--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目のラオス。なんとなくルアンパバーンへ。 ラオス国境〜ルアンパバーン

2012年12月17日 19:47

                                 17:32.12/17、バンビエン、ラオス

いくら時間がゆっくり流れるラオスと言えどもやはり経過した日数を
数えてみるとあっという間である事に気付く。昨日中国から抜けて来たような気がするのに
すでに1週間も経っていることが信じられない。

日本ではまた政権が交代したようで、経済界の期待も大きく
株高や円安が進んでいる。国際社会も注目しているようで、前回の選挙の時とはなんか違う雰囲気。
どうなるのかはわからないけど、ちょっとは海外勢にアピールできる政府になって欲しいと思う。


12/11 9:20、ラオスのイミグレに到着。
まずタイ語がわかるか聞いて見ると、"かおじゃーいかおじゃーい、あらいこだーい"、と言うオフィサー。
やっぱりタイ語がわかるのだ。そしてスタンプを丁寧に押してくれ、とうとうラオスに入国。
ラオスに来るのはかれこれ8年ぶり。今までの旅で入国時こんなに安堵感が広がる入国があっただろうか。
だいたいどこも国境って少し緊張してしまうものだが、ラオスは全くそういうのを感じなかった。

ラオス語をみてもタイ語とよく似ているし、通りかかる人に会釈すれば笑顔で挨拶してくれる。
やっと東南アジアまできた、ただただそれが嬉しくて仕方なかった。少しだけ、パラグアイからブラジルに入った時の感覚に似ていた気もする。新しい国に入って感じる空気としてはとても落ち着くものだった。

ラオスに入った後、バスのカスタムチェックのため一時間ほど国境の村で待機。
お腹も空いていたのでたの乗客が集まっているビュッフェスタイルのレストランで並んでいるおかずを眺めていると、そこの女性がキンマイ?食べる?と聞いてきた。いくらか聞いて見ると100バーツと言う。
タイで100バーツもあればマックだってカオマンガイだって余裕で食べれる値段。
値段に驚いてマイキン!(食べない)、と言ってしまった。

数メートル歩くと麺類の店があったのでそこでクイッティアオがいくらか聞いて見ると10000キープ、約100円だったのでそれを食べて空腹を満たした。店のテレビはタイのダイエット食品の通販番組を放送している。
国境のせいで高いのだろうか、それともラオスの物価が上がっているのだろうかと、不思議に思った。
10:30、バスが出発した。三時間ほどしてどこかの町のバスターミナルに到着。町の名前さえもわからなかったがほとんどの乗客が降りて行ってしまった。まだ中国語とラオス語が表記されている。


そして夕方6時頃、ルアンパバーンのバスターミナルに到着。
一体何処のホテルに行けば良いのかわからなかったので、とりあえず近くの店で
もう一度クイッティアウを食べる事にした。

そしてまず町の中心部へトゥクトゥクで。
下りた場所がどこか良くわからなかったが何軒かゲストハウスがあったので
適当に2、3件値段を聞いてみた

本日の宿:THONY 2
適当に歩いてあったゲストハウス。ナイトマーケットとかがあるような所では無く
少し離れた場所だった。1泊シングル、シャワートイレありの部屋で70000キープ、約700円。
FREE WIFI、ホットシャワーもちゃんとでた。タオルあり。
何の特徴も無い普通のゲストハウスだったけど悪くはなかった。

blog3DSC_7171.jpg


ルアンパバーンでは予定通り3泊した。

なんだか町はのんびりとしながらもオシャレなお店が何軒もあってなかなか。
音楽をバンバン外に向かってかけている店などもそんなになく、殆どのお店が静かに営業していた。
ワインをテラス席で楽しんでいる欧米人が居たりする雰囲気。

blog3DSC_7172.jpg


町は意外と大きいが、結局旅行者が行くような所はかなり狭いエリアに限られていて
結局歩いて何処でも行ける。歩いていればボートに乗らないかとおっさんが声をかけて来たり
マッサージ?とおばさんが手招きをしている。
まさに東南アジアの光景で、そういうのを耳にするだけで笑えてくる。

