--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなトラブルたて続く。こらっクスコ!

2011年06月03日 13:17

                          6/210:53 クスコ、ペルー

(今回はぼやき・怒りのブログなので、写真はございませぬ。あしからず(笑)

本来プーノ行きのバスのなかのはずが、、、、またゲストハウスに舞い戻ってきた。
最近どうもうまくいかないー。。

といいますのも昨日、マチュピチュツアーを申し込んだ旅行代理店でボリビアへのバスと途中の
チチカカ湖観光のツアーを申し込んだ。

6/2 10:30発のバスに乗る予定で、9:30にゲストハウスまでピックアップをしてくれると
その旅行代理店のルイスというマリオ似のおじさんが言ってくれたのだが、、、、

ん~~~なかなかこない。
ゲストハウスのスタッフに聞いてみると、すぐに電話をしてくれた。

電話の後、ちょっとしたら来るよという事で安心したのだが、、、、
来たには来た、たしかにルイスはぜーぜーいいながら大急ぎできた。

が、、、、、もはや泥酔でふらふら!!(怒)
最初はおいおい、どうしたんやルイス!ペルー人やのに高山病か!?と
思うほどぜーぜー。酔っぱらいながらも"VAMOS! VAMOS! (よし行こう!)"
といっちょまえ。一応酔っぱらっている人なので、何を言い出すか解らないので
丁寧に扱い、なんとかタクシーに乗れた。

助手席にすわったルイスはぶつぶつぶつぶつと
酔っぱらい特有のぼやき。バスのチケットはなく、旅行代理店でもらった
レシートがあるので、ルイスがバスターミナルで話してくれるのかなと思っていたら。。。
急に、バスターミナル手前で行われていた野外パーティー会場へ無言で行き始めた。。

おいっ!なんや?!どうしたんや?!と思いながらも
とりあえずバスターミナル到着。。。

バス会社がわからん。。。
とりあえず片っ端からきいてみたけれども、、、そりゃ旅行代理店で
もらったレシートじゃ乗せてくれる訳もなく。

また、タクシーでゲストハウスに舞い戻ってきた。
一体何故ルイスは泥酔状態にも関わらず迎えにきたのか?!
一体何故ルイスは途中で野外パーティへ行ったのか?!

全く謎。。。ちーんです、ちーーーーーーん。ぽぽぽぽーーーんです。

Then, what should I do ??

とりあえず、明日旅行代理店に言って、返金してもらおう。
アルマス広場にある旅行代理店。まわりにはツーリストポリスもいっぱい。
最悪なんとかなるでしょう。

ついでにぼやきます。

クレジットカードの海外キャッシング限度額も超え、お金もおろせず
トラベラーズチェックを換金。これもついてない。

韓国人の友達も、ペルー人の大学生のバースデーパーティーに呼ばれていったら
鞄をナイフできられ見事にiPhone4だけうばわれる。これもついてない。

市場で財布を抜き取られる話も聞いたばかり。これもついてない。

ボリビアのデスロードと呼ばれる峠を一気にマウンテンバイクで下るツアーに
参加した日本人女性が転落して亡くなった話もきいた。これもなんだかついてない。

こんなこともあるのはわかるが、いろいろ同時多発でちょっと参ってます。
どうかこの先しばらくは何も起こりませんように。。

アーメン。


スポンサーサイト

Long way to the Machu Picchu.....

2011年06月02日 05:55

                                   6/1 12:46 クスコ、ペルー

気づけば6月。
もう日本は梅雨突入してるのでしょうか?まだはやいか。。こちらはめちゃめちゃ
乾期で、相変わらずの乾燥具合。たまらん。そして寒い。旅にでて45日くらいたってるけど
日本をはなれてる感じがしないのは、気圧のせい?

