--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本場のワイン♪ ボルド~ルルド~ボルドー。

2012年05月20日 07:55

                                  21:51,5/17,ボルドー、フランス

さて、もうすぐリスボンに向けて出発。
ボルドー着後、ホットメールを開いてみると・・・・こんなメールが。

We would like to inform you that due to industrial action called by members of the Portuguese Air Traffic Controllers your easyJet flight, 7638 to LIS on 18/05/2012 has been cancelled.


突然やな!!!!


管制塔の職員がどうのこうの。。。ストか?
その後の選択肢は、代わりの便を無料で取るか、全額返金。
ちょっと考える事に。

という訳でボルドー到着翌日、とりあえずリスボンまでどうやって行くかを
決める事に。。。

おかんに聞いてみると、、別の飛行機でいったらええんちゃうん?
ネットで調べると、TAP航空が380USD、AIR FRANCEはもっと高い。。。
フライトキャンセルのせいでこんな高いフライトに乗るのは悔しい。。。
おかん的にはオッケーだったものの、パリに戻って安い飛行機に乗るか、もしくは
列車でスペインに行って、そのままポルトガルまで行くか。。。考えた。
だってもともとの飛行機は一人バックパック代入れて7000円程度。。。

ネットの調子も悪く、決められなかったので町に出る事に。。。

駅の方に行ってみると、バス会社のEUROLINESのオフィスがあったので、あっ!もしかしたらリスボンまで行ける系?!と思い聞いてみた。
すると、あった!19時間かかるけど、ちょうど予定通りの5/18にリスボンに着けるバスがあった。
値段も74EURと飛行機と変わらない。。。ん~~w

ちょっと考えたものの、明日は祝日でオフィスが閉まるという事で、バスで行く事に。
おかんに取っては人生発の19時間にも及ぶ長距離バスw 
果たしておかんの腰は持ちこたえる事ができるのだろうか。。。。おとん、すまん。

ユーロラインのバス乗り場はサンジャン駅からトラムC線に乗り、Belcierという一駅離れたところから歩いて3分。ターミナルでは無く、普通のバス停。Belcierで降りて来た方向に歩いて、トラム路線の左側の道を歩いて行くとユーロラインのオフィスがある。

リスボンまで行けると決まると重荷が消えた!
そしてボルドー中心部へ。毎日ボルドー観光局がやっているシャトー(ワイナリー)ツアーに行くつもりだった。

しかしながら今日は残り1席しか無かった。。しかも今日はサンテミリオンのシャトー。。

行きたかった~。。。。。。

13:30スタートで、11時くらいに行ったらすでに売り切れ。多分前日購入した方が良さそう。
幸い明日のチケットはまだあるという事だったので、それを購入。31EUR。
メドックというエリアのシャトーを見学するらしい。

ワイナリーツアーに行く気満々だったのでどうしようかと思ったが、、
ボルドー観光は明日にして、今日は急遽聖地ルルドに行く事に。

そのままボルドー駅へ行き、切符を購入。これは駅。

blog2DSC_5445.jpg


ルルドまではTGVで約2時間半。41EURと高い。
ちなみにTGVの最終は17時と早いけど、Tenという普通の列車だと21時くらいまで列車があった。
DAXという駅で乗り換えが必要だけど、時間的にはTGVとさほど変わらず。
ルルドへの車窓からはピレネー山脈が見えた。せっかくだからトレッキングでもしたかったな~~と思う。。