実際特にこれがしたいというものは無かった。
ネットでここに来たらみんな何をするのか調べてみると、托鉢の風景を朝見るとでてきたが、、
正直起きるのがとか思ってしまい行かず。後は、2日かけて小舟でルアンパバーン北の
村に行くツアーが面白いから!と友達が教えてくれたんだけど、気が乗らず。。。
結局お寺に行ったり、町を歩いたりするだけの滞在となりました。

お寺にて。
袈裟を来た僧が結構いる。中にはタバコを吸っている僧も居てびっくり。

blog3DSC_7187.jpg


河を見ながら話す僧。
一人は日本語を少し話し、それ以外に英語やフランス語を操っていた。
こうして旅行者が来ては簡単な会話をして練習しているんだとか。

blog3DSC_7190.jpg

もちろん中国でも屋台は沢山会ったけど、
こういうのって、断然東南アジアのイメージ。フルーツがうまいね〜!!

blog3DSC_7205.jpg

ラオスのお寺はタイのお寺とほぼ同じスタイル。
こうやって色んなものを見る度に東南アジアに来た事が実感できる。

blog3DSC_7208.jpg

歩いているとメコン川にぶつかる。
いや〜、メコン川か。すごいねなんか。

blog3DSC_7210.jpg

人々の生活は見る限りではのんびりしており、
子供をとてもかわいがっている。

blog3DSC_7213.jpg

他の国に比べても断然のんびり。
そういう空気が漂っているから居心地がいい。
でも何でかはよくわからない。体がそう感じる。
こんな光景は、何処の国でもよくあるんだけど、ラオスなのか、何故かほのぼのとしてしまう。

blog3DSC_7214.jpg

これもなんだかほのぼのしてしまった。
ヤシの実を割り、ほったらかし。

blog3DSC_7217.jpg

ん〜。ラオス。
こりゃ良い国だ。どこよりものんびり。

blog3DSC_7218.jpg

物価がタイよりも高いと言ったけどマッサージはそうでもなかった。
1時間で500円くらい。なので、、毎日行って来た。
足マッサージやらオイルマッサージやら頭のやつとか。
そして足がむくんでいた事に初めて気付いた。。。マッサージ後にジーンズを履くと
普段パンパンなのに、ひゅっと入ってしまった。

blog3DSC_7222.jpg

そんなこんなでルアンパバーンでは昼前に起きて、
ご飯を食べ、カフェに行き読書の後、町を歩きまたどこかでビールを飲む。
そして暗くなったらナイトマーケットを歩いて、フルーツシェイクを飲んだりラープを
食べたりし、買える前にバーでビールを飲んで帰るという毎日だった。

ナイトマーケット。結構色々なものが売ってた。
そして働く子供達。

blog3DSC_7223.jpg

帰る前に行くバー。外で飲めるって言うのが良い。
夜はそんなに暑くないのもまたよし。

blog3DSC_7228.jpg

バーでは16歳の子が働いていた。
その子がまた良い笑顔するので、、、、。接客もちゃんとしてるし。
そうやって、したたかになって行くんだろうな、と思ってしまった。

blog3DSC_7229.jpg

ルアンパバーン4日目、昨日予約したバスは8:30から9時の間に宿まで
ピックアップに来ると言っていたので少し早めに起き、宿前で座って待っていた。
時計を見ると既に9時を過ぎており、、、まさかバスがこないのでは?と心配に
なったため宿のスタッフに聞いてみると、大丈夫だよ、直ぐ来るからという。
何を根拠にそんなに自信満々になっているのかはわからなかったけど、
まぁ、東南アジア。こなけりゃ昼のバスかなと思っていた。

