--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽山。中国ビザ延長小旅行。 九寨溝~成都~楽山~成都

2012年11月22日 16:01

                                    14:18,11/22、成都、中国


3度目の成都に舞い戻って来た。結局9泊くらいしてる事になる。
気付けばもう11/22。今年も残す所後1ヶ月か、早いものだ。
では、九寨溝からここまでのブログ。相変わらず、ちゃんと書いてるな〜わし。
10年後読み返すのが楽しみである。


11/20、九寨溝を8:10に出発。
行きは9時間半で着いたのに帰りは結局12時間もかかってしまった。
行きは殆ど寝ていたので景色を殆ど見ていなかったが、四川大震災の震源地を通っていた。
しかも今も復旧作業をしており、倒壊した家屋、川に沈んだ建物、土砂崩れした山などの跡があった。
面白い事に至る所に地震遺産という看板が立っており、被害のひどかっただろう場所を
示していた。震源地にも看板があった。てか、何でそんな至る所に看板を設置する必要があるのか。。

途中、事故の影響で2度、バスは一時待機をしなければならず、成都に着いたのは夜の8時。。
到着後、まっさきに先日泊まっていたミックスホステルへ向かいチェックイン。
無性にラーメンが食べたかったので近くのうまい食堂へ出かけた。
今回はドミメイトがブラジル人とポーランド人だった。飯を食べた後、彼らとビールを飲んだ。
なんだか英語を話すのはかなり久しぶりな感じがした。

翌日、ビザ延長の為に楽山という成都から2時間程の街へ出かけた。
バスは頻発している。48元。
新南面バスターミナルに10時半頃到着し、チケットを買って11時発のバスに乗った。

ネットで調べると楽山にはユースは無く、どこも宿代が高い。
歩き方を見ると140元程の宿が載っていたので最悪そこかなと思ったがまず歩いて探してみる事にした。

楽山には13時に到着。肖襦バスターミナルに到着。
ターミナル前にツーリストインフォがあったので安いホテルはどこか聞いてみると、
1番のバスに乗り広場に着いたら下りて嘉州ホテルという所に言ってみればと言われたのでその通りにしてみた。

ホテルを見つけ言ってみると一番安い部屋が220元。
それはちょっと高いけどまぁそんなもんかと思いちょっと周りのホテルにも聞いてみると言い
そのホテルを後にした。歩いてみるとすぐ近くに南方大酒店というホテルを発見。
英語を話すおじさんスタッフが居たので値段を聞いてみると130元という。
ちゃんとしたホテルだし、ここに泊まる事にした。


本日の宿:南方大酒店 ー 楽山市市中区玉堂街139号 / 0322 2130086
成都から到着したバス停から1番のバスで5分程。
1泊シングルで130元、安くしてと言ったら120元にしてくれた。
朝食付き、部屋はまともな部屋。トイレシャワーもあるし、ポット、体重計、ドライヤー
タオル、石けん、歯ブラシ、シャンプー、テレビ、エアコン、スリッパなどなどさすが中国のホテル。
ヨーロッパとは大違いのアメニティ。LANケーブル接続でネットがあると言っていたが
自己割当のIPアドレスやら何やらで接続が出来ない。
ホテルマンのおじさんがとても親切で、英語も話す。ビザ更新場所も丁寧に教えてくれた。
そこまではホテル目の前から1番のバスに乗り、10分程。大仏さんまでも13番のバスで行ける。
ビザ延長の登録もここはしてくれた。延長のためにはホテルからネットで入国管理局のサイト上で登録が
必要なので、あまり安いホテルだとしてくれないそうな。
ちなみに楽山を歩くと安いホテルも沢山あった。嘉定南路と言う大きな通り沿いには50元~100元の宿が
沢山あったので、安い宿が良い人は歩いてみると直ぐ見つけられる。


blog3DSC_6568.jpg

チェックインしたのが14時。そのまま入国管理局に向かった。
ホテル前から1番のバスに乗る。ドライバーにホテルで貰った紙を見せ、10分程すると
ここで下りろというので下りた。周辺にはそのような所は見当たらなかったので人に聞いて
指差す方向に歩いた。が、、、ない!

