--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてさてプノンペンへ。治安はいかがな物でしょうか。 シハヌークビル〜プノンペン

2014年02月17日 00:26

                                    03:27, 2/16、シンガポール


シハヌークビルを午後1時に出発したマイクロバスはプノンペン中心部に18時に到着。
地図を見ながら自分の位置を確認していると、どうやら予約していた宿の直ぐそばを先ほどとおり過ぎて
しまっていた。まぁいいかと思いバスが止まるまで待った。

バスはバス会社の前で到着。
すると頼んでおいた宿の無料送迎のおじさんがわしの名前のボードを持って待っていてくれた。
無料送迎はその日こんでいて利用出来ないかもしれないと聞いていたのでラッキーだった。
しかし街はごちゃごちゃしている。期待通りだった。そういえば、タンザニアのダルエスサラームに
到着したときもバスから見える景色に、どことなく東南アジアを感じたのを思いだした。あの時
見えた景色と、このプノンペンの景色はどことなく似ている。

blog5DSC_4217.jpg


本日の宿:Nomads Hostel

Hostel bookersで予約しておいた。6ベッドドミが1泊6ドル。
エアコンあり。タオル、Free wifiあり。タウンハウスを改造した比較的綺麗な宿で
他の旅行者とも交流しやすい作りだった。オーナーは欧米人とカンボジア人の夫婦。
ただ、10ドル札と予備バッテリーとイアホンをベッドの上に置いたまま少し外に出た際、
それらが消えていた。。。my faultですが、、。

blog5DSC_4197.jpg


プノンペンには3泊。その後インドネシアのロンボク島へ向かう。
今まで行ったシェムリアップ、シハヌークビル、ロン島はどこもホリデー感が強すぎて
もっとごちゃごちゃした生活感の溢れる所に行きたかったというのもあり、プノンペンは面白かった。
観光地にいはあまり興味が無く、キリングフィールドや博物館も過去に行っていたので今回は
町歩きと飲み歩きをしただけだった。

過去の記憶を呼び起こそうとする物の、覚えている事と言えばCAPITOLという安宿に泊まった事と、
その宿で寝ている間に銃声らしき音が聞こえた事、セントラルマーケットに宿から歩いて行った事、
キリングフィールドにバイタクで行き、シューティングレインジでライフルを3発程売った事だけだった。
やんわりと当時のセントラルマーケットの風景を覚えているが、それはそれは汚く、臭く、まさに
アジアの市場と言う感じだった。が、現在のセントラルマーケットは完全に生まれ変わり、当時の面影は
全くない。見事にマーケットになっていた。

セントラルマーケット

blog5DSC_4199.jpg

プノンペンは危ない。
未だにそういう声を聞いていたので少々用心していた。
強盗やひったくりも頻繁に発生し、日本人もかなりの被害にあっていると言うので
他の街に比べ、何か殺伐とした雰囲気がまだ残っているのを想像していた。
が、行ってみるとそんな雰囲気は殆ど感じられなかった。街は発展すればする程車の量が増え、
バイクの量が減って行くのは何処の国でも同じだが、プノンペンはまだまだバイクの量が車よりも
遥かに多い。バイク事故も目の前で起こっていたし、事故りそうな現場も2度見てしまった。
治安と言うよりは事故に気をつけた方がいいかもしれない。そのせいか
タイと言うよりは、ベトナムに似ていると思った。

街を歩いているとプノンペンとは思えないような中国企業が投資して立てたであろう
商業ビルも建っていた。川沿いのエリアも綺麗に整備されており、多くの観光客が
昼夜問わず歩きまわっている。水商売の女性らも多く飲み屋の前で客待ちをしている。
もちろん普通のバーやレストランも数多いし、ゲストハウスだって川沿いのエリア、172st周辺に
多く会った。これだけの人が夜も出歩けるような街になったんだな、と関心した。

川沿い

blog5DSC_4205.jpg


それでも突如道端に現れる魚行商人の市場や氷売り、すれ違うと笑ってくれる子供や地元民。
バンコクなんかよりもよっぽど東南アジアらしさを感じられる場所だった。それは
まだこの国は貧しいからだろう。バンコクも以前はこのような感覚になる事が多かったが、
今ではほとんどない。もちろんタイの地方都市に行けば多少あるが、国が豊かになり、
人々の収入が増え、街が少しずつ綺麗になりインフラが整備され、物価が少しずつ上がって行けば、
人々の生活は確実に変わるし、若者達がお金を持つようになり、彼らの価値観は以前の人々と大きく変わる。
そうやってまだ今プノンペンで感じられるような東南アジアらしさが無くなって行くのだろうなと思った。
簡単に言えばそれが発展であり変化なのであろう。。。

氷売り

blog5DSC_4200.jpg

まちのおやじたち

blog5DSC_4214.jpg


プノンペンに来てよかったと思った。
懐かしい東南アジアの感覚を少しでも感じられたし、変化のまっただ中にある街だと言う事も感じられた。
日本人も現在は多く、日本人のための生活基盤もかなり作られているように感じた。
AEON MALLも建設予定らしい。カンボジアの発展と海外企業の進出がどのタイミングで目で見てわかる程急進するのか。

屋台も沢山あり、好物の麺の屋台も沢山会った。
カンボジアの麺は予想以上に美味しかった。それに麺の種類も多いので毎日食べられる。

もやし状の麺をいためたもの。

blog5DSC_4203.jpg


プノンペンでは基本的に麺類しか食べなかった。
一回の食事で2杯食べる事もあった。観光に行く事に興味が無かったので
とにかく食べるか飲むかしていなかった。もしくは川沿いに出かけてそこいらのバーでビールを
飲見ながら本を読んでいた。wifiも基本的にどのお店でもある。

毎日4杯アンコールビール

blog5DSC_4237.jpg


唯一行った観光地と言えばワットプノン。
プノンペンがここから始まったと何かで見たので、そこだけ行ってみる事にした。
といっても普通のお寺。お寺に来て思ったが、カンボジアも仏教国。
寺院内ではカンボジア伝統音楽の演奏もしており、少しだけ観光気分になった。

blog5DSC_4253.jpg


まだまだ貧しいカンボジア。
自国通貨も弱いため結局何処でも米ドルだった。これから先、うまく発展して行くのだろうか。
物乞いの数はタイに比べれば遥かに多い。素朴で優しいカンボジア人。今度はホリデーで来よう。
そして田舎に行こう。

blog5DSC_4263.jpg

シンガポールへ行ってきます。

続く

では、友人に会うためシンガポールへ行ってきます。

続く
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/348-1468bb48
    この記事へのトラックバック


    Update


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。