--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目のポーランド上陸、首都ワルシャワへ。 ビリュニス〜ワルシャワ

2012年07月16日 15:54

                                1:12,7/16、ワルシャワ、ポーランド


2泊3日のワルシャワ滞在。
ワルシャワをぐるっとまわった。結構良いところだ。
首都なので"単なる都会"かと思いきや、旧市街もめっちゃ赴きあるし、公園もきれい。
博物館も興味深かったし、かなり色々楽しめる。

7/14、ビリュヌスから夜行バスに乗ってワルシャワに到着したのは朝の6時過ぎ。
こんな時間にホステルに行くのもどうかな~~と思ってバス停でコーヒーを飲みながら本でも読む事に。

結局8時過ぎまでバス停で時間をつぶした後、バスに乗って中心部まで移動。
初めての街の最初はどこがどこだかさっぱりわからず、言われるがままにバスに乗った。
地図を眺めながら現在地を確認しようとすると、乗っていたポーランド人が
"どこまで行きたいの?あ~、そこならどこどこでバスを降りて歩いて行けるわよ" と親切に教えてくれた。
滞在中、何度もポーランド人が声をかけてくれて、道を教えてくれた。とても親切なポーランド人。

バスを降りて旧市街まで歩く事10分。旧市街手前の広場に到着。
なんかきれいやん!と思い、写真を一枚取ってもらった。そしてこれが今のわし。。。まだテントを手放せず、。

blog2DSC_9833.jpg


荷物が多い。そしてその後少し歩いてようやく宿に到着。

本日の宿:OLD TOWN HOSTEL KANONIA
1泊8EUR、8ベッドドミ。
キッチンには基本的なものはある。レンジや冷蔵庫、食器洗い器にケトル。
小さな電気コンロが一つだけある。朝食なし、でも頼むと3EUR程で用意してくれる。
旧市街にある広場からすぐの場所で、ホステルの建物も歴史のある建物。水回りはいい。
客層も至って静か。フロントは24時間空いてるし、部屋にはロッカーもある。

blog2DSC_9895.jpg


ホステルに着いたのがまだ朝の9時過ぎだったので、荷物を置いて早速観光へ出かけた。

最初の印象通り、旧市街は素敵な色合いで、歴史も漂ってるし活気もあって歩いていて楽しい。
カメラを片手に散歩。写真を撮るのが楽しい街=良い街。そんな風に最近感じる。

blog2DSC_9902.jpg


初日は旧市街から中央駅あたりまでぐる~~~っとあるいてまた旧市街に戻って来た。
なんだかんだ結構あるいて、戻って来たのが夕暮れ時の夜9時頃。ポーランドはスタバもあるので
スタバでゆっくりとコーヒーを飲んだりした。旧市街に戻ると夕暮れがきれいだった。

blog2DSC_9889.jpg


夜行バスであまり寝れなかったので、早めの就寝。
夕食はビリニュスで買ったインスタントのトムヤムラーメン。野菜炒めをラーメンの上に乗せて
不健康なインスタントラーメンのイメージを気持ち払拭。てかインスタントラーメンっておいし~!

翌日、ゆっくり11時頃まで寝た。
旧市街も割と広いので、まだ歩いた事のない場所を散策。
ホステル近くの広場は天気のせいが昨日よりも雰囲気がよかった。

blog2DSC_9872.jpg

blog2DSC_9865.jpg


売ってる絵と街の風景が絵になる事!

blog2DSC_9905.jpg


旧市街とWISLA川の間にある公園に行って日を浴びながら歩いた。
公園って子供や家族ずれが多くて、そういうほのぼのしい写真を撮るにはぴったり。
噴水が急に吹き出して、この子供、冷たさそうにはしゃいでた。

blog2DSC_9944.jpg


公園を歩いて今度はWARSAW UPRISING MUSEUMへ。
日曜日は無料で解放しているらしく、歴史についてよく知らなかったけど行ってみた。
これが正解。この博物館は当時の様子をうまく展示してあって、感心した。
WARSAW UPRISINGとは1944年にナチの占領下にあったワルシャワを
自由にするためHome Armyと呼ばれる地元軍が63日間に及び続けたオペレーション。

http://www.warsawuprising.com/

他にもナチ占領下のワルシャワではユダヤ人が武器をもち初めてナチに抵抗したという
歴史もあるなど、当時の歴史は非常に興味深い。

博物館内部。

blog2DSC_9959.jpg

blog2DSC_9962.jpg

blog2DSC_9970.jpg


その後、ショパンの像があるLAZIENKOWSKIとい公園へ。
ショパンはポーランド生まれ。そしえ日曜はこの公園でショパンコンサートが開催されるらしい。
12PMと16PM。無料。演奏は1時間程。

博物館から歩く事焼く45分、16時過ぎに到着するとすでに演奏が始まっていた。

blog2DSC_9974.jpg


こんなきれいな公園で、ショパンの曲を聞けるってなんて贅沢!なんて思った。
聴衆も沢山いたけど、みんなその美しい音色に耳を傾け、公園内は静寂と化してた。

ポーランド、目で見て観光するというより、なんだか歴史に触れて当時の人々の思いに共感したり、
こうやって目を閉じて音楽を楽しんだりできる何とも素敵な国だと思った。
ヨーロッパではかなり気に入った国の一つ。

さっ、演奏も堪能したし、腹も減って来たので宿に戻ろう。
歩いて戻っていると、道沿いに複数のユニークな絵が飾ってあった。

ユニークな絵1。

blog2DSC_9988.jpg


ユニークな絵2。こんな状況になったどうします!!!w

blog2DSC_9989.jpg


宿に戻る途中本屋さんとカフェが一緒になっているオシャレな店を見つけたので
一杯コーヒーを飲んでから帰った。ちかくに図書館発見。なんだか図書館も洒落てる。

blog2DSC_9995.jpg


そして本日は白菜スープと白米。最近の自炊ぶり、我ながら感心。
そして今日のスープもうまかった!ぜんぜんみんなに振る舞いたい!
と思う程、そぼくでおいしい。自画自賛なり。

そんなこんなでワルシャワを楽しんだ。
明日はチェックアウトして列車でクラクフまで行きます。
ホステルをすでに予約したけどなんと1泊朝食ついて8ドル!
ポーランドは宿が以外と安くて助かる。じゃ!また。
スポンサーサイト


コメント

  1. ショビタ | URL | -

    相変わらず良い写真。
    ワルシャワの写真を見て、昔バスの中で「うちの娘と結婚してくれ」と知らないおばさんに話しかけられたのを思い出した(苦笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/223-7cab513e
この記事へのトラックバック


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。