20分くらい歩いた後、これはおかしいと思い、バイタクの運ちゃんに聞いてみると
場所を知ってるから乗れという。。あまり遅くなるのも嫌なので5元払って連れてってもらった。

手続きは市役所みたいな場所の3階。
職員に聞いてみると、英語を話す女性がわりかし丁寧に対応してくれた。

パスポートを見せると、
"あなたまだ15日もビザの有効期間が残ってるからもったいないわよ、次どこに行く頭ないけど
麗江とかに行くんだったらそこでした方がいいわよ。"と親切に言ってくれた。

ただ、麗江行く頃ちょうどビザが切れる頃だから早いうちに延長をしておきたかったんだよ、この後は
小さな町に行く予定だからどこで延長できるかわからないし、やっぱりここで延長しておいた方が良いと思う。
と言うと、わかりました、と手続きをしてくれた。

手続きに必要なものは、役所でもらう申請用紙とパスポート、ビザ、入国スタンプのコピーと写真1枚、
宿のレシート、プラス160元。手続きはものの10分程で済んだ。

現在楽山での延長の所要は24時間。以前は即日発行できたらしいが、今は変わってしまっている。

申請が済んだのが4時前で、受け取りは翌日の4時と言われた。
ちなみに延長といっても、今あるビザの失効日から一ヶ月プラスされるのではなく、延長申請したその日から
さらに1ヶ月滞在可能になる。それは知らなかったのでちょっと惜しい事をした気もした。

なんだか中国ではお金をうまく使えていない。。。
発端はチベットだったんだけれど、キルギスで取ったビザが130ドル。
結局今日現在の中国滞在日数が13日くらいなので、結果的にはビザを取る必要は無かった。
もちろん、チベットに行けるという前提でビザが必要だったので仕方なかったけど。。
そんなこんなで予想以上にお金を使ってしまっている。。。そして中国のバス代もバカにならない。
一日1500円位で行けるかなと思っていたが、バス代が高く余裕で2500円以上使っている。

ともあれ無事ビザの延長申請が終了。

楽山で有名な楽山大仏は翌日にして、市内中心部を練り歩いた。
小さい街と聞いていたけど、結構でかい。成都と比べるとそりゃ小さいがそれでも結構でかい。

街には成都よりも生活感が漂っていたのでなかなか面白かった。
屋台も多いし、道でものを売っている人も多い。気持ち東南アジア色もある。
人も東南アジア系の顔をした人が多かったのは気のせいだろうか。

楽山。

blog3DSC_6557.jpg

blog3DSC_6558.jpg

blog3DSC_6559.jpg

blog3DSC_6560.jpg

blog3DSC_6565.jpg


昼ご飯を食べていなかったのでその辺の屋台が数件並ぶ所で炒河粉という麺類を食べた。6元。
これもうまい。タイのパッタイ、センヤイバージョンにそっくり。相変わらず、中国の食には
毎度驚かせられる。何食ってもうまい。本当に。

blog3DSC_6566.jpg


ホテルの近くにはアメリカのスーパーマーケット、WALMARTまであった。
時間もあったのでWALMARTでぶらぶら。品揃えも良く、暇つぶしには最適だった。

blog3DSC_6567.jpg


中途半端な時間に昼ご飯を食べてしまったため、夜はカップラーメンとビール。
あいにく宿のネットがつながらなかったので、写真の整理と以前取ったムービーなどを見て
ごろごろと過ごした。懐かしいムービーが沢山あった。最近はムービーなど撮りもしないので
ちょっとくらいは撮ろうと思った。特に、カリフォルニアでホームステイをしていた頃のムービーが
懐かしい。出来ればまた近いうち会いたい。

