--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランジットで一泊。シンガポールで友人と再会。

2014年02月26日 14:18

                                   2:45, 2/16、シンガポール

シンガポールへ向かう朝、宿のオーナーに11時過ぎのトゥクトゥクをアレンジしてもらった。
空港までは7ドル。プノンペンでは殆どタクシーが走っていない。7ドルと言う値段が高いとも思ったが
地下鉄が走っている訳でもなく公共交通機関があるのかどうかもわからなかったので特に値段について
考えるのを止めておいた。

11時まで時間があったので近くのフォー屋台で朝ご飯を食べた。
毎日麺類を食べていたが、飽きる訳でもない。世の中で麺類が一番好きかもしれない。
フォーを食べ、コーヒーを飲んで帰ろうと思ったが、近くにコーヒー屋が見当たらなかった。
コンビニに入り、店員に近くにコーヒーが飲める所が無いかと聞くと、笑いながら、ここで飲めますよ、
と言った。コンビニのレジの裏手で、何やらベトナムコーヒーらしき物を入れていた。
プノンペンのコンビニはカフェを兼用している所もある。日本のミニストップの様にお客が座るスペースも
用意してある。それにwifiも使えるので、便利だった。

コーヒーを飲み、宿に戻った。
宿主に例を言い、トゥクトゥクに乗り込んだ。ドライバーは何度か話した事のある英語の達者な
カンボジア人だったので、何故かほっとしてしまった。

空港までは30分程でついた。
どんな空港かと思っていたが、ここも新しくなったのだろう。思ったよりも綺麗な空港で
ファストフード店などもあった。もちろんここもwifiが繋がる。カンボジアのwifi普及率は
国の貧しさに反して凄い。

シンガポールまではタイガーエアウェイズの直行便。80ドル程だった。
シンガポール着後の翌日のトランジットフライトだったので、本当にシンガポールでストップオーバー
出来るかどうか、不思議だったがチェックイン時に確認すると、問題なく出来るようだった。
シンガポールにはあっと言う間に到着してしまった。

この旅では意外にもシンガポールは初。これでこの旅86カ国目となった。
しかし我ながら東南アジアを行ったり来たり、何をしているんだろうと思ってしまう。
シンガポールには過去に2回来た事がある。もしかしたら1回かもしれないが、
どんよりとした記憶の中に、マーライオンを2回も見てしまった、と思ったのを覚えている。

今回はもともとインドネシアのロンボク島のリンジャニ山にある火山の景色を見に行くつもりだったので
シンガポールに立ち寄る予定ではなかった。が、バンコクで友達と飲んでいる時に以前2回程バンコクで
会った事のある友人がシンガポールに移った事を教えてくれた。その場で"シンガポールに行くかもしれないから、
泊めてくれ!"、と酔った勢いで言ってしまったのが今回の発端となった訳だった。
快く承諾してくれた友人の山ちゃん。そういう訳で、シンガポール乗り継ぎの便を取り実際に
シンガポールに降り立った。

山ちゃんはシンガポールについたら仕事先であるなんじゃもんじゃという店に直接来てくれと言ってくれた。
シンガポールがどのような所か殆ど覚えていなかったが、グーグルマップで調べてみると、空港から
地下鉄でアウトラムパークという駅へ行きそこから歩けるようだったので、空港で少しゆっくりし
地下鉄に乗った。この日は土曜、時間は18時過ぎだったので今から行くと一番忙しい時間帯で邪魔になってしまう
と思い、空港で1時間程コーヒーを飲んで過ごした。

地下鉄は2ドルちょっとと思ったよりも安かった。
勝手なイメージでシンガポールは全てが高いと思っていたので救われた気分になってしまった。
店まではグーグルマップに従って行くと迷う事無く見つかった。
Copthorn Grand Waterfront という高級ホテルの中に店を構えていた。空港で4ドル払い大きな
バックパックを預けて来てよかったなと思った。こんなホテルの中を前後に鞄を背負って歩き回らずに済んだ。

お店に到着し、スタッフに事情を説明し、しばらくすると山ちゃんが現れた。
約半年ぶりの再会。まさかもう一度旅中に会えるとは思っていなかったのでうれしい再会だった。
それに最近はあまり日本語を話す事が無かったし、一人でいると今まで以上に虚無感にかられる事が正直
多かったのでいつもより嬉しい再会だった。山ちゃんの方も良く来たな~と、歓迎してくれた。
何度も会った訳ではないのだが、前に会ったときから、地元の友達みたいやで、と言ってくれていた。

