--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッバイキルギス!キルギス最後の日。

2012年11月12日 15:47

                                     22:51,11/10、成都、中国


イシュクル湖からビシュケクに帰って来た。
チベットに行けるかどうか、超微妙な状況で一体いつ成都に飛ぶかわからなかったけど、
とりあえず、後3泊、ビシュケクに泊まる事にした。

ビシュケクに帰って来た11/6の翌日、あまりのサクラゲストハウスの快適さに
申請していた中国ビザを取りに行くのもめんどくさかったが、約束の12時に
ビザを受け取りに行った。そして無事、ビザをゲット。30日。入国日から30日なのでまだありがたい。

ビザも無事に受け取り、後残りの滞在期間中は特にする事もなく、宿でオーナーや宿泊者と過ごした。
オーナーにビシュケクに日本料理屋と日本センターという日本語を教えたり、日本企業のお手伝いをしているという組織があったのでそこに行ったくらい。

その日本料理屋の名前はカフェ・ヤマト。
日本人の方がやっているカフェで、オープンしてから3週間程しか立ってないらしい。
早速覗いて来た。というのも、かつカレーが食べられるらしい。

場所:Lev Tolstoy 1、ビシュケクの鉄道駅の直ぐ近く。(TEL : 0312 590 222)
サクラゲストハウス近くのソヴィエチカ通りからトラムというか電線付きのバス?にのって
線路を頭上に超えた所を降りてそのLev Tolstoyを歩くと直ぐ近くにあった。

外観。
blog3DSC_6246.jpg


さて、中に入ると早速日本人の方と、日本語を話すキルギス人のスタッフが迎えてくれた。
WIFIも無料で使える。メニューは色々あり、かきあげそばや親子丼、カレー多種、などなど。
迷う事無くかつカレー(300ソム、約500円)を注文。そして、、、

blog3DSC_6245.jpg


ぱっとみ少なく見えたけど、かなり腹一杯になってしまった。
味も美味しい。かつカレーを食べたのは流石にこの旅初。何とも言えない
豚肉の脂とカレーが絡み合い、、、懐かしかったw

腹も満たされ、一緒にいった日本人の旅人と、ついでに日本センターと呼ばれる所にも行ってみた。
ヤマトのスタッフもそこで日本語を習っていると行っていた。

日本センターには漫画や小説、日本映画などが置いてあり、かなり時間つぶしには最適。
時間もなぜか夜の8時まで空いており、ビザ待ちで長く居ざるを得ない日本人旅行者に取っては
格好の暇つぶし場所になるはず。NHKも放送しているし、地元民も出入りしているので、
日本語を勉強しているキルギス人とも出会えるかも。

blog3DSC_6247.jpg

そんなこんなでキルギス最後の夜。
いつもの様にみんなで寒い中お茶をすすりながら、夜中まで話した。
なんども言うけどオーナーはめちゃくちゃおもろい人だった。

11/9の朝、結局前日に成都までの航空券を購入し、その飛行機に乗るため7時に起きて空港へ向かった。
飛行機は4万。中国南方航空。痛い出費だった。。。

空港は市中心部から約30kmも離れており、所要は40分。
マルシュルートカの250番か380番がオシュバザール近くのチュイ通りから走っているというので
オシュバザールまでバスで行き、そこから空港行きバスに乗った。空港までは40ソム。

市内からも山が見える。
blog3DSC_6248.jpg


無事空港に時間通りに到着。
まぁしかしビシュケク空港。国際空港なので、多少は大きいだろうと思っていたけど小さい小さい。
空港は行って直ぐの所にはカフェなんかもあったけどゲートまで行ってしまうと
カフェなどはなく売店と免税店があるくらい。セキュリティチェックもこんな小さい空港の割に
ゲートにたどり着くまでX線に3回も通さなければなかった。。

余ったソムを逆両替しようとし、もしかしたら中にもカフェがあるので中に両替があるか
聞いてみると、ある!と、空港のインフォメーションの人が行っていたので両替はゲート近くで
しようと思い行ってみるも、、、何処にもなかった。。。結局その余った500ソムでおかしとお土産を買い、
ウルムチ行きの飛行機に乗り込んだ。いよいよ中国。食べ物が楽しみすぎる。

続く。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/272-5865d8b6
    この記事へのトラックバック


    Update


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。