さて!晴れて、念願のマチュピチュを見学!めでたい。行きたかったところに
実際に行けるってのは嬉しい。ピラミッドも、アフリカの動物も、そのうち見れると思うと
わくわくしますなぁ。

そして、マチュピチュの感想はというと、疲れたぶんだけアメージング!!
3泊4日かけて、マチュピチュまでの約80km(たぶん)の道のりを
トレッキングしていくというツアーに参加していってきた。これがまた、ほんとに歩きっぱなし。

<日程>

Day 1 : バスである山の山頂へ。その後、マウンテンバイクで麓までおりる。
そこからまた歩いて、宿泊の街へ。

Day2 : ひたすら歩く。

Day3 : ひたすら歩く。マチュピチュ村(遺跡の麓の村)に到着

Dat4 : 朝3時からマチュピチュ山を登る(すべて階段)、バスもある。その先にマチュピチュ。

では、ツアー開始。

クスコからバスにのって、とりあえず山の山頂でおろされ、その後
自転車に乗り換えて、約2時間ほど、山を下りっぱなし!疲れはない。



だいたい4000mの高さから2500mくらいまで下る。
途中の景色もめっちゃきれい!こういう景色が多くて、なんだか普通になってくる。

blogDSC_1331.jpg

さて、マウンテンバイクタイムが終わると、ここから歩きっぱなし。
途中で宿泊がもちろんあるけど、こんな感じで歩き始め、、、、。

blogDSC_1341.jpg

途中の休憩小屋で、インカ流の虫除け対策を受け、(写真はあえてピッコロ風に加工)

blogDSC_1343.jpg

インカ時代の衣装まで着させてもらってからの~~

blogDSC_1350.jpg

この表情!!
どんな至福の時をすごしてるんだこの動物。
何にしても、こんなに楽しい休憩は初めて。

blogDSC_1355.jpg

そしてまた歩く。

blogDSC_1362.jpg

疲れたらハンモックで寝る。

blogDSC_1379.jpg

そしてまた歩き出す。

blogDSC_1390.jpg

あぁ、水がもうない。。。
そんなときに現れたおばちゃん。
といっても、村なんかどこにもないものすごい山奥。一日稼ぎはどれくらいなんだろうね。

blogDSC_1395.jpg

まだまだ歩く。渡る。

blogDSC_1396.jpg

さすがに疲れるけど歩く。石ころの上は歩き辛い。

blogDSC_1402.jpg

そして極めつけの河渡り!
もりだくさん感でるでしょ~こんなんまであったら(笑)

[広告] VPS



川の横に温泉も。
なんとまぁ贅沢。ビールも売ってる。

blogDSC_1423.jpg

ちっちゃい村にとまったので、宿もこんな感じ。
まぁ、別に風呂も入らないから不自由なし。

blogDSC_1428.jpg

村の子供と遊んだりして、

blogDSC_1443.jpg

歩き続けた。すると目の前にマチュピチュ山!!!
山頂のちょうど反対側に遺跡があるんだとか。

blogDSC_1459.jpg

あともう少し。

blogDSC_1464.jpg

3日目の夜、すでにもう足も疲れてすぐ寝た。
夜中の3時、まだ外は真っ暗。
ホテルを出発して、5時にしか開かない橋のガードマンが
チップくれたらあけてやると言い出すので、150円ほど払いあけてもらい、
ヘッドライトを頼りにひたすら階段を上る事1時間。

4時54分、ようやくマチュピチュのエントランスに到着。
開門は6時。それまで談話して、ようやく!!!

到着!!!!

blogDSC_1522.jpg

別に電車や車で1泊2日でいけるんですけど・・・・
こっちのほうがお値段的にもお得だったので・・・
参加してみました。ツアーの仲間もいい人で、天気にも恵まれ最高のマチュピチュ観光でした。

はぁ、でもしばらくトレッキングはお預け。
そろそろボリビアへ行かねば。



おすすめツアー!コルカ渓谷fromアレキパ!

2011年05月28日 00:45

                                      5/27 10:06, クスコ、ペルー

現在クスコのホスタル。
標高は約3500m、高い。残念ながら階段なんかは苦しい。虚弱。

さてさて、前回更新の時に行くと言っていたコルカ渓谷。
ゲストハウスでツアーを申し込んで参加してきた。
ツアー代金は60ソレス(\1800)で、ガイド+送迎+ホテル+朝食付き。
参加メンバー↓(アルゼンチン人、ブラジル人、ドイツ人、ペルー人、日本人)
まーとにかく楽しいツアーだった!!超充実。



なんともうまく説明できないけど、ツアーの目的は落差が1000mほどの
渓谷を見に行ったり、コンドルを見たりするもので、
何が楽しいって、景色が最高!という訳で、今回も写真メインで。。