ルルドに到着!
なんかいい感じの雰囲気。こりゃこのまま泊まるか1泊!
わしもおかんもそうしようと思った。とりあえず聖地。
そのバジリカとマリアさまがあらわれたという洞窟に行ってみた。ルルド写真。
この日はキリストが死んだ日が近い事もあり、沢山の人。特に障害者の方がとても多かった。

blog2DSC_5449.jpg

blog2DSC_5460.jpg

blog2DSC_5463.jpg

blog2DSC_5471.jpg

blog2DSC_5485.jpg

blog2DSC_5546.jpg

blog2DSC_5508.jpg


ちなみに駅からバジリカに行く途中、ホテルの料金を聞いてみるとそこまで高くなく、3つ星ホテルで1部屋59EURとか2星で35EURとかかなりのホテルがあった。

バジリカの観光を3時間程した後、泊まるつもりだったので明日の列車のチケットを先に買っておこうと思い駅へ。すると15分後に出発する列車があった。。。やっぱり泊まらず帰ってしまおうか、、、。

相談の結果、その電車で戻る事にした。
そして21:30頃ボルドーに到着。到着後、ボルドー中心部に出かけ夜のボルドーを歩いた。それにしても夜もいい雰囲気。人も沢山歩いていてにぎやか。

晩飯は、コメが食べたかったのでインド料理屋に行く事に。
飲食店が集まる通り(マクドがある通り)にはたくさんのアジア料理店があって
かなり興奮した。。。入ったPanjabというインド料理屋もうまかった。
ボルドーの物価はパリに比べ若干安くなってる気がする。

食後、日も暮れたので写真を撮りにあの場所へ。てかここなんて言う場所なんや?w

blog2DSC_5560.jpg


何とも幻想的。絵になる。


翌日はゆっくり10時まで寝た。
そして起きてラーメンを食べに行った。

ラーメン屋:FUFU
日本人の方が1名ラーメンを作ってた。
ラーメン1杯9.5EUR。醤油ラーメン。あとは餃子やソースカツ丼、焼きそば
なんかがあった。殆どの人が焼きそば食べてた。お客さんはほぼ地元の人。
なつかしいラーメンの味でした。

blog2DSC_5615.jpg


腹も満たされたので、メドックシャトーツアーの集合場所(インフォメーションセンター)へ。てか、すごい人!バスは満席。。人気のツアーみたい。

内容は、メドックエリアで2カ所のシャトーに訪問。
各シャトーで2種類のワインをテイスティング+そのシャトーのワイン製造方法などの説明。
はっきりいってワインの事は全くわからず、ビールに飽きたときにちょろっと飲むような人間が行く価値があるのかどうかはわからんかったけど、、、ボルドー=ワイン。という事で行って来たw ワインの飲み方なんかも教えてくれて、少しワインに近づいた気がした。。。やっぱりでもビールのがうまい。

blog2DSC_5630.jpg

blog2DSC_5641.jpg


結局ツアーは1:30から開始してボルドーに戻って来たのが18:30。
かるく町をぶらついた。やっぱりきれいなボルドーの町並み。

blog2DSC_5583.jpg


その後クレープを食べて宿へ戻った。

リスボン行きのバスはAM2時出発だったので、おかんが日本から持って来たレトルトひつまぶしなるものを頂いた。人気のお土産らしく、1食1500円もするらしい!!!味はとても美味しゅうございました。カレーにラーメンにひつまぶし。。。フランスでわしは一体何を食べとるんや。。。でも、、アジアのご飯が一番!

まだ時間があったので、またあの場所へ行き写真をとった。
風があると水面がぶれてきれいに反射しないので、待ってるうちに結構時間がたっていたので、戻って準備をする事に。。。

blog2DSC_5703.jpg



宿に戻り、AM12:20、バス停まではトラムで行こうとしたものの、12:30の時点で今日の運行は終了してた。。。ので、徒歩で向かう。サンジャン駅からEUROLINESのバス停までは歩いても15分くらい。
ただ祝日ということもあってかよっぱらった若い衆がたくさんいた。早歩きでバス停へ。

EURLINESのオフィスでチケットを見せて、預けるバックにつけるタグをもらい、オフィス内で1時間程待った後、バスへ。ほぼ満席のバスは定刻のAM2時に出発。

約19時間のバスの旅。リスボン、中でも行ってみたかった国の一つなので楽しみや。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/199-7c3a2785
    この記事へのトラックバック


    Update


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。