名なんじゃなかろうか。これ。
観光客も写真を撮りまくっていたので間違いない。

blog2DSC_0327.jpg


有名な銅像"マンホール作業中おじさん"の奥にいるのはマンホール作業中おじさんのまねをしているおじさん。
あまり人々にペイアテンションできてなかったように見えたのはわたしだけでございましょうか。

blog2DSC_0339.jpg


旧市街の広場でコーヒーを飲んでいると、明らかに、明らかに観光客を装った超怪しい二人組を発見。
絶対この人たち、スリや!ってすぐわかった。だって団体旅行者のすぐ後ろで、旧市街の風景を見る事なく
団体旅行者のバックばっかりみてた。スルぞスルぞ~~~ってちょっとドキドキしながらみていると、
一人をロックオンしたようで、左手で外国人観光客がしょっているバッグのチャックを開けながら、
右手に黒いノートでその手をかくし犯行!しかも周りに人いっぱいいる中で。信じられん。

するととなりにいた同じグループのおばさんが、あんたなにやってんのよ!といって事なきを得た模様。
めっちゃ凝視してやった。するとまた別の場所で発見したので写真をとっておいた。

このハットにジーンズの女と左の黄色いおばちゃんの奥の白いキャップの女。
人様のものを堂々と盗ろうとするなんて、貧しいんかなんだかしらんがまだ若いんだから働けっ!と思った。

blog2DSC_0343.jpg


今日も幸い天気が良く、ブラチスラバの街を約3時間少々歩き宿に戻った。

中央広場。

blog2DSC_0344.jpg


ホステル近くからトラムに乗ってブラチスラバ駅へ。
15時頃、オーストリアの首都ウィーンへ向かう事にした。
列車だと所要1時間、11ユーロ。たった1時間で別の国に行けるのは気楽なもんだ。
一緒にいたなつきちゃんも同じような時間の列車だったので一緒に駅へ。彼女は1ヶ月程ヨーロッパを
旅行して、また10月から世界一周を開始するらしい。是非是非楽しんで来てほしいものです。


個人的にウィーンには何故かわからんが憧れと期待が大きかったので楽しみだ。
ウィーンには3泊。物価が高いのは承知しておる。
かかって来なさい、安い中華とカウチサーフィンで乗り越えてやる( :
スポンサーサイト


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。