--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真を思うようにとれないブルキナ。モプティ~ボボ~ワガドゥグ

2012年02月14日 03:27

22:51 2/12, ワガドゥグ、ブルキナファソ

ブルキナファソの首都、ワガドゥグに2/12の夕方5時に到着。
ロンプラにのってるLe Pavillion Vertというホテルに来て、さっきそこで出会った
イギリス人、アメリカ人、カナダ人と飲みに行ってきた。そうそうたるイングリッシュスピーカー。同じようなルートを旅してきてたので、色々とこれまで支払った料金を比較した。例えば宿とか食事とかガイドとか。結果、明らかにわしは払いすぎてる。。。。

例えばドゴンのトレッキング。わしの場合1日あたり50EUR支払ったが、他のみんなは1日15EURとか、2日で55EURとか。。。。。しかも別にクオリティもよかったらしい。。。確かにわしの参加したツアーのクオリティはめっちゃ満足やったし、ツアー後もいろいろ世話してくれた。比較してみるとちょっと高かったなと思う。これからはやっぱり周りの旅行者にもっと聞いて行こう。比較する事が必要だと改めて知った。。。。。今更!!!

さて!!モプティを2/11に出発。

ボボ行きのダイレクトバスは無いらしい。
モプティからワガドゥクに行く事も可能だが、モプティから
バンカスというドゴンカントリーの町に行き、そこからコロへ。
コロからワガドゥクを目指す事になるので乗り換えが面倒そう。

モプティからAFRICAN TRANSPORT という会社のバスにのってまずはBLAという国境からちょっと離れた町へ。
モプティ出発はAM6。5000セーファー。
ドゴンのガイドをしてもらったアダマも一緒のバスでバマコに行くそうなので一緒に行く事に。

バスは一番いいバス会社らしく、エアコンもあり、快適。
アダマ曰く、ボボまでは約7時間程度。。。最終的に着いたら夜の9時!
結局15時間もかかった。

BLAに到着したのは11時。そこでバスを降りて乗り換え。

しかしこの日は運が悪かったようで。。。
ホテルをチェックアウトする際に、まだ朝の5時頃だったためレセプションが
開いておらず、誰も人がいなかったため、お金をベッドの上においてきた。
その後、バスにのって2時間後、アダマの携帯にホテルから電話があり
日本人が金を払わず出て行ったと言ってきた。経由をアダマに話して、その金を
探してもらう物の、ホテルは見当たらないという。。しかも、このままだとポリスに通報してバスを停めてもらうとか言い始めたらしく、アダマにお金を渡す結果となった。

その後、BLAに到着した後、バスからバックパックを降ろす際、運転手の助手が
BLAで降りるなんて知らなかったから奥に入れたかもとか言い出し、ドライバーがおめぇこの日本人はBLAで降りるから荷物は手前に入れとけっつっただろ!!!と、ケンカをし始めた。なんだかかなり険悪な雰囲気を醸し出した。。。
なんだかあまりいい雰囲気じゃない日。

バックパックを回収し、BLAでボボ行きのバスを待つ。
結局バスが来たのは13時。7000セーファーを払いボボへ。

KOUTIALAという町のバスターミナルで再び乗り換え、その後ボーダーへ。
マリ国境はすんなりパス。その後のブルキナ入国の際は税関で鞄のチェックが
あるという事で、荷物を下ろし税関へ。

バスに何度もこのルートでブルキナに入国したというオランダ人に出会った。
彼曰く、毎度のことだけど、ここの税関はきっちりチェックをするからかなり時間がかかるよ!との事だった。でも幸い、、、ノーチェック。

国境を18:50に出発して、ボボに着いたのは結局21時。。。
昼過ぎには着くかなと思ったけど、まさかまさかの夜w
まぁ、でもその日についてよかったと思う。

バスターミナルからタクシーで宿へ。600セーファーで行ってくれた。
その日の宿は、バスで一緒になったオランダ人の紹介。

<HOTEL ENTENTE>

シングル6300セーファー。
プライベートシャワー、石けん、タオル、ファン、蚊帳、机、WIFI、朝食付き!!
レストランバーもあり、非常に快適だった!

