--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルガリア帝国時代の首都へ。 ソフィア〜ヴェリコタルノボ

2012年09月11日 21:47

                              14:05,9/10、イスタンブール、トルコ

9/6、ソフィアからはちょうど3時間、ヴェリコ・タルノヴォのサウスバスターミナルに到着。
小さな町なので治安もソフィアに比べてさらに良くなるはず、と思いホステルまでは徒歩で行った。

すでに20時を過ぎていたけど、街のメイン通りらしき所には
観光客や地元の人が沢山いた。歩く事約25分、ソフィアで停まったホステルと
同じHOSTEL MOSTELに到着。が、、、、フルだった。。。。

そしてそこのスタッフに紹介してもらった宿へ。

本日の宿:V.T Poolside
1泊9ユーロ(6ベッドドミ)。スコットランド人のトムさんがオーナー。
一軒家のホステル。
オシャレなキッチン、Free wifi、朝食(卵付き!)、タオル、共同バスルームや大きなプールあり。
そしてベッドに枕が2つ!w 少し固めでめちゃくちゃ寝易かった。
オーナーとその友人のイギリス人なども停まっていておじさんトークに
加わったのが面白かった。残念ながら冬は他の人に家を貸し出すため
ホステルは営業しないそう。来年も未定だそうな。

キッチン。オープンキッチンみたいでオシャレすぎた。

blog3DSC_3717.jpg

ドミ。
blog3DSC_3762.jpg


到着後、近くのレストランで夕食。
つぼに入った野菜の煮込みのようなブルガリア料理を食べた。
まぁしかしオシャレなレストランだったにも関わらず250mlの生ビールは
70円、野菜の煮込みも250円程と安い!この後イスタンブールに行って
物価がぐっと上がるのが恐ろしい。。。

宿に戻ると宿泊者がテレビを囲んで談笑していた。
庭でオーナーが酒を飲んでいたので、そっちにお邪魔した。
オーナーと話していると、オーナーの友人らしき2人も加わりおじさん談義。
オーナーの英語はスコットランド英語なのにアクセントが弱いため非常に解り易かった。
もう一人のイギリス人はちょうどブルガリアンミュージシャンのミュージックビデオの撮影から帰って来たばかりでタキシードを着ていたw 聞いてみるとイギリスのタクシードライバーの約として出演してたそうな。

で、そのビデオはいつ"カミングアウト"するの??って聞いたら
おじさんたち大笑い。俺がカミングアウト?するのか?みたいな感じだったw
英語は難しい。Showを使った方が良いよと笑いながら言ってた。

午前1時くらいまで話した後寝た。
英国人3人の会話はたわいもない無いようだったけど、何かかっこ良く見える。腹もでてるのに。。

あっ、ちなみに、、、ブルガリアの冬は死ぬ程寒いらしい。
前の冬は-25℃の日があったそうな。。。。おいおいおい。。
雪も降るしなんとも過ごし辛いんだと。そのためオーナーも冬の間は
どこか他の国へ行くんだとか。。夏は夏でアホ程暑く、今年の最高気温は43℃!
そしてその最高気温の日の夜の気温がたったの8℃。。そんなに気温差あったら
間違いなく風邪引いてしまう。。。

翌日、起きたら11時だった。
荷物をまとめ、遅めの朝食を取った後、まず最初にイスタンブール行きのチケットを買うため
昨日到着したバスターミナルへ。

チケットは60レバ(約3000円)、無事購入できた。
ヴェリコ発20:30、イスタンブールには翌日朝7時頃到着予定。

よし、チケットも買ったし無事明日にはイスタンブールだ。
チケットを見てるとやっぱり奇妙な気分だった。やっとイスタンブール。
でも同時にもうイスタンブールか、という気にもなる。アジアの一番西側、日本から一番遠いアジアの国。
でもものすごく日本に近づいた気分になった。