お店は大繁盛していた。
しまった、時間を外したつもりが、一番忙しい時間に来てしまったらしい。
奥さんも忙しそうにしており、山ちゃんもしばらく厨房を離れる事ができなさそうだった。
"とりあえずビールでも飲んでゆっくりしててや!"、と言われたのでお言葉に甘えてそうさせてもらった。

メニューを見てみると思ったよりもメニューの値段が高い事に驚いた。
後で聞いてみると、シンガポールの同じような店はどこもこれくらいだと言う。
お客さんは日本人と外国人が半々くらいの割合だった。時間が経っても席は満席。
こんなに忙しいのは久しぶりだと奥さんが教えてくれた。まったく何てタイミングの悪い男なんだろうか。

気を使って頂き、めちゃくちゃ美味しい突出しの盛り合わせとお刺身の盛り合わせを出してくれた。
突出しを見た瞬間、高級料亭の様な料理で驚いた。フォアグラや鴨のロースト、牡蠣の煮付けが
一口サイズに盛りつけられ、金箔がちりばめられていた。普通に頼んだらいくら位するのだろうか、
正直そう思ってしまった。お刺身の盛り合わせには中トロに鯛にうに、ハマチにイカ、ホタテといくら。
目が飛び出る程全てうまかった。うますぎて叫びたくなってしまった。すべて日本から空輸されているらしい。
久しぶりにこんな美味しい刺身を食べた気がした。いや、多分日本でもこんなに美味しい刺身を食べた事がないかもしれない、と思う程すべてうまかった。ゆっくり味わって食べようと思ったが、箸が止まらず、あっという間に完食してしまった。やまちゃんは21時30頃厨房から出て来た。もうえーやろ~ビールのもか!と言ってそこから一緒に飲む事が出来た。2つ年下だったが、そんなことを思わせずに気さくに話しかけてくれる何とも気持ちのいい山ちゃん。
何だかその生き様を尊敬してしまう。やはり何かに長けていると言う事は素晴らしく魅力的だなと再度考えさせられた。

こんなことなら2、3泊すれば良かったな、と思ってしまった。
その後もお好み焼きや牛タン、唐揚げなどたらふく食べさせてもらい、12時前に店を出て
奥さんともう一人の友人と4人でK BARというBARで飲み直した。

すると今日はホテル取ってるからそこに泊まってや!、と言って来た。
え?ホテル?と聞き直すと、現在山ちゃんは奥さんとそのご両親と済んでいるため
家に来てもらうと色々とお互い気を使ってしまうだろうから、ホテルを取っておいたよ、と言う事だった。

これには何と言ったら良いのかわからなかったが、ありがたくホテルのキーを頂いた。
せっかく来てくれたんやから気にせーへんといてや~!とやまちゃんは言ってくれた。
本心で言ってくれているのだな~と、思ってしまった。何なんだこのイケメンは、、、、。
こんな事なら宿を取っておけば良かったと申し訳なくなったが、お言葉に甘えさせて頂く事にした。
感激してしまった。こんなにわしの突然の訪問に対して何度もほんま来てくれてありがと~!
と言ってくれた事が嬉しかった。

2軒目のバーで一杯ビールを飲んだ。
すると奥さんがバーのオーナーにわしの話をしてくれていたらしく、
バーでもまた、大量のフルーツの盛り合わせやたこ焼きなんかを出してくれた。
何かわしが世話を過去にした訳でもないのに、こんな一人の旅行者にここまでしてくれるのは
感激でしかない。久しぶりにこんな気分になってしまった。

約3時頃まで飲みながら話した。
わし以外の人も少し酔いがまわっているようだった。
楽しい時間だった。海外で会う日本人はやっぱり面白い人が多い。

帰りはタクシーでホテルまで送って頂いた。
こんな遅くまで申し訳なかったが、チェックインを無事終え、御礼を言うと
また遊びにおいてや、と最後まで見送ってくれた。全く頭が下がらない思いだった。
たった数時間の再会だったが、本当に来てよかったと思えた。

ホテルに戻り軽く横になった。
後2時間後にはまた起きて空港に行かなければならない。
ふかふかのホテルの布団、もう少しだらだらと寝ていたかったな、と思っているうちに眠りについていた。

翌朝6時半に起きるつもりだったが、気付くと7時半。寝坊してしまった。
急いで準備をし、チェックアウトを済ませタクシーに飛び乗った。
空港から市内へ電車で来た時は1時間近くかかったのに、タクシーだと30分程でついてしまった。
焦っていたが、結局時間通りに到着。フライトは一旦デンパサールへ。
そこで1、2泊して、フェリーでロンボク島へ向かう。旅も後1ヶ月程だ。帰国が現実味を帯びて来た。

唯一タクシーの中から取った一枚の写真

blog5DSC_4266.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/349-ff179f3d
    この記事へのトラックバック


    Update


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。