--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファームでオーストラリア初仕事!ファームの仕事って? バンダーバーグ

2013年08月14日 19:42

                               20:34,8/14、シドニー、オーストラリア

おとん、つねくん、わたる誕生日おめでとう!
8月は知り合いに誕生日の人が多い。

さて、少し前の話になるが、、、しかし時が経つのは早い。
今日は8/14、わしはシドニーに舞い戻り、工場の仕事を見つけ、先週からそこで働いている。
仕事があると、あんなに高く思えていた物価も、それなりの物価に見えてくるから不思議。
セブンイレブンでコーラが3ドル。でも時給が17ドルなので、時給の6分の1。
日本の時給が大体850円として、6分の1だと140円。日本のコンビニでコーラが140円程度だったので
給与と物価のバランスはコーラだけを見れば日本と変わらない。


と言う訳で7/26、ファームで働くためブリスベンからバンダーバーグへ向かう。
列車は至って快適。

ブリスベン駅

blog5DSC_0979.jpg


このファームの仕事はGumtreeに出ていた。
ちょうど人を探していたようでので、メールのやり取りだけで働ける事になった。
一旦見つかってしまうと意外と簡単だったなと思ったけど、中にはアパートの予約のために
先にお金を振り込んで欲しいというファームをあった。良くある詐欺の手口らしく、ファーム自体
存在しないことが殆ど出そう。ファーム探しは落とし穴も沢山。

バンダーバーグ駅に到着すると、連絡を取り合っていた女性のアンドレアが駅までピックアップに来てくれた。
とりあえず、ちゃんと迎えが来ていたのでほっとした。
バンダーバーグにはColesやWoolworthと言った大手のスーパー、Kmart、マクドナルドにKFCなんかも
あり、思ったよりも店があったが、どう見ても小さい町だった。
これといってエンターテイメントはない。行ってないけどフレイザーアイランドが結構近い。

駅からこれから住む事になるシェアハウスまでは来るまで5分程。
意外と大きな家でびっくりした。中はそれなりに汚い感じもしたが、住めないような所ではなかった。
このファームで働く人は必ずこのシェアハウスに住む事、と連絡した時に言われていた。
ちなみに1週間のレントは160ドルと高い。

シェアハウス

blog5DSC_0982.jpg


シェアハウスにはスウェーデン人、イタリア人、韓国人、日本人、香港人がいた。
この辺りは韓国人が多いと聞いていたが、意外にもヨーロピアンがいて嬉しかった。
案内されたのは2人部屋。ルームメイトは後々仲良くなる北海道出身のノブ。

2人部屋

blog5DSC_0980.jpg


シェアハウスについた後、タックスの用紙と銀行口座の詳細を記入した。
特に説明などはなく、アンドレアはわからない事があったらここに住んでいる人たちに
聞いたらわかる、と味気ない感じで説明し、帰って行った。

キッチンは広く、一通り必要な物は揃っていた。
冷蔵庫も4つ。ここには最大で10人が住むと言うがそれでも冷蔵庫が4つもあるのは不思議だった。
ここに住んでいる人に挨拶をし、とりあえず明日からの仕事に必要な物があるかと聞くと、
特にないけど、手袋があると良いって、皆が使っている手袋を見せてくれた。近くのKMARTで買えるというので
その後食材と手袋を買いにモールへ出かけた。


ファーム生活はと言うと・・・・

5:45 起床
6:15 ピクアップ
7:00 仕事開始
11:00 休憩(といっても超短い。ランチと水は要持参。)
15:00 終了
18:00 夕食
21:00 就寝

とこんな感じの毎日。ちなみに仕事は週6。日曜が休みだった。
仕事の長さは毎日その日の仕事量によって変わる。
早くて12時に終わるときもあったし、遅いときは16時までする時もあった。


仕事内容・・・・

求人にはズッキーニとトマトのピッキングと書いてあったが
実際行ってみると、色んな仕事をさせられた。
ピッキングはなす、イチゴ、ズッキーニ、トマト、スイートポテト、カプシコンなど。
大きな農場なので、他にも色んな野菜がある。時期によって取る野菜も異なるが、一年中仕事はあるそう。

他にもチッピングと呼ばれる畑の列の間の雑草や根っこを取り除く作業。
鍬を使うのだが、これがまたタフで男限定の仕事だった。

他にもウィーディング(草むしり)、種植えなどなど。タフだとは聞いていたけど、実際初日働き
翌日は全身が筋肉痛になった。シェアメートのみんなに体が痛くて動けないというと
1日目が一番タフだよ、1週間すれば慣れる、と言われた。


給料・・・・

仕事の多くがコントラクトジョブと呼ばれ、ピッキングなら取った分だけお金をもらえるし、
チッピングだと終わらせた列の数に応じて支払われる。時給制の仕事もあった。トマトのピッキングでも
時給制が適用されることもあったし、ウィーディングもそう。基本的に数えられない仕事は時給制になるそう。
が、、、こりゃまたお金が全然稼げないという事実に直面。

