--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド到着!まずはコルカタ。

2013年02月14日 00:42

                                    10:44, 2/2、コルカタ、インド

1/31、15時に出発した飛行機は現地時間の16時20分頃、コルカタ空港に到着。
3度目のインド。ツネは初インド。もともとこの二人旅は、一緒にインドに行こう!という経緯で
計画が始まった。そして日本を出て1ヶ月後、色々な寄り道を経てようやく本命のインドに到着。ようやく。

空港は予想以上に整然としていた。
インドに来た!と言うよりは、ただ新しい街に来た、という感じだった。
まぁ、空港の中で既にうわ!超インドなんだけど~!というのも何なのでちょうど良い。

イミグレを通り、ラゲージクレームでバックパックを回収。
ラゲージクレームそばには両替屋があったので20USDだけ両替。
そしてプリペイドタクシーカウンターなるものがあったので、そこでタクシー料金を前払いし、
安宿が集まるサダルストリートへと向かった。

blog5blog5DSC_5356.jpg

しかしプリペイドタクシーなるものがあるとは、、、すばらしい。サダルストリートまでは290ルピー。
空港であった日本人女性とツネと三人で乗ったので一人あたり160円程で行ける事になった。

さすがに空港を一歩でて車を走らせるとそこにはインドらしい光景が広がっていた。
クラクションが秩序なく飛び交い、人々がその間を歩いている。
埃っぽい空気が半開きの窓から車内に入ってくる。
そして何とも言えないこの匂いがインドに来た事を実感させてくれる。

どういう訳かこのインドの匂いを嗅ぐ旅に、わしは時々寂しい感情を抱いてしまう。
隣にはツネもいるのだが、何となく、寂しさが皮膚を包んでしゅっと体内に入ってくるという感じになるのだ。
たぶん初めてインドにきた10年前、一人で寂しくなる事がよくあったからだと思う。
あの時はインドなんか二度と来たくない、インド人本当に話しかけてくるな、と下を向いてインドを旅していた。
若かったのだまだわしは。

そんな風に思ったものの、その6年後、突然またインドに行きたくなった。
仕事を初めて2年程経った頃だった。ちょうどその頃何で初めてインドに行った時に
わしはあんなに無愛想にインド人の避け、人を疑っていたのかが不思議になった。
あげくの果てにはインド人に"お前顔がやばいぞ、大丈夫か?と"声までかけられた。

当時旅行関係の仕事をしていた際、社員の人にヨーロッパの現地オフィスの人やホテルの人なんか信用したら
あかん、とよく言う人がいた。基本的にヨーロッパ人と連絡を取り合う事が多く、何度も行き違いがあった。
だから何度も何度も再確認をしなさい、そう指導されていた。
そうするうちに、ずっと最初から疑って仕事をするのはいかがなもんか?と思ったのが、
どういう訳か初めてのインドを思い出させたのだ。

人を疑ったり信用しなかったりする事が良い事なのか、今インドに行ったら少しわかる様な気がする、それで1週間の休みを取ってバラナシに行った事があった。実際2度目は期間も短かったと言う事もあったが
かなり楽しめた。インド人がみなかわいく見えたのだ。

タクシーは1時間程でサダルストリートに到着。

blog5blog5DSC_5369.jpg

さすがに10年ぶりなのではっきりとは覚えていなかったが、懐かしかった。
まずは歩いて宿探し。地球の歩き方に載っていたTIME STARというゲストハウスに向かった。

宿に到着すると、部屋は満室。なんでまた??
理由はわからなかったが次の宿に向かった。しかし今度はツインで700ルピーすると言う。
大体高くても400ルピーくらいだろうと思っていたので驚いた。
その後、マリアと言う有名なパラゴンの隣にある宿に行ったが
ここも満室で700ルピーの宿しか空いていないという。

参った参った。
その後も数件回ったが同じような結果。
一体コルカタで何があると言うのだろうか。。

結局初日は以前泊まった事のある宿に泊まる事にした。

本日の宿:Center Point Guest House
こちらも残念ながら1泊700ルピー。
トイレシャワーは室内にある。ベッドも2つ。コンセントも2つあったし、テレビもブランケットもあった。
Wifiも無料で部屋でもつながり、まぁまぁだった。スタッフにはちっさいおっさんもいる。
本当にちっさいおっさん。

