--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャのおまけ。 パロス島〜アテネ・ピレウス港〜アルバニア国境

2012年08月28日 05:50

                                22:23,8/27、ティラナ、アルバニア

サントリーニを8/25の午後3時に出発したフェリーは午後7時頃、アテネ行きフェリー乗り換えのため
パロス島に到着。でもこのサントリーニから乗って来た船自体、アテネ行き出そう。
黙って乗っててやろうかとも思ったけど、、一応満席という理由で乗り換えが必要になったので、降りた。
でも絶対乗っててもな〜〜んも言われへんかったと思う。

まぁでもパロス島も見れるという事で、上陸!
せっかくのギリシャ、サントリーニ以外も見ておきたい。

パロス島の港近くにはLEFT LUGGAGE(有人ロッカー)が複数あったので荷物を預けた。
時間制限は無く、一律2ユーロ。24時間営業。

荷物も預けたので、街歩き。次のフェリーは夜中の2時。なんと7時間もある。

地図などは無かったが見た所、小さい模様。
港近くがすでに街で、街の少し奥を歩くと、まぁ素敵。街が白い!
サントリーニよりももっとこじんまりとしていた。

blog3DSC_3193.jpg

時間も遅かったせいか、観光客はそこまでおらず。
地元のおばあちゃんもなんだかのんびり。

blog3DSC_3232.jpg


白壁に青い窓枠。
何でも無いただの窓枠だけど、色合いのせいで気になってしまう。
写真を撮っていると、、、気張る音が聞こえて来た。。。どうやら中はトイレらしい。。。失礼。

blog3DSC_3236.jpg

街はかなり小さいご様子。少し入り組んでおり、歩いているのは楽しかった。
ただ小さいので、あっという間に最初の地点に戻ってしまった。

見つけた3色のドアが続く小さな通り。

blog3DSC_3240.jpg

トンネル奥からおばぁ〜ちゃんあらわる!!

blog3DSC_3242.jpg


数枚の写真を撮った。でもどう時間をつぶそうか。。。
とりあえず飯だ!サントリーニでも魚を食べていないので魚を食べると決意。
港近くでメニューを見ていると、客引きのおっちゃんがいたので
魚が食いたいんだ、でも予算は頑張っても10ユーロ!(現在アルバニア、ここの物価、ご飯が2ユーロで
食べられた。。。今考えると予算10ユーロてもはや豪遊の域やなと思ってしまう。。)

そしてなんだかわからんが干物のグリルが7ユーロだからそれにしなさい!
というので、言われるがままに注文。

そしてでてきたのはなんと、サバの干物のグリル!!

blog3DSC_3245.jpg


醤油かけて〜〜〜!!!!!
と思わず発狂しそうになったが、一口パクッ。
干物だ〜〜〜!!アミノ酸たっぷりなお味でとても美味しく頂いた。

さて、その後は見つけたfree wifiのあるport cafeという場所で約4時間程、閉店まで居座った。
そこのおっちゃんも良い人で、そろそろ閉店するけど、ここに座って待ってていいからな!
トイレは大丈夫か?掃除する前に行っておくか?などなど優しく声をかけてくれた。
これはギリシャにウェルカムされてるな、と勝手に思い、結局出発前までここで待機し、
無事アテネ行きのフェリーに乗り込めた。

フェリーでは座席は無く、適当に空いている所に座る形式だった。
一応外の席を3つ確保し、横になるものの全く眠れず、結局到着寸前に船内の比較的
柔らかい椅子に座り、一眠り。

起きるとアテネに着いていた。。。。眠い!!到着は午前7:30。
荷物を回収して、とりあえず外に出たが持っていた地球の歩き方には港周辺の地図がない。
データのロンプラをみるとやはり目の前が鉄道駅だったので列車でコルフ島などへのバスが発着している
キフィスウバスターミナルまで行こうかと思った。

ただ昨日のサントリーニから港への送迎の際にたまたまアルバニア人が乗っていて、
彼に聞いたところアルバニアに行くバスは港のすぐそばからも出ているから
とりあえず聞いてみろと言われたので、駅にあった旅行会社に聞いてみた。

ところがカウンターの女性は全く持っての無愛想。

"さぁ"、と一切わしを相手にする気もなかった。

そして拾う神がすぐそばにw 奥にいたおじさんがアルバニア行なら二個目の信号を右に行く
と広場があるからそこで聞いて見なさいと教えてくれた。
一体何時に出るのかもわからなかったけど、このまま行けるかもしれない!なんて少し思った。
駆け足でそこへ向かう。

広場のような所を見つけ、ついでに旅行会社が何件かあったので聞いてみようとすると、
バスのチケット売りのような若い男が、

"急ぎな急ぎな!"と声をかけて来た。

"アルバニアに行きたいんだけど!"と言うと、

"だから急ぎな!こいつアルバニア行だ!"