その後は観光。
ヴェリコのインフォメーションセンター前から毎日11時にフリーウォーキングツアーが
行われているのでそれに行こうと思っていたけど結局起きれず、、そのフライアーに乗っていた
マップのルートに沿って街を歩いた。ぐるっと街を歩いても3時間かからないくらいで歩けた。

町のメインストリート。レストランは沢山ある。両替屋も数件あった。

blog3DSC_3721.jpg


アッセン王(誰?)のモニュメントらしい。
ここから見える町はきれいに見える。

blog3DSC_3732.jpg


そのモニュメントの所に美術館もある。そこから見た町。
最近こういう作りをした町をよく見ているような、、、。チンクエテッレや
ベラートもそうだった。。。

blog3DSC_3733.jpg


町の小道に入ると昔ながらの家屋を発見。これはホテルとして使用されていた。

blog3DSC_3746.jpg


忍者タートルズのゲームに出て来そうなゴミ入れ。
よくわからんけど撮ってみた。

blog3DSC_3751.jpg


町の東側にある大主教区教会へ。(チケットは2レバ)

blog3DSC_3756.jpg


ここからも町の全景が見渡せた。

blog3DSC_3758.jpg


その後は少し早めにホステルに戻り、ゆっくりビールでも飲もうと思った。
ホステルに戻りパソコンをいじっていると急に眠気に教われ2時間程昼寝。
起きると18時過ぎ。ブログを更新していると、日本人女性が宿にいたので
少し話した。彼女は今からわかめご飯なるものを作るらしい。。でもわしは
残念ながら出発間際。。。わかめご飯、、惜しい事した!!

その後バスターミナルへ。
余ったレバで食料を購入しバスを待つ。
結局バスが来たのは21時、少し遅れてヴェリコを出発。

バス会社はどうやらトルコの会社。

出発後間もなく、乗務員の女性が消毒液のような香りの付いた液体を
各お客さんに配っていた。後で解ったけどこれはコロンヤというレモンの香りのコロンで、
おしぼり代わりに使っているそうな。なんとその後、超久々のバスの車内サービスがあった。
出て来たのはチャイとお菓子。そしてカップに入ったミネラルウォーター。
バスで飲み物が出て来たのはいつぶりだろうか、さすがトルコー!期待は膨らむばかり。

寝ようとした物の、昼寝のせいか全く寝れず。
結局夜中の1時過ぎに国境近くの売店などが集まる場所に到着した。
店の中を覗いていると、わしらのバスの乗務員が何やら黒いビニール袋に入った瓶をバスへと運んでいる。。。
あれは一体何なんだろうか。

ん、、、何か聞いた事があるこれ。
たしかその瓶はお酒で、それを国境で渡すとかなんとか。確かそうだったはず。

バスに戻ると乗務員はその黒いビニールに入った瓶を乗客に渡している。
でもわしや他のツーリストには渡さず、ブルガリア人に飲み渡しているように見えた。ますます気になる。

バスは再び走り出し、午前2時頃国境に到着。
バスを降りて一人一人イミグレを通過した。そしてあっさりブルガリア出国。

再度バスに乗るとすぐ停車。
半分くらいの人がバスを降り始めた。どこに行くのか聞いてみると、、
ショッピングらしいw 窓の外にはでっかいDUTY FREEショップが。。
夜中の2時にショッピングかいな。

約30分程で全員が帰って来たのでいざトルコイミグレへ。
トルコ側入国も同じようにバスを降りてパスポートを渡す。
一旦パスポートを預けて、バスにまた戻る。ってか何回バス乗り降りしとるんや今日w
バスで待っているといつの間にかバスの正面に飾ってあった国旗がブルガリアからトルコに変わっている。。
細かい事に気付いてしまったw

そして数分後、、、パスポートが戻って来た。
中を見るとちゃんと、、乱雑ながらスタンプが押されている。
そして無事、約6年ぶりのトルコ入国を果たしたのでした。

続く。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/250-2c3fa311
    この記事へのトラックバック


    Update


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。