--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバニアの少し小さな町、ベラートへ。 ティラナ〜ベラート

2012年09月01日 06:31

                                23:13,8/31、オフリド、マケドニア

現在1泊延泊してオフリド滞在中。
何故こうも欧米人はウォッカやその他の蒸留酒を振る舞うのが好きなのでしょうかw
少し酔っている。。。

8/27、ティラナからベラートという小さな町へ移動。ホステルで教えてもらったバス乗り場へ歩いて
向かうとBeratと書いてあるバスを発見。PM12:45にバスは出発した。
途中で止まったバスに小さなこどもが"ココーシカドネ"と言ってポップコーンを売りにきた。
こういう光景はヨーロッパではなかなか見られなかっただけに、アルバニアの経済水準の低さが伺える。
約三時間でベラート到着。300LEK、250円程。アルバニアは物価が安い。

ベラートはオットマンという人々の家があり街は小さいながらも多くの欧米人が集まる街。
地球の歩き方に載ってるのかどうかは不明だけど、ロンプラにはでかでかとバルティックカントリーの
ハイライトとして取り上げられている。

とりあえず小さな町なので、ここには1泊だけ。

本日の宿:Berat Backpackers

Free wifi、朝食あり。
ホステルは清潔で庭もあり快適。4bedsのドミだった。
hostel bookersでは2つしかホステルが出てこなかったので安かった方にした。
1泊11ユーロ。


到着は午後の4時頃。
明日はマケドニアに行くつもりだったので到着後早速街歩き。

これがオットマンの家。川沿いに建てられていてなかなかきれい。

blog3DSC_3270.jpg

白のような物がこの山の上にあるので、山の麓にある街の中心部を歩いた後行ってみた。
街の中心部には残念ながらオットマンの家以外特別な物はなかったw

そして緩やかな坂を上り山の上へ。

ティラナと比べて田舎のせいか、住民も向こう側から挨拶をしてくる。
子供たちも興味津々。カメラを取ろうとすると恥ずかしがって家の中に逃げて行く物の、
こそっとこちらを覗いている。フォトフォト〜と言うとうれしそうに家から出て来たのが印象的だった。

blog3DSC_3283.jpg

山の上に着くと子供テロリストが銃を持っていた。。。。
かくれんぼのような警泥のような遊びをしていた。

blog3DSC_3302.jpg

カメラで銃のふりをすると先にうたれてもーたw

blog3DSC_3319.jpg

山の上には古い教会があり、100LEK程払って中に入ってみた。
なかなか見応えのある壁?祭壇?こんな田舎町でもこういった歴史的な遺産があるのはさすがヨーロッパ。

blog3DSC_3310.jpg

山の上の教会をみて、軽い食事をとった後、ホステルへ。
あっという間にベラート観光が終了。。。。w

ホステルに戻る途中眼鏡橋の様な物を発見。
きれいに水面に反射していてはっきりと眼鏡型をしていた。ラッキー。

blog3DSC_3344.jpg

奥に映っている家々のあたりにホステルがある。

blog3DSC_3351.jpg

眼鏡橋を見つけた後、すぐホステルに戻ろうかと思ったが、
7時頃になると地元民がおめかしをして街にでるとホステルのスタッフから聞いていたため
どんなもんか少しだけ街を見てみる事にした。

するとメイン通りにはやたら人が歩いていた。
特に女の子はおめかしをしていた。中には親と一緒におめかしをして歩いている。
なんだか不思議な光景。出会いを求めているのか、ただ単にこれが風習なのか。。。

blog3DSC_3371.jpg

ホステルに戻って宿の旅行者と飲んだ後、1時頃就寝。
翌日マセドニアへと向かった。

(つまらんブログやな〜しかしw 酔っているので頭が回りませぬ。。。)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/246-1551f7f4
    この記事へのトラックバック


    Update


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。