と、同時に他の仲間に声をかけ、少し慌ててチケットにワシの名前、出発時間、などを記入。
行き先はティラナではなくベラートと言うとチケット売りも頷く。
料金を払い、まるで流れ作業かのようにバスに乗り込んでしまった。
なんと今日中にアルバニアに行ける!ほっとした。

(このアルバニア行きの行き方はフェリーポートを出て、道路を挟んだ反対側の鉄道駅を目の前にして右手の歩道橋方向へ歩き、そこからまっすぐ、二つ目の信号の右側に広場があるのでその広場を抜けると、数件旅行会社がある。そこの旅行会社に聞くか、前に兄ちゃんが立っていればチケット売りの兄ちゃんかもしれない。アテネーベラットまでは35€、チケットにはアテネ発が7:30と書いてある。

もしくは、フェリーポートの後にそのバス会社の前にとまるので、そこへ行く。
詳しい場所は覚えてないけど、Athenes imperial hotelという5つ星のホテルのすぐ近くだったので
時間がある人はそこに行って、聞いて事前にバスチケットを買った方が良いはず。
正規料金はアテネーティラナで25ユーロ。)

アルバニアではまだまだ旅行者にオーバーチャージするのが当たり前なのでご注意!
(金持ちのアルバニア青年談)

わしはしらずに35ユーロ払っていた。。。
ちかくにはモルドバ行と看板を掲げた旅行会社やら大型バスが止まっていた。

バスは16:24、ようやくギリシャ側国境に到着。終始爆睡。

ギリシャ出国はあっさり完了。
一~二日オーバーステイしてるんではないかと思っていたが何も言われず。
心配していた事が終わってはれて人生90カ国目、アルバニアへ入国したのでした!

続く。
スポンサーサイト

ここはまるで生きる写真展!サントリーニ。

2012年08月27日 19:00

                           18:05,8/25、サントリーニ~パロス移動中の船上。


8/21、ミラノマルペンサ空港よりアテネを経由してサントリーニへ。
経由と言っても数時間アテネで待機せねばならず結局サントリー二に到着したのは
翌日の早朝。アテネ空港では60分のみ無料のwifiを開放していた。

空港からはバスを乗り継いで宿のあるペリボロスというエリアへ向かった。
バスはほぼ24時間中走っており、空港からはまずFIRAという一番の繁華街へ行き
そこで乗り換えてペリボロスへ。一番有名なイアへも同じようにFIRAで乗り換えが必要。
バスは区間によってお1.6~2.2ユーロ。運行頻度は結構高かった。


本日の宿:Holiday Beach Resort
1泊ドミで13ユーロ。といっても入れられたのはツインの部屋。
相部屋相手は、1泊目はニュージーランドの女性、2、3泊目は日本人だったw
Free wifi (外のプールバーの周辺)、エアコン、冷蔵庫、プライベートバスルームあり。
部屋には日の光が入ってこないので暗く起きれなかった。ちなみにアテネなどへ行く時に利用する
メインの港への送迎は宿がやっている。10:30と14:30出発、2ユーロ。
近くにはレンタルバイク、カー、バギーとBlue Star Frerryのチケットを扱っている会社があるので便利。
バイクは24時間で15ユーロ、ガソリンは自分で乗る分だけ入れる。でも1リットル1.8ユーロもしたw

blog3DSC_2595.jpg

blog3DSC_2474.jpg


さて、何から書くか。。
いつもブログを書く時はブログに載せたい写真を適当に選んで、それを見ながら
記憶とたまに取っているメモを片手に書くのだが、、、今回は明らかに写真が多い。
なのでどうやって書けば良いのか悩む。まぁいいや。

やってきました欧州経済危機まっただ中の、ギリシャです!!!
崖っぷち~~~!!!メルケル首相の視線が怖い今日この頃。トロイカのレポートが気になる所。

blog3DSC_3178.jpg


サントリー二は小さいと言っても歩いて島をまわれるような小さい島ではなく
いくつかの村で構成されていて、きれいなビーチのあるエリアや繁華街、観光客が一番訪れるイアという
場所などがあった。こんなことはガイドブックみたらわかるなw やめやめ!

まぁ、とにかく3泊4日でサントリーニを堪能!
夕日という太陽とのアポのせいで結局毎日夕日スポットへと少し動いた!

初日に早速バスに乗ってイアへ。
後々サントリー二を散策してわかったけどイアは高い!
レストランなんかは泊まっていたエリアの2倍はする。しかも結構な混雑ぶり。
イアにも15ユーロ程で泊まれるホステルがあるようなので、にぎやかなところが好きな人はイア、
ビーチでのんびりしたい人はペリボロスなんてのが良いと思う。

早速ですがイアで取った写真たち。もう何を書いていいのかわからんので写真で。
とにかく昼のイアも夜のイアもきれいだった!海も青い!街も青い!白い!まぶし~~!!