バスが走る事2時間、標高もスタート地点の2500mからどんどんあがって3500mくらい。
アルパカがいるのでちょろっととまったところの景色。空が綺麗。(アルパカは後ほど登場)



そして続く一直線の道。



このツアーの最高高度は4900m。
時計の高度計もばっちり示してた。
1名高山病でたおれてたけど、わしはそんなに変化なし。でも4900mて。。。。
人生で最高地点だし、ちょっとびびるさそりゃ。



でも平気でお土産や開店中。
タフなペルー人。彩り鮮やかなペルーの雑貨からの~



ダイナマイトインカ帝国~!!(アルパカの帽子を購入)



そして、ペルーならではの動物。
アルパカ、お目見え。愛くるしさは動物界でナンバー1でしょう~。



こんな感じで、途中途中止まりながらチバイという
小さな街で一泊。翌朝は朝の5時におこされて、コンドル見学へ。
コンドルは、この付近のコンドル展望台という所がありそこから見学。
といっても、約45匹しか生息してないらしい。

展望台につき、参加者のブラジル人、楽しそうに"コンドルおったよ~~Si! SI!"



陽気なブラジル人のコンドル指サック。
とまぁ、本物のコンドルもめっちゃ飛んでた。まさにコンドルは飛んでいく、飛んでくる。



コンドルウォッチングを堪能したあとは、また絶景の渓谷view pointに立ち寄りながら
アレキパの街へ戻る。目の前の景色は、もうでかすぎてきれいすぎて、、、最高。マチュピチュを
見る前に、既にペルーファン。飯も最高、人も最高、是非ペルーにいってみましょう。



その後、アレキパ着後、そのまま夜行バスでマチュピチュ観光基点の街クスコへ。
Motocroxみたいなバス会社で50ソレス、20:30発、06:00着。そこそこ快適、飯付き。
あっというまにクスコに到着。
バスターミナルで、ホステルの客引きが声をかけてきたので、そこのホステルにチェックイン!
ホステルも1人20ソレスと、お安い。

さて早速明日から、念願の3泊4日のマチュピチュツアー!
途中、数時間マウンテンバイクで走ったり、ハイキングしたりして、3日かけてマチュピチュへ。
ん~、こりゃ楽しみ。ここ1、2週間、アクティブな旅行になりそう。

ホスタルから見えるクスコの町並みにも、、、感動。



アディオス。




タウンレポート ~アレキパ~

2011年05月23日 11:00

                                   5/22 20:50, アレキパ、ペルー

寒い!リマより全然寒いこのアレキパという街。
リマの標高は100m程度だったけど、また2300mくらいにあがってきたため?
こりゃ夜冷えそうだ。。

さて、リマからバスに乗る事15時間、目的地アレキパに到着。
ペルー第2の都市というだけあって、活気もありそう。
アレキパまでつれてきてくれたバスはこんな感じ。2階建てで、最高だった!

Bus LIM-AREQUIPA

とりあえずタクシーで中心部へ(5ソレス)
ガイドブックに乗ってるところに行こうと思ったけど、タクシーの運ちゃんが
すすめてきたホステルをみたら別に悪くなかったのでそこにチェックイン!(1泊一人20ソレス、約¥600)
その後早速世界歩き。アレキパ編。

リマとはうってかわって、、、街が美しい~~。
これはもう、スペインだ。セビリアあたりの雰囲気ににてる。

街の中心、アルマス広場の大聖堂もこんな感じ。イメージのペルーと全然違うでしょ?

cathedral, Arequipa

路地を歩いても、こんなにきれいな通りがある。まっ、ここも世界遺産だから
街の整備には力をいれてるのでしょう。クスコに行く前にこの街に立ち寄りたかったのは
街から綺麗に山が見れると聞いたから何です。しかも6000m級!

