--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初カウチ!ストックホルム2泊3日の旅。

2012年06月29日 06:53

                        23:37,6/28、ストックホルム~ヘルシンキ移動中(船上)

そういえば今日!旅本の原稿ができた〜楽しみ楽しみ。

6/26、コペンハーゲンからストックホルムへ。
今回はNorwegian Airlineを利用、60EUR程だった。
後ほど聞いた話によると列車を1ヶ月以上前に予約すると10EURで行ける事もあるそうな。
日本人女性が言っておりました。やっぱりヨーロッパはできるもんなら早めに予約する方が安い。

ストックホルムの空港はWifiがフリーだったので1時間ほど利用させてもらった後、市内へ。
バスは99クローナ。1クローナが約12円。高っ!と思ってしまうものの、列車だと倍以上。
約45分程で中央駅に到着。この駅いいわ〜、木製のベンチが何とも言えん。

blog2DSC_8999.jpg


さて、今日はこの旅初のカウチサーフィンを通じて知り合ったストックホルム在住の
スペイン人カップルのお宅に泊まらせて頂く事に。

本日の宿:ストックホルム在住スペイン人宅。
さすがスウェーデン。家具やら食器は殆どIKEA。
WIFIも使わせてくれたしキッチンもあるものはすべて使っていいよと言ってくれた。
部屋にエアベッドまで用意してくれて、とても快適。合鍵まで貸してくれた。
中央駅から地下鉄で15分程の閑静な住宅街にあるアパート。

blog2DSC_9091.jpg


さて、初対面。
簡単な自己紹介。なんだか変な感じも少ししたが、ずうずうしさが勝った。
ホストをしてくれたロレ、スウェーデンに来て1年半程だそうな。英語も上手で
コミュニケーションは問題なくとれた。到着後は2時間程旅の話などをして、5時頃町に出る事に。

ストックホルム。
コペンハーゲンの友達があそこは良いところよ!って絶賛してたけど
特に情報もなかったので、どんなもんかと思ってたら、意外に良かった。
町自体はコペンハーゲンよりも好きかも。オシャレで洗練されてる。

blog2DSC_9006.jpg

blog2DSC_9031.jpg


とりあえず明日丸一日あるので、今日はさらっと町を歩くだけに。
Espresso Houseというカフェでコーヒーを飲み、マクドナルドで10クローネのチーズバーガーと
10クローネのコーラのSを食べた。どちらもWifiが使えた。

マックでネットをしながら今後の旅のルートを考えた。
ヘルシンキでロシアビザを取ってサンクトペテルブルグだけ行くのもありかなと思った。
でも値段が高そう。。ヘルシンキに着いたら考えよう。
とにかくフィンランドの後はここからトルコ方面へ2ヶ月程で行くつもり。
なにやら今東欧はめちゃくちゃ熱いらしい。ストックホルムはまだ長袖が必要なのに。

中央駅に戻り、地下鉄でホストのアパートへ。
地下鉄は結構高いので、8回分の回数券を購入した。値段もだいぶ安くなる。

帰ってみるとロレの彼氏のエドゥが帰って来ていた。というかもう寝る寸前だった。。。
簡単な会話をして今日は寝る事に。

翌日、起きたら12時だった。。。。何たる失態。
人の家でこんな時間まで、、、しかも今日は観光を朝からするつもりだったのに!
まず歯を磨こう!体を起こしリビングで座ろうとすると、ロレが起きて来た。。w
どうやらロレもまだ寝ていたらしいw

なんやかんやぼーっとおしゃべりをしているとあっという間に15時。
遅めの観光へ。日が長いので出だしが多少遅くても問題ない。

今日はストックホルムで有名なGamla Stanという旧市街へ。
旧市街というとどこも雰囲気がいいので少し期待しながら歩くとやっぱり良かった。
観光客もかなりいたし、お土産ややレストランも多くにぎわっていた。

旧市街で撮った一枚。このイス欲しい。

blog2DSC_9093.jpg


両替屋も何軒かあったけど、北欧の両替屋は手数料がバカ高い。
10EURだけ両替しようと思ったら、手数料が5EUR。。。

旧市街をほっつき歩き、Slussen駅方面へ。
途中で少しだけ小高いところにあった場所からは旧市街が見えた。

blog2DSC_9108.jpg


Slussen駅の裏手のとおりはどうやらオシャレ通り。
色んなオシャレな店や服屋がずら~~とあった。
でもロンドン以降、物欲をうまく制御しているため欲しいとも思わず。
でも服屋をぷらぷら見て回るのは楽しい。

blog2DSC_9116.jpg


今日はスペインとポルトガルのサッカーの試合があるので、Slussen駅でロレとエドゥと待ち合わせをして、
彼らの友達のアパートで試合を観戦。ビールやピザを買ってお邪魔して来た。