初日の夕日。

blog3DSC_2514.jpg


イアの本屋に居た猫。

blog3DSC_2548.jpg


イアのお土産屋。

blog3DSC_2564.jpg


アクセサリーも青い。

blog3DSC_2566.jpg


土産やの番犬。かわいすぎるやろw

blog3DSC_2567.jpg


2日目は原付で島内をぐるっと走り抜けた。真っ青なエーゲ海とまぶしい太陽の中、
風を体中に浴びて走るのは本当に気持ちよかった!愛車はPiaggio!

blog3DSC_2614.jpg


まず見つけたかわいらしい庭先の家具。なんてハイセンス!モデルハウスみたい。

blog3DSC_2621.jpg


ペリッサという宿の近くのビーチもぼちぼち人が泳いでいたけど、湘南のような
ことはなく、ゆっくりできる感じ。バーが一杯あったので多分夜はパーリーなんやろうな。

blog3DSC_2631.jpg


ペリッサから海岸沿いを適当に走るとオシャレな形の港発見。

blog3DSC_2639.jpg


そしてまたイアへ。途中港に行ってみると絶景が広がる。

blog3DSC_2653 2


昼のイア。
相変わらずまぶしい!白い建物に光があたり、すごかった。といっても露出多めにとったので
この写真はやり過ぎ。でもそういう雰囲気がだしたかったのでw

blog3DSC_2670.jpg


街はごちゃごちゃしてる。白い!ってだけでもなく、意外とカラフル。
奥には風車もあった。なんて風情のある光景。

blog3DSC_2673.jpg


白と青がメインの街で、赤い門は反則やろ~~!洒落てる~!

blog3DSC_2688.jpg


気のせいか奥さんまで美しく見える。。。人妻 x サントリーニ。

blog3DSC_2694.jpg


少し日が暮れ始めてこりゃまたなんでこんな風にとれたのか。
海の青が反射したのか??青一色!!

blog3DSC_2716.jpg


コロンビアから家族旅行で来ていたこの子もはしゃいでいた!
中国人女性が一緒に写真を撮ろうとしたら思いっきり逃げてったw

blog3DSC_2728.jpg


結婚式をここでする人も多いそう。そりゃそうだわな。こんなきれいな所で。
冬場は中国からの結婚式客のみになるそう。しかしおっさん白いスーツ決まってるねぇ~。

blog3DSC_2737.jpg


そんな夕暮れは二人で海の見えるレストランで素敵な時間を。
うらやまし~~~ねぇ~~~!!こんな所で夕食して、食後のコーヒー楽しみたいわ!

blog3DSC_2793.jpg


3日目、バイクが午後の3時まで借りれたので朝、ちょろっとドライブへ。
RED BEACHという何やら気になるビーチの看板が会ったので行ってみた。
ん~たしかに赤い岩に囲まれている。

blog3DSC_2826.jpg


その後またまたイアへ。ちょっと違う場所をぶらぶら。

何度見ても美しい景色が広がるイア。

blog3DSC_2854.jpg


これ、、、最高のセッティングでしょほんと。
毎日ここで乾杯したい!二人で。。w いいね~これ。これホテルなんかなちなみに。

blog3DSC_2871.jpg


そしてこれが有名なイアの写真。パノラミックスポットになっていて、観光客も沢山。
でも本当にきれい。

blog3DSC_2886.jpg


昨日行った風車の下に行ってみたらちょうど太陽とかぶった!
まるでレーザービーム発射直前!

blog3DSC_2907.jpg


イアの街は散策しているとアップダウンがすごい。

blog3DSC_2913.jpg


この時期はほんとにあつくて、汗ダラダラ。写真を撮っても撮っても取り足りず
独り言で、"あ~~ほんま切りないわ!"ってゆーたら後ろから、、、

""キリナイヨネーーー!" って欧米人が言って来てビビった。。。。w

どうやら奥さんが日本人で日本語がお上手出そう。同調、しかも日本語で。驚いた~!

昨日サントリーニ西部の方を走った時に気になったカフェにも行って来た。
海の見えるカフェやレストランはほんまアホ程あるのでどこもいいけど、、ここは人が居なくて
静かで良かった。Bluというカフェ。沖縄にもありそうやななんか。

blog3DSC_2955.jpg


バイクを返す時間になったので、ひとまずバイクを返却。
ここでフェリーのチケットも買えるので一緒に買ってしまおうと思った。
昨日チケットを借りる際に確認した所、今日の夜中の2時の便が空いていたはず。

ところがそれはもう売り切れ。。。。今日は金曜。次の空きは日曜の夜までないそう。。

困る。。。一応もうすぐ、本当にもうすぐシェンゲン加盟国の滞在日数が90日を超える予定なので
あまりゆっくりはしていられない。おっさん、頼む!