翌日、起きてホテルの朝食を食べた跡、楽山で有名な世界一大きな石彫りの大仏見学に出かけた。
ホテルの前のバス停から13番のバスで入り口まで行ける。

入場料は90元。ここも高い。学割は50元。
チケットを買ってするすると歩いて行くと線香のにおいがして来た。
そして凌雲寺というお寺があったので入ってみた。

日本の寺と一緒だw
いや〜なんとも懐かしい気分になった。
お寺の作りもそうだし、手を合わせてお祈りをしている人、線香からでる煙、お坊さん。
あぁ、やっぱり日本の文化のルーツは中国なんだ、と少々感激してしまった。

blog3DSC_6576.jpg

内部。お経を読むお坊さんら。
blog3DSC_6579 2

そしてまた歩くとすぐ出て来た。

これが楽山大仏か。。。。w 
でかっ。頭。。

blog3DSC_6585.jpg

観光客も結構いた。
主に中国人の国内旅行グループ。彼らのガイドがマイクを使ってガイディングをしていたのが
少しうるさく感じてしまったが、そんな事は無視して、大仏の足下にも行ってみた。
でも写真を撮るなら上からの方がよい。しかしでかい。そして大仏さんの顔って、、、おもしろい。
なんというか大仏を目の前にすると、話しかけたくなる。ワッツアップ的な。モアイの時も同じように感じた。

blog3DSC_6588.jpg

大仏も見終え、そのまま別の出口へあるいた。
途中漁村なる村があり、蛇やら亀やらザリガニやら魚やら、多分すぐそこの河で取れただろう
食材がならんでいた。おばちゃんも、これうまいから食べろ!!!と、激しい口調で勧めて来た。
でも、、、流石に食べる気にはならず。。

blog3DSC_6610.jpg

そこから、パスポートを回収しにまた市役所みたいな所へ。
受領時間は4時と言われたが、ちょっとくらい早く行ってもくれるだろうと思い、2時半にそこへ。

行ってみると、、、、4時に来てください。と言われた。
意外と中国ってそういうのもしっかりしてるのね。。。

椅子に腰掛けノルウェーの森英語版を読み始めた。いよいよ終盤。
日本語版も読んだけど、英語版で読むのも面白い。

1時間程読んでいると、お姉ちゃんが手招きをしてきた。
そして3時半前に、パスポートとビザを受領。ミッション完了。バスで成都に戻った。


突然ですが、成都ー各都市へのバスの時刻表。見えるかな。。。

blog3DSC_6620 2

そして3度目の成都に戻って来た。
やけに温かい。。とりあえずこの後の目的地である色達というところへ行くバスチケットを
買うため、地下鉄に乗り茶店子バスターミナルへ行ってみた。

が、、、すでに閉まっていた。まだ20時なのに。。。
バスターミナル付近ではおばちゃんが話しかけてきたので何を言っているのか聞いてみると
ターミナル近くの宿の客引きだった。多くのばすが朝の6時発のため、どうやらここに泊まって行った方が
良いと言ってくれた。たしか50元程で泊まれると言って居た気が。。。

仕方ないので前も泊まっていた宿へ。
いやー、お気に入りの宿というか、このミックスホステルは相変わらず居心地が良い。

そしてお気に入りの食堂が近くにあるのでそこへ。
お気に入りの場所が2つもできた。すばらしい。

こちらはその食堂。ミックスホステルから文殊院の地下鉄駅へ歩いてく途中にある。

blog3DSC_6621.jpg

今日はこんなものを注文してみた。相変わらずうまい!

blog3DSC_6623.jpg

宿に戻ると二日前にいたポーランド人とブラジル人、それと中国人旅行者が戻って来た。
そして川沿いのバーが集まるエリアに飲みに行こう!という事でそのまま飲みに行き、
結局3時過ぎに戻って来た。ビールは12本で180元という値段だった。なのでみんなでシェアーを
し、結局36本最終的に注文した。驚いた事にお客の殆どが中国人。一体こんな高いビールを
何故飲みにくるんだろうか。。。しかも結構若い人も居た。

中国。中国。中国。
飯のせいかこの旅で1、2を争うお通じの良さ。
街を歩けばゴミ箱が大量に設置されている。
お湯が何処でも手に入る。
カップラーメンの消費量すごい。
警察の通報は110、消防は119。日本と一緒。

面白い。さ、バスチケットを買いに行き、ユニクロに行ってこよう!

成都は相も変わらず曇り空。Cheers!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/278-c9f15c84
    この記事へのトラックバック


    Update


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。