blog5blog5DSC_5357.jpg

blog5blog5DSC_5358.jpg

2日後、マリアのダブルが開いていたのでそこに移った。
1泊400ルピー。wifiはない。ホットシャワーは無いがお湯は貰える。
門限が11時だった。

blog5blog5DSC_5385.jpg


初日の宿も決まり落ち着いたので夜のコルカタを歩いた。
なんだかその賑やかさに驚いた。BARなども何軒かあったし、お店も多い。
思ったよりも綺麗だった。

インド最初の夕食は、もちろんカレー。
ブルースカイという歩き方にも載っているレストランで食事をした。

はてさて、始まったインド旅行。
これからどうなることか、楽しみで仕方がない。

blog5blog5DSC_5370.jpg


コルカタ2日目、たっぷりと睡眠を取る事が出来た。
起きてまずチャイを飲みに外へ出る。インドと言えばチャイ。
疲れたらチャイ。食後にチャイ。寝る前にチャイ。
この辺りは素焼きのカップで売っている所が殆どだった。1杯4ルピー。

blog5blog5DSC_5404.jpg


昨日会った日本人旅行者に、
1月末から2月末までインドのアラハバードで行われているクンプメーラというお祭りの影響で
そちら方面の列車がめちゃくちゃ混雑していると聞いた。わしらもこの後はひとまずバラナシに行く予定で
方向的に同じ。そのため列車が取れるかどうか心配だったため、この日はまずチケットの購入できる
Eastern Rail Officeという場所に行く事にした。列車が取れないなんて事があれば飛行機を使わざるを得ない。
インドの列車は慢性的に混雑しているのは知っていたが、その祭りの影響があるとなればなおさらだ。

サダルストリートから歩いて2km程のそのオフィスまでは徒歩で向かった。
中央郵便局のそばにあり、地図に従って歩くと迷う事無く辿り着けた。

とりあえず予約オフィスなるものがあったのでそこの職員にバラナシまでのチケットは何処で
買えるのかを聞いてみると目の前にあったコンピューターを使って、列車の空席状況を調べてくれた。
そして申し込み用紙の様なものに空席のあった列車の情報とわしらの氏名などを記入して
15番のカウンターへ行ってくれと言ってくれた。

あれ、こんなに簡単にインドの列車のチケットって買えたっけ?驚いた。

が、結局パスポートがないと買えないと言われた。
やっぱり、、、、。そして一度宿に戻り、パスポートを持って再度ご来店。
それでも意外と簡単に時間がかかる事なく無事バラナシ行きのチケットを購入完了。
エアコン車両3段ベッドのクラスで915ルピーだった。

列車の予約はインターネットでも出来る。
ただ登録が必要で、パスポートの写真をチケット会社に送る必要がある。
少し最初に手間はかかるがそちらの方が断然時間の節約になるはずなので次回からはそうしてみよう。

無事チケットも購入出来た。旅の出だしは好調好調。

チケットオフィスを出て、チャイで一息。
座ってチャイを飲んでいると、日本人のおじさんが声をかけて来た。
同じバックパッカーで、62歳だった。
そこでチャイを飲みながら少し話しをして、一緒にタクシーでサダルストリートへ戻った。

コルカタ自体は特にしたい事が無かったので翌日もサダルストリート周辺を歩くくらい。
それでもさすがインド。ただ人を見ながらチャイを飲んでいるだけで面白い。

列車内での盗難に備えてチェーンを購入。100円程。

blog5blog5DSC_5374.jpg

宿の近くではインド料理ファストフード店があり、そこで何度か飯を食べた。
値段も安い。

blog5blog5DSC_5377.jpg

ちなみにオムライスがあったので頼んでみた。まぁオムライス。って感じだった。

blog5blog5DSC_5378.jpg

インドはカラフル。
特に女性の着ているサリーがそうなんだけど、汚い所の暗い色と果物やサリーの鮮やかな色がいい感じなのだ。

blog5blog5DSC_5401.jpg

後、インドのSIMカードも購入。
この親父から。お支払いした額は、

SIM CARD 100ルピー
クレジット 125ルピー
全インドで使うための追加代金 96ルピー
インターネット1GB分 255ルピー

購入時には登録の様なものが必要で、パスポートのコピーと顔写真を持って行く必要がある。
で、それも済ませて後はおねがーーーい、とコルカタを去ったのだが、、、、待てども待てども
電波が入らない。。遅すぎるのでそいつの携帯に電話するも、電波が繋がっておりませんと
コンピューターの声が返答する。これはもしやヤラレタ??

やられました。約1000円を無償寄付。アーメン。

blog5blog5DSC_5413.jpg

そして、大都会を早々と後にして、2/2、バラナシ行きの列車に乗り込んだのだった。


【ぷち情報】
コルカタからバングラディッシュの首都ダッカまでは列車で11時間。
列車名はMaitree Express。
エアコン1等が1105ルピー。
エアコンの座席が663ルピー。2等が426ルピー。

コルカタ火曜発(train 13109)、土曜発(train13108)の週二本。
どちらも出発は朝の7:10で、ダッカ着が18:30と言う事でした。

(鉄道予約センターの看板参照)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/305-7f283fcc
    この記事へのトラックバック


    Update


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。