blogDSC_8492.jpg


ロンプラには乗ってないけど、やっぱりロンプラに掲載されてるホテルは
ツーリスティックで高いのかな、、、と改めて今後のホテル探しの方法を考える。

ボボについてすぐ物価がマリより下がった事を実感。
タクシーやらホテルやら食事やら、すべてにおいてマリより下がってる。。。
というかマリの物価も本来は安いんだろうけど、わしらに適用される値段はほぼツーリストプライスなため高く感じたのだろう。ちょっと金を使いすぎたと反省。
そういやブルキナファソに入った瞬間、なんだかタイのイサーン地方になった感じがした。


翌日2/12。
午前はさらっとボボの町を歩いてみた。
雰囲気はなんかラオスみたい。ラオス程はのんびりしてないけど
田舎特有の居心地の良さがあった。せめて3泊はしたかったな~と思う。

グランマルシェを歩いてみた。でも殆ど声をかけられる事も無く
ゆっくり見れた。ハッスルフリーのなんともいい市場。ただ写真を撮ろうとしたら
一斉にノーノーノーノー!!!と断固拒否され、、結局ボボでは殆ど写真を取ってない。唯一取ったのはこの自転車と町並み。。。。。超レアなGIANTの自転車発見。買いたい、と思ってしまう。

blogDSC_8494.jpg

町の雰囲気はよし!なんだかゆったりできそう。

blogDSC_8504.jpg


そのままTCVというバス会社に行って、首都であるワガドゥグ、通称ワガへのチケットを購入。ボボーワガ間は頻繁にバスがあった!
(7:30、9:00、10:00、12:00、14:00、15:00、18:30、23:00発、料金は6000セーファー)
14時発は一杯だったので12時発を購入。

一旦宿に戻り再度バス停へ。
予定どおり12時出発。ワガまでは5時間の道のり。

しかしバスに乗った瞬間、エアコンが聞いてることに気付き感動!
寝たり読んだり聞いたりしてるうちにワガに到着。ただ途中、バスやらトラックやら車やら、、、めちゃくちゃ事故ってた。。。

とまぁ、予定通り17時にワガに到着。
タクシーでロンプラに乗ってる宿へ。

本日の宿:LE PAVILLON VERT
シングルで8900セーファー。
ファン、蚊帳あり、レストランバーあり、清潔清潔。シャワーとトイレは共同。

blogDSC_8511.jpg


今日は欧米人と色々情報交換ができてよかった。
イギリス人のトニーはモーターバイクで旅行中。
これからどうやって旅するのかを聞いたところ、ブルキナから南に下ってガーナまで行き、ガーナからフェリーでナミビアへ。その後、南アフリカ、ザンビア、ボツワナ等を回りタンザニアからカーゴフェリーでインドへ。その後アジア、オーストラリア、日本を回って、中国からモンゴル、ロシアを抜けてヨーロッパへ戻るそうな。

"うわ~~すげ~~!どれくらい時間あるの?"と質問してみたところ、、、

"まぁ、10年かな"

えぇ!!!!10年見越して旅行してる人は初めて会った!!
一体欧米人はどうなっとるんや、、、と改めて思う。彼は今28歳。
旅が終わったら38歳。。。将来の心配を今でも少ししてるわしってなんなんや!
まぁ、何をしようが生きるだけやな!っとさらに楽観的になった一日でした。

明日は西アフリカ5カ国共通ビザにチャレンジ。
コートジボアール、ブルキナファソ、ニジェール、トーゴ、ベナン五カ国がこれ一枚で
いいという夢のようなビザ。といっても、もうトーゴとベナンしか行きまへんけど。。


スポンサーサイト


コメント

  1. しゅういち | URL | -

    10年越しの欧米人も異常だけど、ゆーすけも十分スゴイよ。ごいす~ごいす~
    そもそもそこアフリカだしね!それだけでひく!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/157-b95ae889
この記事へのトラックバック


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。