まぁ、試合はなんとも内容の薄いもので、おもしろみに欠けたけど
スペインが無事決勝に勝ち上がったので、みんな大喜び。エドゥも気分が良くなって、終わるとすぐに帰ろう!
と言い出した。

そんな訳で、あっという間の2泊が過ぎた。
寝る前に忘れずに写真を一枚。いいカップルだった。

blog2DSC_9127.jpg


カウチサーフィンをきっかけに現地の人と知り合うのは、おもったより気楽だった。
ホストする側もされる側も、お互いの立場をわかってる訳だし、ぎくしゃくなんか全くしないはず。
せっかくだったのでもう少し一緒に飲んだり、歩いたりして仲良くなりたかったけど、
最初にとてもいいホストに出会えてよかった。ヘルシンキでもホストを見つけたので、楽しみ楽しみ。

6/28、フェリーが16:45だったのでそれまでの間、みんなが進めるVASA MUSEUMに行ってみた。
この日も起きたら11時。ロレが起きたのも11時。よく寝るためのアパートなのかもしれん。

VASA MUSEUMの入場料は110クローネと、結構高かったのでどうしようかと思ったけれど、行ってみる事に。この博物館には、1628年8月10日にストックホルムに沈没しVASA号という難破船が展示されていた。発見されたのは1961年。95%原型をとどめたままらしい。船のサイズも大きく、色んな彫刻があって見応えはかなりあった。

blog2DSC_9131.jpg


博物館周辺は緑の多い公園のようになっていて、歩いていて気持ちよかった。

blog2DSC_9154.jpg


船が16:45、まだ13:30、もうちょっと歩いて帰ろうと思い途中でショッピングセンターに突入。
町にはもちろんスウェーデンうまれのH&Mがいっぱいあった。

blog2DSC_9157.jpg


アパートに戻り、そばを作って食べた後、フェリー乗り場へ。
残念ながら家にいるはずのロレが出かけているのかおらず、ありがとうと言う事ができなかった。
置き手紙をして、出発。

VIKING LINEのフェリー乗り場の最寄り駅はSLUSSEN駅。
そこから歩いて約15分。SLUSSEN駅に着いたのは16:15分。

これって時間的にまずいかも、、、、、。

チケットにはチェックインカウンターは出発時間の10分前にクローズしますと書いてある。
今更焦っても仕方が無かったので、小走りでフェリーポートへ。
さすがに25kgを背負い走るのはきつかった~~。16:30にフェリーポートに到着。
チェックインカウンターで急いで急いでと言われ、、、無事乗船。。ぎりぎり。

船内は想像以上に豪華!
さすが78EURもするだけある。2週間くらい前にした予約時点では飛行機よりも安かった。
(フェリー内探索中、Sleeping roomという雑魚寝部屋を発見!これ、ネットじゃなかったけど実際帰るのか?!中では3名程、寝袋で寝ていた。。。ん〜〜、興味津々。)

もらったチケットは部屋の鍵にもなるようで、早速部屋へ。
ドアを開けるとベッドが2つのみ。あれ?個室?!と思ったらベッドの間に大きなバックが。
どうやらもう一人の客は既に来ているらしい。
トイレもシャワーも部屋に着いてるし、コンセントもある。

blog2DSC_9160.jpg


するともう一人の客が帰って来た。
YO~~~~!って良いながら入って来た。。一瞬、えぇ~!ヒップホップ!?と思った。

まず出身を聞いてみると、、、、I'm from ソマリア。だって。
ソマリアて!ソマリランドってきいたら、ノ~ノ~ノ~、ソマリアwって。
この旅でソマリア人に会うのは2回目。結構気さくな人だった。

その後フェリー内散策。10フロアーもある船。
ワインバーやイングリッシュパブ、Free Wifi(遅い)やスロットマシーン、サウナまである。Duty Free Shopではサンドイッチなんかも売ってる。ビールも0.85EURで330mlの缶が売ってるし(フェリー内のビールは高いと思って買って来たのに!!)、ワインも色々とあった。セルフサービスのレストランも意外と安かったので、乗船前に色々と買う必要も無かった。

船内のパブ。

blog2DSC_9164.jpg


今日はユーロのドイツ・イタリア戦。バーではイタリア人が大盛り上がり。
ちょうどこの時間、夕日も沈んで来た。サッカーも見たいし夕日も撮りたい、、、あっちこっち動き回った。
久々の大海原からみる夕日もなかなか。ピンク色してた。

blog2DSC_9207.jpg


カップルもなんだか絵になる。うらやまし〜〜!!

blog2DSC_9212.jpg


さっ、明日は10時にヘルシンキ。
10時まで寝てたら誰か起こしてくれるんやろか?w
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/216-7f662ddf
    この記事へのトラックバック


    Update


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。