street 1 Arequipa

というわけで、記念撮影。みえるでしょ~後ろに綺麗な山が!
今からこっちは乾期に突入のため、晴天が続きそう。
しかも、こっちの乾期。とてつもなく乾燥するらしく、石けんなんかで体を
あらおうもんあら、パッキパキになるんやとさ。まぁ、汗もでないので
4、5日は余裕で風呂に入らなくても良さげ(笑)

guesthouse Arequipa 2

こんな感じで綺麗に山アップ!!
6000mですよーー!チャチャニ山というらしい。

view from guesthouse Arequipa

とりあえず、アレキパには2泊して、コルカ渓谷というグランドキャニオンよりも深い渓谷が
近くにあるので、1泊2日であさって行ってみようと計画中。

旅に寄り道はつきもの。
人生も同じ。立ち寄りましょう、気になるところは。

ついに南アメリカ!ペルー

2011年05月22日 09:46

                              5/21,18:19 リマ~アレキパ移動中、ペルー

現在バスで、ペルーの首都リマから約1000kmはなれているアレキパという街へ移動中。
なんとこのバス、見ためもかなりラグジュアリー仕様、バスも3列シート、革張り、極めつけはWIFI完備でインターネットができるのですっ!!しかも、夕食付き、あげくの果てにビンゴゲームまで!!(商品:アレキバ~リマのチケット)車掌は簡単な日本語を話す。多分世界最高クラスのバス。。
まさかそんなバスがペルーにあるとは。。。130ソレス、約4000円。ちょいと高い)

さてさて、グアテマラを後にしたのは5/19。
主にスペイン語学校にかよって過ごしたアンティグアでは
いろいろとあったけども・・・無事朝方危険地帯グアテマラシティの
空港へ。(アンティグア~グアテマラ空港 約60Q、1時間程度)

ランチがたったの20ケツァール(約200円)のMIXTADEFRITASというお店が
忘れられない。。3コースで、20ケツァール。。。

治安が悪い街の空港だけにどんなもんかとおもったけど、、、、
めっちゃ綺麗やんか。



08:00発のTACA航空、コスタリカ経由でリマへ。
(6時間ほどのリマへ、6万円くらいした。)

しかし、グアテマラ。
日本で情報収集してるときはなんとも不安な事があったけれど、
とても良いお国でした。中南米はフルーツが美味しい。
グアテマラも観光要素満載なので、是非また来たいものです。グラシアス。

そんなこんなで15時半、あっという間にリマへ到着。
とりあえず日本人の方がやってるゲストハウスに電話して、部屋も空いてるそうなのでタクシーで向かいます。本日のお泊まりは、リマ中心部からタクシーで10分程度の
ペンション江田イン。なんとも愛くるしい愛犬のペコちゃんとともに。(友人某くずまき君の元愛犬、故ロンちゃんにそっくり。)



おっ!タクシーでゲストハウスに向かう途中、海が見えた。
南アメリカ大陸の橋。そう考えるとなんだか感動してしまう。



~リマ~

ペルーの首都、あんまりたいした街じゃないんだろうなとおもってましたが、
大都会!!メキシコやグアテマラなんかよりもずっと洗練されてる。
アルパカとインカ系のイメージしかなかったけどこりゃ大間違い。
5/20の丸一日をリマ観光に。旧市街と新市街以外は特に何も見るところが
なさそうなので、リマには2泊のみ。時間の限り、たっぷりリマを楽しめた。

<旧市街、ラ・ウニオン通り>



<新市街、ラルゴ・マール(ショッピングセンター)>



このショッピングセンター内にTATOOというアウトドアショップを
発見!アメリカでめちゃめちゃさがしまわったKEENやMERELLの靴が
どっさり!ハワイであんなにあちこし探したのがアホみたい。。。
しかも寝袋も約8000円で850gの軽量なものが売ってる。
とりあえず!!寝袋は今後のために購入しました。この店、コロンビア、エクアドル、ボリビア、チリでも展開中なので、もしよろしければお立ち寄りくださいませ。ノースフェイスやコロンビアのお店もあったので、アウトドア商品をお探しの際はぜひ。



ショッピングサンターから何やら怪しげな建物発見!
南アメリカ大陸から一本髭のように海へ張り出すその姿。
波があらいのになんでこんなとこにレストランをつくったのか。。。恐ろしい。



とまぁ、リマではこんな位しか動いてません。後は宿のおかみさんが
おもしろいので、おしゃべりしてました。朝ご飯付きで、朝になると
近くの市場で朝ご飯をごちそうしてくれたし、色々と親切に教えてくれました。
中南米の日本人宿はみな親切な事!ありがたやありがたや。

<宿のみんなと食べにいった今日の朝ご飯。ポテトサラダ、味も最高!>



という訳でバスは15時間後、目的地アレキパに到着予定。
南米は、、、この旅がおわってもまた来る気がする。










Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。