結局来ずw

宿のスタッフが午後の便を予約するから、とりあえずチケットを返金してもらっておいで
というので、昨日買った旅行会社へ行き、返金をしてもらった。まぁ、たまたま
ドライバーに伝えるのを忘れたのだろう。

午後までの時間、ご飯を食べたりし時間をつぶし、
1:30にピックアップに来るバスを待った。
バスはまたもやなかなか来ない。さすがに今回は来るやろ〜と思いながら
結局来たのが14:30。これが東南アジアタイムとでもいうのだろうか。

バスは満席。
バンビエンまではルアンパバーンから6時間ちょいかかるらしい。
うねうねの山をかなりの早さで走り抜ける。
乗り物酔いは殆どしないわしも、さすがに下を向いているのが気持ち悪く
なるほどのうねうね具合。はやくバンビエンに着いて欲しいと祈りながら
気持ち悪さに耐えるのでした。

続く。
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆか | URL | F4yWzmaI

    オーバーランドツアーについて質問です^^

    はじめまして^^
    アフリカのオーバーランドツアーについて教えてください!!
    Nomadの
    http://www.nomadtours.co.za/campingtour/nairobi-to-cape-town/
    に興味があるのですが
    Price:ZAR 21600
    Activity Package:ZAR 6400 となっていますが
    これ以外に現地で追加料金を払うことはありましたか??

    ほかの会社のツアーは、国立公園のゲームサファリなど現地で支払うのもあるみたいなのでNomadはどうなのかなと思いまして。
    Activity Packageというのが、それにあたるのでしょうか?

    よろしくお願いします^^

  2. youmetraveling | URL | -

    Re: オーバーランドツアーについて質問です^^

    こんばんわ。

    主要なサファリは込みでしたよ!
    ナイロビまで行くツアーだとタンザニアのセレンゲティがOPだったので
    それは追加で払います。後は、ボツワナのオカヴァンゴデルタでのセスナツアーなんかも
    追加代金でしたね〜!でもお金はそんなに使いませんでしたよ。ビール代くらいです。

    > はじめまして^^
    > アフリカのオーバーランドツアーについて教えてください!!
    > Nomadの
    > http://www.nomadtours.co.za/campingtour/nairobi-to-cape-town/
    > に興味があるのですが
    > Price:ZAR 21600
    > Activity Package:ZAR 6400 となっていますが
    > これ以外に現地で追加料金を払うことはありましたか??
    >
    > ほかの会社のツアーは、国立公園のゲームサファリなど現地で支払うのもあるみたいなのでNomadはどうなのかなと思いまして。
    > Activity Packageというのが、それにあたるのでしょうか?
    >
    > よろしくお願いします^^

  3. ゆか | URL | F4yWzmaI

    情報ありがとうございます!!^^
    最初ツアーの申し込みは、日本で前もってされてましたか?
    現地での申し込みですか?

  4. youmetraveling | URL | -

    Re: タイトルなし

    いえいえどういたしまして!
    ツアーはすでに旅に出ていたので、日本では申し込んでませんよ。
    ただ、ケープタウンに行くのでしたら行ってから申し込む人もいっぱいいました。
    時間に多少余裕があるのなら、現地で何社か比べてみてもいいかなと。
    ご飯を全部自分らで買って自炊するやつは安かった気がしますが、結構疲れるので
    作ってもらう方のが良いと思いますよ!欧米人はタフなんでへっちゃらそうですけどね〜w

    > 情報ありがとうございます!!^^
    > 最初ツアーの申し込みは、日本で前もってされてましたか?
    > 現地での申し込みですか?

  5. ゆか | URL | F4yWzmaI

    わかりました!!
    本当にありがとうございます^^
    自力でまわるか、ツアーに参加するか悩んでいたのでブログを読んでツアー参加も楽しそうだなって思いました☆
    私は、自炊なしの方向でw

    今後も、気をつけて旅楽しんでください^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/290-2d7eafcb
この記事へのトラックバック


Update


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。