頼んだ物の、無い物は無いw
FIRAのオフィスに行ったらチケット余ってるかもしれないから行ってみたら?
と言われたので、そうする事に。。ならバイクで行ってから帰ってこれば良かった。
しかもなんで同じフェリー会社なのに売り場によってチケット販売状況がちがうねん!謎~。

かくしてまたまたバスにのりFIRAまで行きチケットの確認。

するとなんと、、、、、、、

アテネ行きのダイレクト便は月曜まで空いてまへんと!!

げ、月曜っすか??ん~~~~。。。。。ちーんだちーん。
すると明日、パロス島まで行って、そこからアテネに乗り継げば、日曜にアテネに着けると
教えてくれた。おっ、やっぱり来てみるもんだ!じゃ、それで行こう。そしてアテネ行きの
チケットを購入。52ユーロもしてしまう。本来なら37.5ユーロなのに。。。時間も倍かかる始末。あっぱれ。


チケットを買えたらほっとしたので、FIRAの街をぶらついた。
ただの繁華街かな~と思っていたらそうでもなさそう。
街からの景色がすばらしい!お店もイアより多く、良さげな店を発見!

良さげな店1。

blog3DSC_2965.jpg

良さげな店2。

blog3DSC_2969.jpg


FIRAの街ではちょくちょくドンキーを見かけたw
久々のドンキ~~!前どこでみたっけ?ドンキーを見るとマリのドゴンを思い出す。
あの鳴き声。ここでも聞けたw "んぁ〜〜〜〜〜〜〜〜はっ!はっ!はぅ!"

blog3DSC_2971.jpg


FIRAからイア方面に続く遊歩道を散歩した。
日が暮れるまでは後1~2時間はある。そしてそこでおっさんと犬に遭遇。
おっさん、犬をわしに紹介してくれて、ビューティフルビュ~~ティフル。と絶賛。
確かにかわいい。

blog3DSC_2990.jpg


FIRA中心部の一枚。民家。ここまで典型的な感じですんだね~民家。すげーなサントリーニ。

blog3DSC_2998.jpg


少しずつひもくれ始めて来た。日をバックに教会パシャ。

blog3DSC_3012.jpg


サントリーニ、来たくなりましたよね!?
ほんとにきれいな所。今直ぐボートで急いで来てください!!

blog3DSC_3023.jpg


もしお金があったら、、、こんな所に泊まりたい。これもFIRA。

blog3DSC_3069.jpg

もしもっとお金があったら、、、こんな所に住みたい!これもFIRA。

blog3DSC_3073.jpg


そして2つチェアーを置いて、あなたと夕日を眺める。。。あかんあかん、妄想が。。。

blog3DSC_3076.jpg


夕暮れスタート!フィラの街が夕焼けに照らされる。
しかしまぁ、この街も変な所に作ったなぁ~wまさに崖の上。

blog3DSC_3105.jpg


あっという間に日も沈み、レストランの明かりが街を彩るのです。
昼も夜もロマンチックなサントリーニ。

blog3DSC_3145.jpg


月も出始め、月明かりに照らされるさっきの教会。ちょっとくらいけど。。。

blog3DSC_3148.jpg


そして今日も一日が終わる。そうやってぐるぐるとまわっていると飯を食い忘れる。
気付けば夜の9時。ぺこぺこ。。でも今日は安く済ませたかったのでチャーハン持ち帰りw

結局、、、ビーチでのんびり!と思ったのに、、、動き回った3日間。

最終日の朝宿近くのビーチでちょろっと海水浴。
ペリボロスのビーチは目の前に海が広がり爽快。水もきれいで、カフェやレストランなどもある。
ビーチにあるパラソル+ベッドのせっとは5ユーロで借りられる。

blog3DSC_3164.jpg


そうそう、ギリシャ料理はどんなもんかと思っていたけどこれがまたうまい!
サントリーニで食べたギリシャ料理たち。

スブラキ!8ユーロ。肉もジューシー。

blog3DSC_2569.jpg


Soutzoukakiaというミートボール! 6.3ユーロ。ハンバーグみたいで美味しい。

blog3DSC_2600.jpg

Gyros。2.5ユーロ。ファーストフードスタンドで。これもうまい!

blog3DSC_2855.jpg


GREEKサラダ、4.5ユーロ。ちょっとチーズでか過ぎかな。。

blog3DSC_2809.jpg


そういう訳でサントリー二最強説をここに唱える事にします。
最強です。

また来たい!!

"また来てね!"おと、わんちゃんもWelcome!

blog3DSC_2999.jpg

そうして船は青い道路の上を走りパロス島へと向かっています。

blog3DSC_3192.jpg

続く。


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。