ファームは稼げる。

そう聞いていてものすごい短期間でお金を貯めてやろうと思っていたが
現実はそうではなかった。もちろんファームによるし、取る作物によって全く違うので
ファームは稼げないと一概には言えないのだが、わしが行ったファームは時期が悪かったのか
思うように稼げなかった。

例えばズッキーニだと、1バケツ一杯にして5.5ドル。オーガニックズッキーニなのでちょっと値段がいいらしい。
直径40cm、高さ60cm程のバケツを使う。
沢山なっているときは1時間で6杯くらいは行けると思うのでかなり稼げそうだが、
そうはうまくいかず。ズッキーニは足下に実がなっているので基本的にしゃがむか前屈みになりピックする。
最初は腰に来たが、言う程しんどくは無かった。

ピッキングする人数にもよるし、列によって沢山なっている所もあればそうでない所もあるので、
こればかりは運。不確定要素が多いのだ。それに1時間したらすぐに作業場を変更される事が多く
リズムに乗って来た時に移動、みたいな事がよくあった。

ウズベキスタンとキルギスで一緒に旅した韓国人のスカイも同じ時期にバンダーバーグに来ており、
また別のズッキーニファームで働いたと言っていたが、そこは仕事開始2時間でストップがかかり、たったの20ドルしか稼げなかったと言う。しかもバケツ1杯2.2ドルだったんだと。

そして茄子。
茄子はバケツ一杯1.5ドル。
平均で1時間10杯くらいは取れてたので、時給換算で15ドル。
まぁ悪くは無かったが、なすで腕がかぶれ、かゆかった。こっちの茄子は
大きい物が多く、バケツを一杯にするのも早い。が、これも野菜。天気の悪い日は
成長が遅く、全然大きいなすがない日もあった。

2つある農場の内、ベテランピッカー達が降ろされていたジェフリー農場という
ところにも2日だけ働く事ができた。こちらはカプシコンメインの農場で、農夫のおやじも
いかにもオージーという感じで楽しかった。カプシコン、大きなピーマンみたいな野菜なのだが、
これは素手でぼきっともぎって取るので簡単。これも前屈みなのでかなり腰にくる。

ちなみにカプシコンはバケツ1杯1.4ドル。その中には収穫後の箱詰め作業の値段も入っているので
14時頃までピッキングをして、その後1時間程パッキングをすることになる。
農場生活7日目は6人で約520杯分のカプシコンを取ったので、この日の収入は、、、

500 buchets x 1.4 ÷ 6 なので、 = 116ドル。

ちなみにこの農場ではこの日が1日あたりの最高額の稼ぎだった。。。こんなもんなのだ。
給料は毎週水曜に小切手で支払われる。同じ日に家賃も徴収される。

カプシコン農場

blog5DSC_0983.jpg


オーストラリアのタックスは32%で、給料からその分が引かれると思っていたが
どうやらファームの場合は雇用形態がCasualという形態になるため、実際12%程しか引かれていなかった。
ワーホリ中に支払った所得税は全てリファンダブルなので、貯金をしているようなものになる。

ファームに来る人のほとんどがワーホリ1年目で、セカンドビザを取るためにファームで働いていた。
セカンドビザを取るためには88日間ファームで働くのが条件で、何日働いたかを記載した書類を
ファーム側が用意してくれる。それもあって、シェアメート達はお金が安くても貰えるだけ良いと言っていた。
わしはセカンドビザは不要だったので、もっとお金の稼げる場所を探した方が良いと思い始めた。

そして早速のファーム3日目、ノブと仕事を探し始めた。そしてシドニーの麺工場の求人を発見し、履歴書を送ると
直ぐに電話がかかって来、面接はいつが良いですか?と聞かれてしまった。とっさに8/6はどうですか?
と答えてしまい、シドニーに戻る、という選択肢を作ってしまった。ファームを辞める時は、辞める日の
3日前に言ってくれと言われていたので、シドニーでの面接に本当に行く場合、すぐにでも言う必要があった。
そしてその2日後、アンドレアに申し訳ないがシドニーに戻る必要があるため今週一杯で辞めます、そう
言ってしまったのだった。短い短いファーム生活。結局7日のみの勤務となってしまいました。

それでもクイーンズランドの青い空と暖かい気候の中で
7日間肉体労働をしたのは楽しかったし、良い経験になった。シェアメートの仲間も良い人だったし
たった1週間で体も少しがっしりした気がした。もう一回ファームに行きたい?と聞かれれば、
時給制のファームであれば是非、と言うと思う。コントラクトのファームでは中々稼げない。
ちなみにバナナはもっと稼げると聞いたし、マンダリンオレンジ何かももう少し稼げるそう。

シェアメートたちと

blog5DSC_0993.jpg


ファーム選びは慎重にw 

続く
スポンサーサイト


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。