--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブエノスアイレス生活日記2

2011年07月04日 03:50

                             7/3 13:28, エンカルナシオン パラグアイ

12日間のブエノスアイレス生活を終え、ようやくこの旅9カ国目のパラグアイに到着。
気づけば旅ももう80日寸前!はや~~。

ブエノスアイレスのRETIROバスターミナルから、ここエンカルナシオンまではダイレクトバス
(Cruceo del norte社)で270ペソ(約5400円)、ブエノス発が19:00で、到着が9時だったから所要は14時間。一日に3本は走ってるので、結構余裕な感じ。。
国境では何の書類もなく、パスポートを車掌に渡すとスタンプを押されて帰ってきた。
とまぁ、パラグアイの事はまた後で書きます。

しかしながらブエノスアイレスでは、色々あった。

というのも一緒だったほきみちゃんの日本へのフライトがカンタス航空で、6/29に成田へ
飛ぶ予定だったのだが、、、チリの噴火の影響でずーとキャンセル!シドニーから飛行機が来てないらしい。
結局待ってても飛ばなさそうなカンタスはキャンセルして、7/2発のメキシコ航空を前日にブッキング。

ちょっと遅延したみたいだけど晴れてそのまま無事離陸していきました。
まぁ、買い物もできたし良かったんじゃない結果的にwとおもってるわし。
ポジティブウェイでw おつかれ!!
(しかしカンタス、、、安全を考慮しての判断らしいけど、ほかの航空会社は飛ばしてたから、、参った)

で、そこで大変お世話になったのが、中華系マレーシア人のティム。これが書きたかった。
(6/30に48歳のバースデーをわたしたちと迎えた何とも不幸なおじさんw)
面白いのが、彼は3人の子と妻がマレーシアに居るにもかかわらず、既にリタイア済み!
ブエノスアイレスに3件の物件などを所持しているらしく、その収入で暮らしているらしい。

ティムとはマチュピチュ観光の際にオラと挨拶を交わしてちょっと話したくらいの関係だったが
ブエノスアイレス在住という訳で、1泊だけ泊めてもらおうと思って訪ねた。
電話をしたところ、タクシーは高いから今いるところまで迎えにいってやると言うので
居場所を伝え、30分ほどすると現れた。1ヶ月ぶりくらいの再会。こんな事があるもんだねーしかし。

しかしまぁ、彼にはほんとに世話になった。
車で連れて行ってもらったところと言えば限りが無い!
市内~空港2往復、毎食事の送迎、家からバスターミナルの送迎、市内観光などなど
申し訳なさすぎるほど色々つれてってくれた。しかもフライトの遅延もあって、3泊もさせてもらった。そんなティム。一体どういう人かというと、、、、。



めっちゃスタバで寝だした!
というか、新しい航空券をとりたかったので、スタバに誘ってつれてってもらって
待たせる間に、疲れて寝てしまった。すまぬ。。

普通に考えたらこのティム、相当な金持ちなはず。
口癖が"、来年世界が終わるから、全部お金を使おうとしてるけど、旅行してるだけじゃ絶対に
なくならないょ~~"で、口調は結構アジア人英語な感じ。語尾が上がる系。

でも、履いてる靴が、、、、ボロボロ!!

blogDSC_2643.jpg

ティム曰く、物はいらないらしい。
でも、前職業がファッションデザイナー兼家具デザイナー兼建築家というから、、、おもろい(笑)

ティムおかげでブエノスアイレスのいろんなところに行けた!
食べ放題の韓国料理屋や、イタリアン、ペルー料理や中華料理などなど、
さすが美食家。レストランの知識はすごかったw。

その他連れてっていってもらった所と言えば、

<プエルト・マデーロ地区>
歩いてて楽しい新市街。ブエノスで一番物価が高いそうだが、、、旧市街とは全く違う雰囲気がよかった。

blogDSC_2596.jpg

<プエンタ・デ・ラ・ムヘール>
タンゴをおどっている女性をイメージした橋らしい。SANTIAGO CALATRAVAという人のデザイン。
(さすがもと建築家。ちゃんと説明してくれた)

blogDSC_2604.jpg

観光の合間に休憩。
地球の歩き方にものってる1858年創業の市内最古のカフェ、トルトーニ。
内装はめっちゃトラディショナルでよかった。でもカプチーノが21ペソもした!

blogDSC_2624.jpg

ほかに何が見たい?と、いつも聞いてくれたティムに対して
特に見たい物がなかった僕らは、ん~~ん~~と行っていた。
黙っていると、YOU WANT TO SEE A BIG FLOWER?(語尾上がりフラウァ~↑な感じ)
というので、イエスというと、、、。たしかに巨大。ちなみにレコレータ地区、国立美術館近く。

blogDSC_2631.jpg

EL ATENEOというシアターを使った大きな図書館。カフェもあるし本もいっぱい。WIFIもフリーで
使えたので、時間つぶしには最高。 住所:Avenida Santa Fe 1860

blogDSC_2637.jpg

ティムと過ごした最終日、彼の親戚の話になって
その親戚が中国の大手の銀行のアドバイザーやらなんやらで、月収が2000万円
あるという(笑)さすがに笑けてうそやろそれ~~~っていってたら、ほんとっぽい。
親戚のなはAndrew sheng、金融破綻を描いたアメリカのドキュメンタリー映画"inside job"に
でてた!という訳で、そのくらい金持ち一家の一人のおじさんを、色々こき使ってしまった(笑)

旅はおもしろい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youmetraveling.blog28.fc2.com/tb.php/95-68639006
    この記事へのトラックバック


    Update


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。